« December 2020 | Main | February 2021 »

映画 「どん底作家の人生に幸あれ!」


 *ネタバレします。

映画 「どん底作家の人生に幸あれ!」


 デヴィッドが産まれるところから語り始められる物語。19世紀イギリス。父は既に亡くなっていて、「カラスの家」といううちに産まれた男の子。
 母の再婚によって新しい父ができたものの、うとまれてロンドンへ追いやられる。
 瓶詰工場で働きながら大きくなって。貧しくこき使われるばかりの人生を変えるべく、叔母を頼っていく。
 

 なんかヘンな邦題つけられちゃって~、ですが楽しみにまってました。
 原題は「The Personal History of David Copperfield」。デヴィッド・コッパーフィーフルドって。ディケンズの半自伝的小説、だとか。
 私はディケンズ読んでないですー。おはずかしい。けどまあ、オリバー・ツイストとか? クリスマス・キャロルもか。有名作家ですね。と、その程度しか知らないなりも面白く見ました。

 登場人物がめっちゃキャラ濃い~。うるさいわ。ドタバタコメディみたいなんだけど、がっつり貧しい階級社会ですよ。辛い……。
 
 お話ふむふむと見ていたら、ぎゅるっと場面転換になって、おっ、とびっくりしたシーンが何度かあった。空想のお話が入り混じったりしているのか。
 見せ方が凝ってるな~と、そんなこんなも面白かった。作家として成功、めでたしめでたし、ですね。

 ベン・ウィショーくんが目当てと思って見に行った。悪人役だった~。ヘンな髪型。ヘンなキャラ。のし上がっていきたい、人を騙してのっとってでも、というユライア・ヒープ。ティルダ様が演じる叔母さんとビンタの応酬してて凄かった。さすが~。
うまいな。ヘンだけど素敵でした。好き。

 デヴィッドが学校行って知り合った、貴族階級らしい友人、スティアフォースくん。彼はゲイだったんじゃないかなあ。はっきりとはわからないけど、なんか、苦悩して迷走してた感じがなんとなく。どうなのかはわからないけど。でもなんか、そう思えて気になっちゃった。それぞれの人生……。

 キャスト豪華だしみんなうまいし、とにかく濃いし、でも軽やかですごいバランスだった。見にいけてよかったー。

 

|

映画 「さんかく窓の外側は夜」


*ネタバレします。


映画 「さんかく窓の外側は夜」


 三角(みかど)には霊が見える。子どものころからで、大人になった今も見える。ある日、勤務している書店で男に声をかけられる。見えていることを見抜かれ、きみがいるとよく見える、と、勝手に除霊の手伝いをさせられた。
 男は冷川。助手になってくれ、時給は倍出す、と誘われた。「ぼくといると怖くなくなりますよ」、と言われて三角は、冷川を手伝うようになる。


 原作のコミック、面白いって評判は知ってたものの、読んだことはなかった。
 岡田将生と志尊淳のW主演ってことで、楽しみにしてたー! キャストのビジュアルは最高! みんな綺麗だ~。

 お話としては、見える、側の三角くんや冷川、人を呪い殺せる魔女っぽいヒウラエリカたちの抱える過去とか明かしつつ、呪いの因縁解き明かしていく、みたいな感じ、かなあ。
 多分、なんか、こう、ワタシは好きそうな感じがするのに、どーーーーにも話がつまらない。何が悪いんだ。なんか、なにかにつけて、下手くそか????? という気持ちがする。

 テンポがゆるっゆるだなあと思う。ゆっくりした間をとる。けど、なんかやたら情感こめようとしているけれど、なんも響いてこない。全部がゆるゆるすぎるのかなあ。緩急つけてくれ。

 冷川さんの過去とか激重いのに、あんま悲劇っぽさが伝わってこない。冷川さんもエリカも親に捨てられた子ども、って感じだけど。だから今から取り戻す、の、かなあ。でもなー。
 
 最初敵対してたエリカと、三角くんたちが、共闘みたいにして大きな呪いを解く、みたいなラストだけど、なんか、ん~~。何やってんのかいまいちよくわからないまま。
 いやまあ、バトル漫画じゃないだろうから、あれはああいうもの、と、いうことでいいのか。んん~~。

 警察の半澤さん。滝藤賢一さんがやってて。大河ドラマ麒麟がくるにドハマリしてる私は、お~公方様~なんて思ったり。けど勿論全然違ってて、半澤さんだけが地に足がついてる、ナチュラルな人間ぽさがあって、すっごくよかった。あ~普通の人間側の人だ。
 対比的に、三角くんとかたちが浮いてるのはまあ、そういう人物像として納得。

 でもこれで、呪いの貯金箱みたいなのが壊せてよかったね、ってめでたしめでたしでもないようなラストで、エリカにはまだ呪いがつきまとってるのかなあ。

 というかこれ、やっぱりどうしてもこんなにつまらないのが腑に落ちないと思った。

 で、見終わってから、うーん~とちょっと悩んで、漫画買っちゃった。電子で。5巻までお得なセットがあったし。とりあえず読んでみる。
 今は2巻まで読み終わって、すごく面白いわ。やはり……。映画化が、うーん。ビジュアルはともかく、話まとめられなくてダメだったのかなあ。
 9巻まで出てるみたいなので、多分、これ、読んでいくかな。まあ、漫画に手を出すきっかけになってくれてありがとうかもしれない、かなあ……。

 
 横浜でロケしてるな? と、私でもわかるような場所が出てきて、お、あれは!? なんて気になったりもして。
 それにやっぱり、今、呪術廻戦にドハマリ中なので、呪いを祓う~みたいなのは、五条先生呼んできて~とか、霊が見えてつらいみたいなのは、高専においでよ三角くんっ、て思ったり、ほんと余計なこと考えて連想してて、自分がダメだった。
 いやー。うーん。まあ。漫画読も。

 

|

 『狼の王子』(クリスチャン・モルク/ハヤカワポケットミステリ)


*ネタバレします。


 『狼の王子』(クリスチャン・モルク/ハヤカワポケットミステリ)


 ダブリンのすぐ近くの町、マラハイド。郵便配達員は、とある家で第一発見者となる。
 その家には一人の女性が住んでいた。一人の女性、だけと思われていたそこには、監禁されたあとのある、二人の女性が発見された。三人の死体。さらにもう一人監禁されていたと思われる痕跡。この家で、一体なにがあったのか。

 なんとなくタイトルに惹かれて手に取って、著者はコペンハーゲン生まれ、話の舞台はアイルランド。最近の私にはとってもそそられる~と思って読みました。2013年刊の本。
 
 えーと、最初に家の住人として知られていたのはモイラ叔母さん。監禁されていたもう少し若い女性は、フィオナ・ウォルシュ、ロイシン(ロージー)・ウォルシュ姉妹。もう一人いたのはイーファ・ウォルシュ。ロージーと双子。
 密かに投函されていた、フィオナとウォルシュの日記を、郵便局員のナイルが発見して、事件が物語られる。

 で、日記が始まって、いやでもこれ、監禁されてヤバイって時に書いた、事件の真相の日記、でしょ? あまりにも文学的
 すぎない?? って思いながら読みました。

 ウェストコークの町で教師をしていたフィオナ。かっこいい真っ赤なバイクに乗って現れた、物語を語って旅する男、ジムに出会ったことが悲劇の始まりだった。一目でどうしようもなく惹かれてしまうセクシーな男、ジム。
 バーで、遠いあるいは近いどこかにあったお城、その王子と狼の物語を語るジム。町の人、あらゆる女たちを虜にしていく。
 だが、ジムは渡り歩く先々で女を殺していっているのではないか。

 ってな感じで、フィオナたちはジムに疑いを持ち、ジムは姉妹の叔母、モイラに取り入って結婚するとかになり。姉妹に余計なことをするなと脅すジムはイーファをレイプ。フィオナたちはジムを殺す。
 証拠のないまま時はすぎるかに思えた、けれども、モイラは姉妹の犯行の証拠をつかんだ、と呼び出して、監禁し、殺すことを企む。

 って合間に、ジムの語った狼と王子の物語もあったりする。その昔話みたいなお話は、実はジムと兄弟の物語でもあって。ナイルは日記を読んでハマってその昔話と思われていたジムの物語の場所を探し当てる。
 そんなこんなで、凝ったつくりの小説だなと思う、けど、凝りすぎててちょっとなんか、散漫な気がしたなあ。私は最初期待したほどには熱中はできず。やっぱなんか、被害者の日記、ってわりに切迫感みたいなのがないーと思うのが、乗り切れなかったかなあ。

 一人助かったのはイーファ。
 一応、関係者、というか、ジムも姉妹も叔母さんもみんな死んじゃってるから、警察沙汰になって事件解決めでたしめでたしって感じでもないのが、すっきり終わった感じがしないのかもしれない。
 ナイルだけは、日記を読んで真相を知った、ということなんだけど、それでいいのかー? これを元に漫画とか描く? ナイルはイラストレーターというか、絵を描く人になりたい、今はちょっとダメ人間なんだよなあ。
 ジムにもどうにも魅力が足りない、と、私は思って。まー、セクシーハンサムガイってことなので、もしもすっごい最高ハンサムな俳優とかうまくあてはまったらいいのかもしれないな。
 おわり。

 

|

映画 「キング・オブ・シーヴズ」


 20日(水曜日)に見に行ったのでした。

*ネタバレしてます。


映画 「キング・オブ・シーヴズ」


 ブライアンは愛する妻と静かに暮らしていた。だが妻を亡くした後、彼女に秘密にしていた昔の稼業に誘われて、行動することにしてしまった。ロンドン随一の宝石店の集まる場所の、貸金庫。そこに眠る宝石をなんとか奪えないか、計画を進め、仲間を集めていく。セキュリティやシステム破り担当のバジル以外は、みんな高齢者の、金庫破りチーム結成だ。


 て、2015年に実際あった事件ベースだそうで。世界中を驚かせた事件、って、でも、私はちょっとピンとこないけど、でも、まー映画化されちゃうね、こんな事件。
 なんとなく、愉快なじーさんたちの泥棒コメディかな~って思っていて見に行きました。でも、そ、それほど愉快な泥棒じーさん、って感じではなかった。悪いジジイたちだった。まあ、ほんと、わりと最近の事件で、当事者生きてたりだし、そうそう美化というか、泥棒たちいい感じにはできないかな。うん。

 じーさんあるあるみたいな小ネタでちょいちょい笑ったりはした。でもじーさんチーム、仲悪かったりして、険悪ムード。孫がいても、昔ワルだったジジイたちはやっぱ悪で、じーさんたちだからって人間できてるわけじゃないよなあと当たり前なことを改めて思いました。ジジイ、反省しなさいよ……。

 とはいえやはり映画ですから。マイケル・ケイン主演で。すっごい素敵。さっすがの上品さ。さっすがの色気! かっこいいじーさんすぎる。んで、あーこの人、性根が悪~というムードも出してきますから。ああ~。こわい。ひどい。妻がずっといてくれたらよかったのに。
 
 金庫破りそのものは、トラブルありつつも無事成功。人殺すわけでもなく綺麗な仕事だったかなあ。けれど、その後の分け前でもめたりして、最初に話もちかけた若造くん、システム担当のバジルくんを追っ払うみたいにしたりして、ジジイたち強欲~。でもバジルくんは唯一逃げおおせたらしく、また捕まってないらしい。凄いな。一番いい宝石まんまと盗っていったいったみたい。この映画、どこかで見たりしたのかなあ。

 警察がちゃんと有能で、監視カメラだとかいろいろ、それなりにさくさく捜査していって、ちゃんと捕まえていったのもよかった。というか、ちゃんと捕まってなかったらそもそも映画にならないかー。そして警察ちゃんと有能、って描かれるのは安心でもあって、よかったわ。

 最後、裁判に向かうために囚人服からスーツにお着替えするじーさんたち。ジジイたちとはいえやはり、素敵だよねえ、俳優だし。持病を言って同情をかおうとか、いやそういうの言うとかえって反感かうからやめとけとか、ジジイたち、ほんときみたち反省しろよ、と思って笑ってしまう。
 最初思ってたほど楽しい映画というわけではないけれども、ははーんこういうの、うむうむ、って、クスっと笑えて、ジジイ俳優たちを堪能できてとてもよかったです。

 マイケル・ケインは、この事件の映画化あれば話がくるかもな、って思った、とかなんとかインタビュー記事読んだ気がする。なんかそれいいな~と思った。マイケル・ケインの若き日の姿もちらっと出たりして、もうほんと色気がただならぬ。素晴らしい素敵でした。音楽もよかった。満足です。

 

 

|

映画 「聖なる犯罪者」


 19日(火曜日)に見に行ったのでした。

*ネタバレしてます。


映画 「聖なる犯罪者」


 少年院にいるダニエル。所内で行われるミサの手伝いをよくしている。神父に、神学校へ行きたいと相談はしたが、犯罪歴のあるものには無理なのだった。
 仮釈放。雇ってもらう予定の製材所へ向かうものの、通り過ぎてその街の教会へ行ってみた。司祭なんだ。と、意味なくついた嘘が信じられてしまい、そのままその教会の司祭の代わりを務めることになる。
 ぎこちなく型破りながらも、トマシュと名乗ったダニエルは司祭として行動し、街の人々との交流を深めていく。

 2019年製作、ポーランド・フランス合作。ポーランド語なのでしょうか。私にはまったくわからない言葉で素敵だった。
 実話ベースらしい。
 そんなことってある??
 とはいえ、もちろん映画なので映画ならではの脚色は多いいにされているのだろう。でも、ダニエルは偽者とわかって、そして、その後あの街の人たちはどうしたんだろう、と、つくづく思ってしまった。あの教区の人達にとって、ダニエルの存在は深く大きなものになっていたから。

 若すぎるわね、みたいに見られていて、でもだんだんダニエルの言葉、祈りの真摯さは人の心をうつものになっていた。
 その街で、一年ほど前に起きた悲しい事故。若者たち6人が乗っていた車、衝突事故で、相手側1人と、7人が亡くなる事故が起きていたこと。
 若い子どもたちを失った遺族は哀しみをいやすことができずにいて。でも事故った相手も街の人で、その運転手は同じ墓地に入れられず、葬儀も行われず、という状況だった。

 ダニエルはその問題に取り組む。積極的に遺族の悲しみに向き合い、ともに乗り越えようとし。運転手側も同じく亡くなったのだし、憎みあうのではなく、ともに、葬り、祈り、癒すことをめざしていく。
 それは、正しい。正しいと思う。だが子どもを失った親が受け入れがたいのもわかる。わかる。でも。

 聖職につきたいと願うダニエルの思いは真剣。だけど、外に出たら躊躇なく酒、ドラッグ、セックス、ってガンガンやって。製材所で真面目に働くのはなんか嫌そうで、狙ったわけではないにせよ嘘のまま教会に入り込んで、なんとかしようとしちゃうの、きみは一体なんなんだと思う。
 街の若者たちと仲良くなってダメだけど、と控えめに笑ったりもしながら酒飲んでタバコ吸うしヘヴィな音楽でノリノリにもなっちゃう。
 ダニエル。
 きみは何なんだ。

 それでも、祈り、より良い方へと導きたいような真摯な思い、嘘ではない切実さがあって、それが教区の人にも通じて、受け入れられて。でも事故のことをなんとかしようとするのは反感かって。でも。でも。でも、ほんとは受け入れるべき? その迷い苦しみ、いろんなことが、ダニエルがあの時あの場所で、神の代理人だったのかもと思えて、凄かった。
 映画見ながら、何故? どうすればいい? 神よ。と、祈り、問いかけたい気持ちになる。


 少年院をやはり仮出所して製材所で働きにきた子にバレて脅されたりして。少年院でお世話になった本当のトマシュ神父にバレて連れ戻される。
 神父は、教区にいるダニエルを、ひそかに連れ出そうとするの、あれは、バレて教会の立場が悪くなるとまずい、みたいなことなのか。あの教会で、確かに司祭であるダニエルの姿を尊重したのか……。ダニエルを信頼してたみたいだし、裏切られた気持ちになって辛いよねえトマシュ神父も。複雑。

 少年院に戻ったダニエルはなんか因縁ありげな囚人たちに囲まれて、なんか決闘みたいになって。喧嘩して血まみれになって。走り出す。
 逃亡するのかなあ。したのかなあ。
 ダニエルの嘘は。神を求めた姿は、嘘ではなかった、はず、だけど。……わからない。

 前科があっても神学校に行ければ、もっとまっとうになったのだろうか。でも無理だったかも。ほんとわからない。ダニエルの複雑さがすごく魅力的だった。

 主演の俳優さん、バルトシュ・ビィエレニア、という、ポーランドで若く活躍してる人らしい。とても良かった。青い目が印象的だったし、なんか危うい姿が、佇まいだけで訴えかけてくる。
 ポーランドかあ。信仰深いところらしい。私、ほとんど何も知らない。何もわからないなりにも凄く考えちゃった。この映画見られてほんとよかった。見に行ってよかった。

 

|

2020年に見た映画、本のまとめ。


 2020年に見た映画、本のまとめ。

 もう一月も半ばをすぎたのに~。一応ざっくり、ここの日記メモで確認したのは。

 映画、64本、映画館へ見に行ってた。本は43冊かな。

 去年は、コロナ禍で映画館が閉まった時期があったから、4月5月は映画館へ行ったの、ゼロでした……。BSプレミアムで見たとか、DVDやNetflixなんかで見たりはしてたけど。メモってないだけでテレビや配信で見てるのは、まあ、今までもあったけれども。
 二か月も映画館へ一度も行かなかったっていう、あの時期は鬱々となってた気がするなあ、今思えば。楽しみに待ってた映画の公開延期になりまくりだし。というか今も。エヴァまた延期になったし。007も、4月にホントに公開になるかどうか。もうまた延期になるかもとか噂あるし。うう。辛い……。映画見に行きたい……。ダニクレボンド、最後って。見たいのに;;

 ひたすら散歩をしていた一年だった気がする。そして、今もまた緊急事態宣言下、なんだよなあ。一年じゃ全然終わらなかったね……。

 閉鎖前の映画って、あれ、そっかー2020年だったっけ、って、ざーっと見直してびっくりだった。はるか遠い気がする。いやまあ、もう3ヵ月くらい前でもはるか遠い気がするぜ。

 本を読んだ、気がしていたけれども、数としては全然少ないな。けど、一応それなりに、月にゼロではないくらいには読んだか。
 ちょっとなあ。もう。今年は個人的生活の変化で家にあんまりいられないかもしれないし、もっと映画館へ行けないかもしれないし。黙々と本、の方に主軸を移すべきかも。

 ただ目下、「呪術廻戦」にハマって、漫画何回も何回も読んでて、そっちに妄想爆発中で、アニメもまだ続くし、多分3期4期と作られるのではないか!? って感じなので、今年はそっちにドはまりになる、かなあ。どうだろう。
 楽しく妄想したい。

 何より、なるべくすこやかで、精神を保ちたいなー。みんなみんな、健康でありますように。
 コロナ禍、ワクチンでなんとかなるようになるのかなあ。オリンピックはどうなるのか。無理だろ。中止ってなるのかなあ。強行するのかなあ。
 明日世界はどうなっているのかな。
 来年の振り返りまとめで、いっぱい映画を見て本を読んで、楽しかったなって、なってるといいな。

 

|

映画 「ワンダーウーマン1984」


 随分間が空いてしまった。年末年始タイヘンだったし……。
 去年まとめをすべき、と思いつつ、去年見にいった映画でまだ感想メモしてないやつを書いておかねば。

*ネタバレします。


映画 「ワンダーウーマン1984」

 去年12/18の公開日に見に行きました。もう地元に行ってた時で、ひっさしぶりに昔行ってた映画館に行きましたわ。IMAXスクリーンもあった。時の流れを感じたね……。

 で。
 予告で、クリス・パインが。というかスティーブね。彼がまた復活してるので、どうして?? どうなってんの?? というのが最大の関心事でした。延期を乗り越えて公開してくれてありがとう~。

 舞台は1984年。
 ダイアナは美術館だか博物館だが勤務している。一般人として暮らしながら、街の悪を懲らしめる日々、みたいな。
 どうにも冴えない女性、バーバラが新しく入ってきた古代の美術品の鑑定に、FBIから謎の石が持ち込まれる。願いをかなえる、と記された石。所詮古代の単なる祈りの文字と思うその石に触れ、バーバラが願ったのは、素敵で強いダイアナみたいになりたい、ということ。ダイアナが願ったのは、もう一度、あの人に会いたいということ。


 ってことで、なんか神の力が宿った? 謎の石のパワーで、願いがかなって、スティーブが蘇ったのね~。けど、それ、その辺の一般人の男の体にスティーブの魂が宿った、みたいなことらしい。ダイアナにはわかって、クリス・パインの姿で見えるようになるんだけど、別人ですよね??? いいの? その乗っ取られた男の体と魂はどうなってんの??? 酷くない??? と思うのに、再会できた~! と、ダイアナとスティーブはラブラブバカップルになってる。ええええ。いいの~? かなり不思議だった。

 石油開発の先行投資の胡散臭い会社で儲けようとしているマックスが、借金なんかで追い詰められて、石の力で世界中の願いを叶えるよーもちろん俺の願いもな! みたいな悪役でした。
 でもその辺わりとどうでもいい感じに見えちゃった。
 スティーブとダイアナの方が気になっちゃって。

 石の力から逃れるには、願いを取り消さなくてはいけない、らしい。かな。こまかく覚えてないけど。とにかく、願いを取り消したくない、別れたくない、って二度目の別れに哀しみながらも、ダイアナはスティーブに会いたい、の、願いを取り消す。
 ワンダーウーマンって、ラブストーリー映画なんだなあ。三部作ってことになるらしいけど、で、この後も製作決まったらしいけど、どうするんだろう。スティーブとの恋は大事な思い出にして穏やかになって、世界を救うのかなあ。女神さまも大変だ。

 場面場面の戦闘とかビジュアル、何よりガルガットのスタイルアクション見映え、すーーーーっごくかっこよくって最高!

 なんだけど、なんか、うーん。映画としてちゃんとうまくまとまってない気がしたなあ。場面ごとの断片は最高にかっこいいんだけど。話というか、なんか、雑に処理してるのでは、と。思った。

 まあ、ポップコーンムービー! 考えず楽しく見て! てならそういうものかな~~~。

 見に行って楽しんだけど、満足感は低め、でした。
 これが2020年見に行った映画ラストでした。

 

 

|

« December 2020 | Main | February 2021 »