« 映画 「トランセンデンス」 | Main | 映画 「トルーマン・カポーティ 真実のテープ」 »

映画 「マーティン・エデン」


*ネタバレします。

映画 「マーティン・エデン」


 イタリア。主に船に乗る仕事をしているマルティン。ある時、チンピラに絡まれているらしき青年を助けたところ、彼の家に招待される。豪邸、富貴層のその家で、助けた子の姉、エレナと出会った。
 小学校の途中までしか行っていないマルティンだが、本を読み、自分でも詩や小説を書き始めた。エレナにふさわしくなりたかった。何度も原稿を返却されても書き続け、ついに採用される。


 アメリカの作家、ジャック・ロンドンの半自伝的小説の映画化、だそうです。イタリアになってるけど。時代は第二次世界大戦の前、くらいか。社会主義が流行りつつあり、イデオロギーの対立とかある感じ。
 正直私はジャック・ロンドンって知らないし、あんまり、なんか、よくわからないと思うけど、それでも見てよかった。

 王道な物語だよね。貧しい青年とハイソなお嬢様との出会い、恋、許されない恋。情熱だけでは乗り越えられない生活の違い。
 エレナのために、上品なお食事とかしようとしてても、結局そこには馴染めなくて決別。
 作家として成功をつかんで、お金に不自由なくなって、けれど満たされない。エレナが会いに来たけど、今更。荒れるしかないマルティンが悲しかった。海を見つめている時、戦争が始まると叫ぶ男がきて。
 海に向かって歩き、泳ぎ出すマルティン。
 最後は、あれは、自殺?? それとも新たな出発なのかなあ。

 ちょいちょいイメージフィルムみたいになるのが不思議だった。昔の映像挟んだりしてるらしい。そもそも撮ってるのが16ミリフィルムなのか? 画面の質感が昔の感じで不思議だった。その時代、そこに生きている人を撮って見せてきてるみたいだった。イタリアで生きてる人たち。

 主演、ルカ・マリネッリ。前にNetflixで「オールド・ガード」を見て名前覚えた。かっこよくって~。あれもすごくいい作品だったし。
 今作、去年のベネチア映画祭で男優賞とったそうです。なるほど。さすがの迫力、熱演だった。すっごいかっこいい~。
 
 パッと見ただけで、モテるってわかる見映え。貧しく粗野でも、本が好きで恋きっかけとはいえ、ひたすら読んだり書いたりする情熱才能がある。教育を受けてないってバカにされても、一人で学び、書き続ける根性~。
 社会主義のなんだかんだは私にはいまいちはっきりわかんないけど。集会での演説、すっごかった。イタリア語、まったくわかんないけど、勢いとリズムがすごくてひきこまれる。見惚れる~~~。素敵すぎる。

 作家になって金持ちになって、でもどうしようもなくやさぐれてる姿もまたかっこよかった。セクシーだ~。
 ルカ・マリネッリ。うまい人だなあ。覚えた。

 

|

« 映画 「トランセンデンス」 | Main | 映画 「トルーマン・カポーティ 真実のテープ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事