« 映画 「窮鼠はチーズの夢を見る」 | Main | 映画 「ダブリン上等!」 »

映画 「麦の穂をゆらす風」


*ネタバレします。


映画 「麦の穂をゆらす風」


 1920年代のアイルランド。医者であるデミアンはもうすぐロンドンへ旅立つ所。親しくしていたうちへ挨拶に行った。そこに国防軍がやってきて集会禁止とわめき、一人ずつ名前をチェックしていく。並ばされたミホールは英語での名前をいう事を拒否して、殺されてしまう。どうしようもなく見ているしかなかったデミアンたち。
 目の当たりにする祖国での英国側の横暴。旅立つための列車を逃したデミアンは義勇軍に加わって、英国からの独立のために戦っていく。


 2006年製作。カンヌでパルムドール、最高賞とったこの作品、キリアン・マーフィー主演だし、見ようとは思っていたものの、結構辛い映画なんじゃないかなーと思って、ためらっていました。んでもDVD買っちゃった。
 私はアイルランドの歴史についてほとんど知らなかったので、IRAとは何かとかあんまりわからないんだけれども。
 いくつか、小説読んだり映画見たりもあって、なんとなーく、苦しい歴史があるのだなとか、ゲリラ戦、とか断片的には知りつつ。
 この映画を見て、英国支配下から逃れたい、自分の国を取り戻したいという根本が少しはわかった気がした。もちろんこれは映画だし。あんまり説明してくれないタイプの映画だし。少しわかった気がするというのもおこがましいような気もするけれど。

 ケン・ローチ監督。巨匠と名高いし、パルムドールとってるわけだし、名作なんだろうなというのはわかってた。けれどやっぱり実際見てみないと、自分がちゃんと見られるかどうかわからないわけで。これは、本当に面白かった。
 面白いって、そういう言い方でいいのかためらってしまうけれど、でも、うまい。面白い。すごく引き込まれてすごく辛くなって、すごく好きになる。見てよかった。

 国家という大きなものがありながら、描かれるのは局所戦。小さな村で、顔見知り友人同士の仲間たち。そしてテディとデミアン兄弟。
 二人は両親を亡くしてる。テディが兄、神学校から帰ってきたらすっかり男になっていたよ、ってデミアンは言う。そして今は義勇軍のリーダー的存在。デミアンは村一番の優秀な子で、医者で、期待されてて。ロンドンで世界一の病院に勤めるんでしょう、と言われてた。でも、行かないで、ととめられる。医者が必要だしあなたが必要だ、と。

 デミアンは、捕まった時に、テディをかばって自分がそうだ、って言っちゃうほどに、いつも、兄にはかなわないと、小さな弟の気持ち、兄への尊敬崇拝の気持ちを持っていた。義勇軍に加わって、最前線に行く。
 戦争、とはいえ、義勇軍は貧しく、武器を英軍から奪うための作戦とかしてる。待ち伏せて不意打ちだとか、ゲリラ戦しかできない。
 匿ってもらってた家を英兵が家探しにきて、女たちがひどい目に合わされるって時に、銃は持ってても弾がなくて、隠れて見てるしかないってシーンがあって。あまりにも辛い。酷い。

 裏切り者がいる、とわかって、処刑もしちゃう。領主はまあ、悪役かなとは思うけど。体制側だろう。んでもそこで雇われてたクリスは、白状しろと詰め寄られたら言っちゃうだろと思う。辛い。クリスを処刑、引き金を引いたのはデミアン。幼馴染だったんだって。それでも、裏切り者を許すわけにはいかないから。ちゃんと埋めてやる。母親に遺書を書いたか? ときいてやる。でも、母親は字が読めないから。伝言を伝えてる。

 この戦いはそれだけの価値があるのかな、とか、もう心が何も感じない、とかぼろっとこぼすデミアンを見るのが苦しすぎる。恋人がいてハグするけど、デミアンの心が死んでいくのが辛い。

 ついに、英国と講和条約が結ばれるんだけど、国王に忠誠をとか、北アイルランドはイギリス領のままとか、納得できない派と、自由領だ、と喜ぶ派に内部分裂してしまう。
 テディとデミアンも対立することに。
 テディは軍として。デミアンはゲリラ戦を続ける方に。デミアンをひきとめる兄に、もう12歳の子どもじゃないって言うの、辛い。あんなに兄を崇拝してたのに。おにーちゃん大好きっこで、おにーちゃんも可愛い弟、自慢の弟って思ってるはずなのに。

 最後には、武器の捜索現場で大事な仲間の死に動揺して捕まったデミアン。武器の隠し場所を言えば助かると説得するテディにデミアンは、クリスを殺したのは自分なんだよ、と言う。仲間のことを喋るなんてできない。その資格はない、ってことなんだなあ。この独房で向き合う兄弟のシーン最高だった。

 暗い中。無言で動かないデミアン。テディの説得で、クリスのことを言うときだけ伏し目がちだった瞼をあげて、テディを見つめる。キリアンのあの青い目がこのシーンで際立つ。最高すぎる。美しくて凍りついている青い瞳。かすかに涙が浮かぶ透き通る青。最高すぎるんだよ。

 テディが処刑の号令をかける。仲間を、弟を殺す号令。死体になったデミアンを縛った縄を解きながら泣くテディ。

 この戦いは。
 それだけの価値があるのか。

 内戦だとか、国の分断だとか、今もある問題ではあるんだけど。私はあんまりわかっていなくて、考えられなくて。この映画を見てわかったというわけじゃないけれども、支配と抵抗って一面的じゃなくて、ほんと難しい。辛い。人道的であってくれ、と願うくらいしか……。でも。……どうなんだ。
 どんな戦争だって嫌だ。どんな争いも。どんな人殺しも。嫌だ。でも支配されるのも嫌だ。難しい……。

 ケン・ローチ監督は英国人で。英兵を残虐に描きすぎ、とか批判も国内であったりしたらしい。その辺はどうなんだろうな。私にはわからないけど。英兵、あまりにも高圧的で嫌すぎる奴らだったけど。いつゲリラ襲撃受けるかわからないとか、殺されるかもと常に思ってる状態なのかなあと思うと、狂ってるくらいの精神状態でしかいられないのかなあとも思う。わからないけど。
 義勇軍側もそうなんだけどさ。

 映画の冒頭は、フィールドホッケー? か、なんか、してる若者たちのシーンで。ゲームで楽しい時間もあったりした、普通の若者たち、が。戦いに行くんだなあと。切ない。
 また景色が綺麗で。とても。とても、緑が綺麗で。草っぱらとか、樹木とか。アイルランド、緑の島ともいわれるとかいうのわかる気がする、緑のうつくしさで。
 緑の中で。
 草地で腹ばいになって、戦闘訓練して。すぐ任務に放り込まれるのなー。辛い。

 本当に、見応えありました。見てよかった。


 特典映像として、撮影風景とかインタビューとかありました。ケン・ローチ監督、脚本を撮影する分、前日とか当日朝とかに渡すらしい。役者の演技、興的に撮るんだって。たいへん。でもみんなそれでよかったみたいに言ってた。すごいな~。
 キリアンのインタビューもあって、来日インタビューなんてのもあって、来日してたのか! わあああ~~~という気持ち。ぐはー。可愛い。2006年てちょうど30歳くらいか。んあ~可愛い。素敵。はー。すごくいい。

 カンヌのパルムドール受賞知ったのは、フランスで家族で休暇してて、テレビもラジオもなく、電話を受けて知ったって。どういう休暇??キャンプ?? まーラジオもテレビも見ないってことなのかな~。なんかすごくらしいと思う。
 監督の撮影はどんな風? っていうのを丁寧に答えてて、でも途中で、あーあんまり詳しく言うと監督は嫌がるかも、って笑って、ちょっとざっくりめに言い方変えた感じがキュートだった。すごく、監督のこと尊敬してるんだろうなあ。
 出演決まったのは、たまたま監督の知人と知人で(?)監督に会いにいって、話して、いくつか演技してみせて、決まった、らしい。人脈~~~。でもまあ当然って感じはする。アイルランド、コークという地方舞台で、キリアンはそこ出身なんだって。そしてあの演技できる俳優がいるわけだもの。使うでしょうねえ。
 いろいろと大満足でした。DVD買ってよかった。

 

 

|

« 映画 「窮鼠はチーズの夢を見る」 | Main | 映画 「ダブリン上等!」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事