« 映画 「麦の穂をゆらす風」 | Main | 映画 「トランセンデンス」 »

映画 「ダブリン上等!」


*ネタバレします。

 

映画 「ダブリン上等!」


 レジの女の子を口説いている男、が、甘い言葉で急接近、かと思いきや、いきなり殴る! 男はレジから金を奪って、大騒ぎの逃走!

 ってなかなかインパクト強い始まりだった。
 2003年製作。アイルランド・イギリス合作。最初に出てくる男、レイフを演じてるのがコリン・ファレル。一応主役? 主役なのかな。メインキャストではある。

 原題は「intermission」。休憩とか幕間みたいなことね。人生の合間、みたいなことかなあ。DVD買って積んでたのを見た。

 街のあちこちのいろんな登場人物がバラバラとあれこれしてる、人生、が、だんだん絡み合って、はじける、みたいな。群像ドラマ、かー。

 レイフはチンピラ。一匹狼のちょっと過激暴力的刑事。スーパーの店員やってるジョンとオスカー。仲良し。ジョンはデイドラという彼女がいたのに、試すつもりで別れ話して、ほんとに別れちゃって6週間。スーパーの上司にうんざりしてる。しかも禿た中年男ともう付き合い始めてると知って大ショック。バス運転手のミックは突然ガキが石を投げつけてきて、事故る。証言を信じてもらえなくてクビに。デイドラの妹サリーは以前男にひどい目にあわされてから男不信。ニンゲン不信。禿の中年男は銀行員で、結婚してて14年連れ添った妻を放り出してデイドラにでれでれ中。

 そんなこんなの人々の人生~。ままならぬ人生~。みんなクセが強いぞ~。

 暴力とか無茶苦茶さとかに、最初は、は??? なんだお前ら??? てびっくりしながら見ていたんだけど、どんどん可笑しくなって笑っちゃって、楽しく見終わってしまった。
 アイルランド版トレインスポッティング、って感じもちょっとしたけど、この映画は若者だけじゃなくていい年した大人もだいぶ無茶苦茶してる。一応メインは、レイフと、ジョンとオスカーとデイドラ、あたりかな。だからまあ、若者たちだけど。

 コリン・ファレルもアホチンピラやってて可愛かった~。17年前の映画だものねえ。若い。可愛い。
 そしてキリアン・マーフィ~かっわいい~~~(*ノωノ) ジョン。デイドラのこと好きなくせに気持ちを言えないヘタレ男。キレるし。彼女に文句言う時、ちょっと声がひっくり返る感じになったりして、ああ~~~若者よ。可愛いなあ。喋り方もほんと可愛かった。好き。

 レイフとミックとつるんで、銀行マン脅して金を奪う計画、で、人質にする彼女がデイドラと知って、計画にのっちゃう。酷い奴~~~~。でも彼女を傷つけるな、とかはいってたけどさ。
 一応、最後の最後には頑張って、結婚してずっと一緒にいたいって、きみも同じ気持ちなら。どうかな。って言って、めでたしめでたし。レイフは刑事におっかけられて結局死んでしまった。オスカーはサリーとくっつくだろう。ミックは車椅子の王になった、かな。銀行マンは妻の尻にしかれまくりになるみたい。
 一応、大体はハッピーエンドだろうか。無茶苦茶な感じではあるけど。見終わった時の気分は楽しかったな~ってなる。それはすごくいい映画な気がする。

 私は主にキリアン目当てで見たので、うっわ、若い。20代後半のキリアンかあ。可愛い。可愛い。うわ~可愛い。とにかくずっと可愛くて参った。
 片耳ピアスしてる~。なんかひょろっとしてる~。うっかり熟年があふれてるクラブ?に行ってしまい、熟女に口説かれてうんざり顔とか~。上司にキレたり。ヘンな顔ゴムマスク被っての強盗もどきとか。ゴムマスクの下から見えるあの綺麗な青い目がたまんないっす。はー。あの目だけで気づかれちゃうだろ~。女の子に素直になれないヤング。可愛い。彼女が残してったブラを発見したらやっぱ匂いを嗅いでしまうとか~。ダメ男子だった。すごく可愛かった。まあこの映画、ダメ男子しかいないんだけど。

 あとなんかすごく謎でひかれてしまったのが、ジョンとオスカーがブラウンソースっていうのをなんにでもかけてて、ついには紅茶にまで入れて、美味しいっていってたやつ。
 ブラウンソース? HPソースとかいうものらしく。王室御用達とか? らしい。バーベキューソース的な感じらしく、多分、ポテトだとか、料理ものにかけるようなもの、みたい。それを紅茶に、かなりたっぷり入れてた。そしておいしいって。レイフがつい、つられてやってみると、悪くねえな、から、うまい、ってなって。強盗計画でデイドラの前でもそれちゃって、デイドラがそんなことするやつって。ジョン? となるの。ヘンすぎる好み、だからってことは、多分そんなの入れた紅茶はマズイんだよね……でもなんか、あれ見てると美味しいの??? って思って、美味しそうかも、ってなって、試してみたくなる。
 いや多分絶対マズイだろう。だろうけど、美味しいの??? アイルランドや英国ではきっと試してみた人がいっぱいいるはず、と思ってしまった。わかんないけど。つい、ちょっとググっちゃったもんな。どっかで買えないかなと。すごくそそられるシーンだった。ブラウンソース、紅茶に入れるのはともかく、試してみたい……。面白かったな~。

 

 

|

« 映画 「麦の穂をゆらす風」 | Main | 映画 「トランセンデンス」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事