« 映画 「マティアス&マキシム」 | Main | 映画 「麦の穂をゆらす風」 »

映画 「窮鼠はチーズの夢を見る」


 *ネタバレします。


映画 「窮鼠はチーズの夢を見る」


 大伴は可愛い妻がいていい会社で働いていて、都合のいい浮気相手もいる30歳くらいの男。ある日、大学の後輩だった今ヶ瀬が仕事帰りの大伴を待っていた。7年ぶりくらいの再会。
 今ヶ瀬は探偵会社で調査員をやっていて、大伴の妻から浮気調査の依頼を受けていた。きっちり押さえられている証拠。離婚したくない大伴は、調査で何も見つからなかったことにしてくれと頼む。
 今ヶ瀬の要求は、金ではなくカラダ。キスだけ、という約束に大伴は応じた。

 BLの大人気漫画、らしい、原作を私は読んだことがなくてちゃんと知らないのですが。BLじゃなくてちょっと大人向け少女漫画? レディコミってわけでもないのか。でもなんかロマンポルノか?? ってなセックスシーンがっつりあって、男女でも男同士でも、それは原作もそうだったってことなのかな。
 2006年くらいのコミックらしい。ちょっと古臭い気がしたのはそういう感じかなあ。よくわからない。ともあれ、映画は映画として。

 異性愛者であることを疑いもしなかった大伴は、学生時代から熱い思いを寄せていたらしい、けれど打ち明けられることはなかった今ヶ瀬との関係をずるずると続けることになる。
 流されやすい、というか、モテることが心地いいんだろうなあ。自分を好きな人がいるのが好き、みたいな感じだろうか。
 妻が好き、といいつつ、迫ってくる女の誘いは断らない。自分から何かを言い出さない。人当たり良くてかせぎもよくて、いい夫であるのに、妻は情の薄い大伴より別の男を選んで離婚した。
 ずるい男。
 いつも相手に何かを言わせる。自分を好きな相手に任せて、モテて流されやすい俺、という淡々としたずるい男、大伴先輩。

 今ヶ瀬は一目ぼれしの大学時代からずっと、7年、8年、想い続けて、偶然の再会から今度はぐいぐい執着をあらわにしていく。可愛い後輩の立場、フリをしながら、流されやすい大伴のずるさに苦しみながらも離れられない。

 んもお~~~~素直になれよーーーー。
 とはいえ、素直にみんな自分の都合ばっか考えてる感じ。見事に出てくる人物、誰のことも好きじゃなかったわー。
 特に、女性キャラクター、ほんと見事にヤな感じの、あ~BL漫画のつまんない女子キャラ、って感じがした。ほんとの原作はもうちょっと深いのかねえ。でも映画ではほんと、あ~~~BLの世界のモブ扱いなペラい女子キャラ、って感じだったなあ。

 主演の二人、大伴先輩の大倉忠義さんてジャニーズで関ジャニの人なのね。今ヶ瀬は成田凌。若手注目株みたいな人な気がする。私はあんまりよく知らないながら、人気者なんだろうなというのはわかる二人が、あんなにがっつりセックスシーンやるとは思ってなくて、びっくりした。セクシー、さは、まあまあ、かなあ。
 BL漫画で読むと萌えるであろうシーン、やっぱ、生生しく見るとちょっと困っちゃう感があったなあ。喘ぎ声、無理しなくていいよ、と、いいたいような。
 でもほんときれいな絵のような、ムキムキ鍛えたわけでもないつるんとした生身の二人の姿を見ることができてよかったです。

 でもリアルかっつーと、あんまり、リアルでもないような。なんかそういうぐずぐずダラダラな、くっついたり別れたりのカップルっているのかなあというリアルではあるんだろう。
 けど、映画、映像として映し出されてる世界が、あ~なんか、なるほど、漫画の実写化、という感じ。ま、漫画の実写化なので、そりゃそうなのでしょう。
 おしゃれ映画、ってわけでもなく。生々しい感じはありつつ、画面のリアルはあんまりない。微妙。なんか、どーも私にはおさまりが悪い印象だった。
 
 時々、シーンとして、あ、いいな、というのもあったのでよかった。
 いつも今ヶ瀬が座ってた椅子に、女が座ってるのを、おいで、と優しく呼んでおろさせたり。大伴先輩、自分の恋心を決めるまでにめちゃめちゃ時間がかかるんですね。

 きのう見た「マティアス&マキシム」も、ゲイではなかったのに友達との関係が友情ではすまなくなってどうしようぐらぐら、ってところは同じ、ではある、んだけどん~~。まあ比べられるものじゃないかな。

 大伴先輩が、今ヶ瀬と別れた後、わざわざゲイバー行ってみて、やっぱ違う、みたいに泣いちゃうのは、なかなか。あんなマッチョタイプしかいないようなお店にいくから~。でもなんか、そう、俺はゲイじゃない、今ヶ瀬のことを好きになってしまっただけ、お前だからだ、みたいな感じは、なかなか。まー。そうか。そうだなと思う。そういう風にしか思えないところなんだなあ。

 結局、婚約までいった岡村さんと別れ。今度こそ一人になって、今ヶ瀬が戻ってくるのかどうかわからないけど、待つ。という感じで終り。
 不思議とすがすがしいラストだけど。今ヶ瀬くんはまた戻ってきちゃうのかなあ。今度こそ本当に大伴先輩はふらふらせずに一緒に生きていけるのかなあ。今ヶ瀬くんは安心できるのかな。安心するのが怖いって自分からぶち壊しちゃいそうな危うい子だからなあ。戻ってきてもまた不幸になるのでは。でも、今度こそ? わからないけど、二人がちゃんと生きてしあわせになってほしいと思った。よりを戻しても戻さなくてもさ。

 一応、くらいのつもりで見に行ったけどでも見に行ってよかったな。いいところもいまいちなところも、どーなんだと思いつつ面白かったです。

 

|

« 映画 「マティアス&マキシム」 | Main | 映画 「麦の穂をゆらす風」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事