« 『パーフェクト・クオーツ 北の結晶』 (五條瑛/小学館文庫) | Main | 映画 「インセプション」 (二回目) »

映画 「インセプション」 


*ネタバレします。


映画 「インセプション」 


 リバイバル上映始まった~。てことで昨日、14日(金曜日)IMAX見に行きました。
 2010年製作。公開10周年なんですね。十年、十年も前か……。公開当時は、デカプリオ~きゃ~、とか、渡辺謙さん~おお~ほんとにメインキャストで凄い。かっこいい。なんて感じで見に行った気がする。もちろん今も大好き。デカプリオやっぱ素敵だよ~きゃ~(*ノωノ)。
 でも今回は! キリアン・マーフィとトム・ハーディ目当てだ! きゃ~~~~~(*ノωノ) 好き。好き。昔ももちろんかっこいいなあとは思ってたけど、しっかりちゃんと認識できてなかったと思う。そうか。十年という時の流れよ……。


 夢の中、つまり人の深層意識に入り込み、情報を盗むコブ。では逆に深層心理に望む情報を植え付けてしまう、インセプションができるのではないか。無理だとされているが、コブならできると見込んで、ライバル企業の後継者に、自ら会社を潰すよう仕向ける依頼をするサイトー。
 父の死の直後のロバート・フィッシャーを、眠らせ、コブたちのチーム、+サイトーは、夢の中へと侵入する。


 多分十年ぶりにまともに全部見た気がする。テレビでやったっけ、そういうのを見た事あると思うしブルーレイ買ったけど、見直してない。夢と時間、記憶の物語、という印象だったけど、がっつりしっかりアクション大作だった。特に雪山のシーンとか、すごく007っぽいな~って楽しんだ。重力どうなってんだがわかんないすごいホテルでのアクションとか。いや、実際セット作ってホテルの廊下の方を回転させてるとかのメイキング見たことあるけど、それでもなんか、どうなってんだよとびっくりする。凄い面白い。

 当然ながら、夢の設計の練習~と、リアルな街がぐにゃり~と降り曲がったり、爆発したりの、驚異の映像を、IMAXで見るのは最高。またスクリーンで見られてよかったー! 
 アリアドネちゃんの好奇心が強すぎてハラハラする。
 夢の中のモルは、コブが投影してる影なんだよね? それにしても怖すぎる。モル絡みはすごくホラーテイストだと思う。というか、この夢と現実が曖昧になって夢の中に囚われたままになっているのではないかという不安、全部が夢なのか、という不安、ホラー映画な気がするよねえ。こわくて悲しくて不思議で面白い。

 最後の、夢から覚めてると確認するためのコマが揺らぐところで終り、になる、にくい〆方は、私はやっぱり、めでたしめでたしで、終わったんだと思う、多分。生きて帰ってくるために、コブ、すっごく頑張ったじゃん。報われて欲しい。。。


 そんなこんなでやっぱり隅々まですっごく面白かった。
 そして登場人物たちがみんないいキャラで素敵~! もえる~!

 やっぱり私はキリアン好きなので(*ノωノ) ロバート坊ちゃまが、攫われちゃうし薬で眠らされちゃうし、夢の中で脅されたり守られたり死にかけたり縛られたり、あああああ~もうううう~~タイヘンだった。
 誘拐か? ってなった時、またか。もううんざり。みたいなロバート。あの、狙われて危ない目にあうのに慣れてしまってる感、うんざりしてる感、慌てず騒がず金なら出す、って感じがすっごいもう、あああ~。お坊ちゃま。タイヘンな人生じゃん。
 そしてそんな中、無事に大人に育ってよかったね、って思う。んでもやっぱまたこう狙われて、自分の意志に勘違いさせるように情報植え付けられちゃうんだよ。可哀相;; ロバートがんばれ~。
 お坊ちゃまだからなんか素直で、なんかすぐ騙されちゃうし、信じちゃうし。ほんとロバートくんが心配だったよ。キリアン可愛すぎるでしょ。。。はー。好き。
 
 トムハはイームス。夢の中でロバートの身近な人間に成りすまして騙し、情報を植え付ける役目。下調べの段階でしれっとロバートの仕事の取引の場にいたり、レポート作ったりしてたなあ。夢の中に引きこんでからも大体イームスがロバートを連れまわす感じで、ああああ~~~トムキリーっ(*ノωノ) という妄想がはかどる。好き。

 雪の病院の階層で、ロバートが撃たれて、死ぬかもって危機で、心臓蘇生のあの機械、パッドはったりするのイームスなんだけど、なんか、セーターの中に手を入れてって感じで肌見せないんだよねえ。サイトーが撃たれたところもそうだったけど、あれは、普通、というか、よくある感じだと、バッと服はだけて傷を確かめ、とかじゃない? かたくなに肌を見せないのは、ノーラン監督の好みなのか。けど見せないがゆえのエロス、って、もう~~っ(*ノωノ)もえる。

 そして最後には無事目覚めて、飛行機から降りてって時にはみんなしれっと他人。イームスの方は夢の中の冒険わかってるけど、ロバートの意識には残ってないんだね。無意識、深層にはある、のだろうか。でもそれは夢だから、意識はもう出来ないのか。夢をふと思い出すみたいに、なんかタイヘンなことがあった気がするけど、あれは夢か、みたいに思うこともあるのかなあ。
 あのあとロバートはどうするんだ。サイトーの思惑通り、会社継がずに潰すことになるのかなあ。よかれと思って、自分は自分の道を。会社はもうどうでもいい、みたいになるのか。ロバートの今後が心配だよ……。

 サイトーは、リンボに落ちて老いていて、帰ってこられたけれども、魂は老いてしまっていて。ということだよね。若い身体に戻って、ちゃんと約束覚えていてコブが自由になるよう取り計らう電話をかけたけど。老いた魂に、またビジネスの野望みたいなのはあるんだろうか。サイトーの今後も心配だよ……。

 自在に夢で世界を造る。これって監督の世界かなあと思う。映画の中に自分の夢の世界を造ってる。ノーラン監督って、神だなーと思う。自分の世界を造ってる。
 それでも十分エンタメに面白く見せてくるのが凄い。

 さんざんに予告見て煽られまくってるんですけど、「テネット」、どんな世界が造られているのか、すごく楽しみだ。

 

 

|

« 『パーフェクト・クオーツ 北の結晶』 (五條瑛/小学館文庫) | Main | 映画 「インセプション」 (二回目) »

映画・テレビ」カテゴリの記事