« 『特捜部Q -アサドの祈り-』 | Main | 映画 「インセプション」  »

『パーフェクト・クオーツ 北の結晶』 (五條瑛/小学館文庫)


*ネタバレします。


『パーフェクト・クオーツ 北の結晶』 (五條瑛/小学館文庫)


 北の国の指導者の跡継ぎになれなかった男。ヨハンと呼ばれる彼が亡命を求めているという情報が米軍にもたらされ、ひそかに情報部が動き出した。
 橋渡しをする韓国の財閥の若き社長、重貞高平と接触するエディと葉山隆。慎重に、だが焦っているヨハン。政治スキャンダルに巻き込まれた高平。亡命は成し遂げられるのか。


 そんなこんなで、現実の暗殺だか殺人だかのあの事件を思いつつ、こんな背後があったりして~という想像リアリティがすごく面白くて、複雑だけど読みやすくて、大満足。

 父と息子の物語なんだよな。高平のところも。葉山くんとミスター・オリエンタルな亡き父と。北の指導者とヨハンと。兄弟もか。五條さんの世界はこういう業の深い父と息子、血の絆とかの呪縛が苦しくてとても良い。好き。一方通行の愛みたいなの、受ける方には酷くて、とてもよい。好き。

 亡命どうなるかのところと、葉山くんが偶然、父を知る男に会ったり、スリー・アゲーツのあと託されたテープからスパイを探ろうとしてたり、細々した謎も深まったり明らかになったりして楽しい。そして猫目石へ続く、みたいなことらしいんだけど。

 だけどー。作者のあとがきでも、なんかもう出版する気はないみたいな感じだったりして、単なる一読者でしかない私にはもう読めない世界なのかなと、悲しくなる。まー……。作者が出さないってゆーならただの読者にはどうしようもない……。つか、オンデマンド出版の時買っちゃっててごめんなさい……。出すほどに赤字でタイヘンだったみたいに書いてたから、なんか、そういうのわからなくて、買っちゃってたの悪かったのかなと……。うーむ。

 ともあれ、やっぱりエディと葉山くんがあまりにもいちゃついてて、何度読んでも萌え転げてしまう。ご褒美か……。ありがとう……。
 一緒にお仕事~。おめかしのお着換えお洋服買ってあげる~、南国リゾート~、ホテルは同じ部屋(一応ツイン)、酔って溺れかかって助けてくれる~、つい噛んでしまう~~あとから傷跡を見てドキドキ~。ファースト・キスだとかあああ~~クリスマス直前、雪、好きなコーヒー豆用意して待っててくれて、泊まっていけ。とか~~~ああああ~~~。そんな。そんなときめきシーンたっぷりすぎて、凄かった。ありがとう……(*ノωノ)

 ほんとは二冊セットのはず、とのこと。この中ではソウルに行ってた坂下くんのお話があるのかな。読みたいな~。無理なのかなあ。読みたいけど……。期待しないで待ち続けます……。

 

|

« 『特捜部Q -アサドの祈り-』 | Main | 映画 「インセプション」  »

書籍・雑誌」カテゴリの記事