« 映画 「リトル・ジョー」 | Main | 映画 「エレファント・マン」 »

映画 「悪人伝」


*ネタバレします。


映画 「悪人伝」


 チャン・ドンスはヤクザのボス。警察にも賄賂使ってシマを仕切っている。チョン・テソク刑事は、正義感溢れる、というか、悪人を懲らしめたい欲が強すぎる感じの型破り刑事。ドンスのシノギの邪魔をして、ドンスから警察の上官に文句がいってチョン刑事叱られるという構造。
 
 車にわざと追突して、降りてきた相手をめった刺しにして殺す事件が発生した。チョンはこれまでにも似た事件があり、連続殺人犯がいると主張するが、上司はとりあってくれない。
 だがその連続殺人犯がドンスを襲い、反撃されて、殺せず逃げた。怪我から回復したドンスは、ヤクザが刺されたなんて、メンツ丸つぶれで周囲から人が離れかけていた。このままには出来ない。犯人を見つけ出して殺す。共通の敵のために手を組むことにしたドンスとチョン刑事。互いに信用しない、利用だけして出し抜くことばかり考えてるコンビが、パターンを超えて次々人を殺してゆく殺人鬼を追う。


 マ・ドンソク主演! で、バーン!とドンソクのアップ。強い。
 私はあんまり知らないながら、顔とかインパクトあるよねーとなんとなく見た事ある感じで。「神と共に」の時に、あの見た目に反してヨワヨワでコメディか、つーのがドンソクを認識したところで。今作では、しっかりがっつり、見た目通りに、こてこてにヤクザだった~! ボスー! 兄貴~~~!!!!
 忠実な飼い犬的な若いのがいつもついてきてて、可愛いの。でもそいつ躾を超えてボスのためにぎゃんぎゃんしちゃうから、困ったもんだ、って顔するドンス兄貴もまた最高だった。
 途中、サイコパス追っかけててやられちゃうんだけどね;; ボスに、あっちです、追ってくれ、と促して息絶えるんだよー。マジで命がけにボスへ忠誠誓ってたんだね;;

 ドンスの暴力っぷりもすごいけど、でもなんか憎めない可愛げもある。雨でバス待ってる女子高生に傘を貸してあげたり。あれってトトロのシーンっぽくしたんだよ~ってことなのか。
 でもそのバスにはサイコパスやろーが載ってて、あとからニュースで、その子が殺されたことを知る。キレて、でもそれでこの近くに犯人はいる、と追い詰めていくことになる。

 もとになる事件があったそうだけど、そこから着想をえたフィクションってことなんだと思う。実際の事件がどのくらいこんな話なのか私にはわからない。大幅にフィクションであろうと思って、エンタメだなーって楽しんだ。

 なんといってもマ・ドンソクが! とってもいいので。ヤクザだ~。親分だ~。暴力ガツガツ大迫力。けど部下にはちょっと優しいとこ見せたり、チョン刑事が襲ってきた敵対ヤクザをついに殺してしまった時にうろたえてるのを、あとは任せとけ! と追いやったり。兄貴だ。チョン刑事、破天荒刑事だけど、やっぱ実際自分で人を殺してしまうというのは初めてだったのかもしれない。任務ではないし、相手悪い奴だけどでも、って、そういう初々しさもよかった。その時兄貴がフォローしてやったのステキすぎる。

 まったく信用しないバディもの、って、面白かった。カーチェイスだとか犯人捜査網を刑事たちとヤクザたちが共闘していくわくわくとか。話の展開もうまい。
 いっときの利害関係だけ。それでも、サイコパスやろーを捕まえて裁判にかけると、実際物的証拠が乏しくて、罪を逃れてしまうのではないかという恐れが。どうでもいいけどドンスんところに車でつっこんで行って、ドンス車ではねて犯人とっていくチョン刑事、ヒドイ。ドンス兄貴、あれまたひどい怪我しちゃったんじゃないの~。
 で、ドンスのいろんな犯罪も明らかになって、ドンスは身を隠すことに。それでも、チョン刑事と取引して、証人として裁判に行って証言をする。なんせ襲われて生き延びた、生き証人だから。

  ドンス兄貴の肉体を堪能させていただきました(*ノωノ)

 サイコパスやろーが、一応、不幸な生い立ち、みたいなことはちらっとあって、なんか哲学かぶれしてるやつ、みたいな、口のたつ多分頭いいサイコパスやろー、ってのはわかるけれど、殊更に動機とか犯人にも同情してしまう深いわけが、みたいなことにはほとんどしてなくて、とにかくもうこいつはダメだヤバイ、ってのがよくって。

 最後、ドンスは刑務所に行く。でもそれはチョンとの取引のうちで、先に私刑判決出ていたサイコパスやろーと同じ刑務所に行くのだった。刑務所の中、今度こそドンスは犯人を手に入れる。ケリをつけようじゃないか、とにやりとしたドンスの顔で、終わった。
 すごい~~~。
 面白かった。かっこよかった。みんな悪くて、ヒーローじゃない。刑事さえも、清く正しいわけない。まさに悪人たち。エンドロールの時、役名ではなく、ギャングスタ―。コップ。デビル。って三人が出たの、かっこいい~。

 ハリウッドでリメイク決まってるらしい。どうなるんだろう。この面白さをまた違う味わいで作れるんだろうか。マ・ドンソクがやるんなら見たいなあ。ま。期待しないで待っておこう。

 

|

« 映画 「リトル・ジョー」 | Main | 映画 「エレファント・マン」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事