« 映画 「暗数殺人」 | Main | 映画「ANNA アナ」 »

『アイル・ビー・ゴーン』(エイドリアン・マッキンティ/ハヤカワ文庫)


*ネタバレします。

『アイル・ビー・ゴーン』(エイドリアン・マッキンティ/ハヤカワ文庫)


 ショーン・ダフィのシリーズ三作目。


 前作で刑事からただの制服警官に降格させられていたダフィ。地方で地道な警備をしていた。ある日、同僚と飲んで車で帰る時、何かにぶつかったような物音がした。運転していたのはダフィではない。けれど、濡れ衣を着せられ、警察を放逐されてしまった。
 あてのない日々に、ケイトが訪れてくる。刑務所から脱獄したIRAのメンバー。その中の一人、大物のダーモットとダフィは同じ学校だった。なんとか、ダーモットを捕まえる手がかりをつかんでほしい。MI5の仕事をするために警察に復帰することになったダフィ。
 まずはダーモットの元妻アニーに聞き込み。だが最初に対応したのはアニーの母、メアリー。最初追い返されたダフィだったが、数年前に、その家の三女リジ―が事故でなくなった話を聞かされる。事故だとみなされて捜査は終わっている。だが、検視官は不審死としていた。メアリーは娘の死の真相を知りたい。そうすれば、かつての義理息子、ダーモットの居場所を教えてもいいと言う。
 完全に密室で起きた死。他にダーモットの手がかりを見つけられないダフィは過去の謎を解くべく捜査を始めた。


 解説を島田荘司が書いていて、作者やシリーズについてよく知らないのだが、みたいに始まって、なんだそれ? と思ったら。『占星術殺人事件』が英訳されて、それを読んだエイドリアン・マッキンティがすごく褒めてベストミステリにあげていて、とかの関りがあったらしい。てゆーか占星術何年前のよ。凄いな。今翻訳されて、さらに人気集めたのかあ。すごい~。

 で、そっかーその影響ありで、今回密室殺人事件だったのね。これまでのシリーズの雰囲気壊すことなく過去の事件捜査ってことでうまく取り入れてる。IRAの一員捜しのための密室解決。で、情報得てのさらにたくらみ阻止のためのうんざりするような張り込み。からの、爆破テロ。

 相変わらずなかなか捜査が進まないなあ。ダフィたいへんねえ。って半ばまでの地道さから、一転、後の終盤の激しさ面白くて後半はほぼ一気読みした。
 密室事件の犯人は、リジーの事を心配し、事故じゃない事件だと言い張っていた恋人のハーパーだった。閂を閉めて密室を成立させたのは、リジーを探してて、警官が扉ぶち破った時、一緒に現場に最初に入っていた恋人ねー。解決してみればあまりにもシンプル。でも見つけていく途中面白かったしがっかりってことはない。そして証拠はなくて、ダフィはただその真実をメアリーに話すだけ。それで、ダーモットの情報を得る。
 ハーパーは後に多分メアリーに、ひっそり殺されたのねえ。ダフィはそうなることをわかっていて任せた。ほんとこのシリーズ、警察、警官小説だけど、私刑を許すよなあ。アイルランドではありなのか。というか、この時代、やっぱほんと物騒すぎる……。

 警察署にもテロがあって、ダフィも巻き込まれる。大丈夫だったけれど、マティが亡くなってしまってショック……。一冊目の時にはどーにもダメダメ鑑識、チャラ男~って感じだったけどさあ。マティ。アイルランドを出て、別の所で人生やってこうってしていた所だったのに。ダフィのチームの一員ってなんだかんだいつの間にか親しみ持ってたよ。確かに、しょっちゅうテロで、危ない毎日、だけど、主要キャラだったじゃん。死ぬか……。そうか……。

 ダーモットに襲われて、けどかろうじて返り討ち。サッチャー首相狙いの爆破テロをギリギリ回避。回避っつーか爆発して巻き込まれたけどサッチャーは無事だったからよし。で。
 サッチャー直々にお見舞いに来てもらってたダフィ。これで、また警察に正式に復帰するのか。どうするのか本人も決められない、というところで終り。

 サッチャーが1984年の保守党大会の時、泊まっていたホテルが爆破テロにあった、というのは史実でいいのか。たいへんすぎる。あ~私がもっとアイルランドと英国の歴史をよく知ってれば、もっともっと面白く読めるのかなあ。まーいいけど。でも。アイルランドをもっと知りたい。

 シリーズはもう6作くらい出てるのかな。続きも翻訳してくれー。この翻訳が2019年3月刊なんですね。次出るのはいつかなあ。出るよね? 待ってる~。

 

|

« 映画 「暗数殺人」 | Main | 映画「ANNA アナ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事