« 『スパイは楽園に戯れる』(五條瑛/双葉文庫) | Main | 映画 「暗数殺人」 »

五月に見た映画やドラマなど、まとめ覚書き


 五月最終日となりました。大半は緊急事態宣言下だったわけで、映画館はまだ開かず、散歩で花を眺めるばかりの日々でした。
 とはいえ、おうちでテレビや配信で見たもの、思い出せる分ざっくりまとめメモ。

「ゴッドファーザー パート2」(1974年)
「ゴッドファーザー パート3」(1990年)

 BSプレミアムで見た。パート3ではすっかり年を取って、すっかり1の頃のドンの立場にあるマイケル。引退し、家族を愛して暮らしたかったのにね。2ではパパの若き日をロバート・デ・ニーロが演じていて、わ~かっこいい~、と惚れました。
 アル・パチーノと共に歳月を経た気分。マイケルの人生に付き合いましたという気持ち。3部作しっかり見て面白かったです。悲劇なんだなあ。めちゃめちゃかっこよかった。色気のある俳優いっぱいで凄かった。


「アイリッシュマン」(2019年)

 そしてロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノの老成俳優っぷりを満喫すべく、見ました。Netflixで。若い頃はCGも使ってるのね。そりゃそうか。ぶっ壊れてるのに真摯に苦悩するような、でもさっくり行動しちゃうような、デ・ニーロ演じるアイリッシュマンが不思議で面白かったな。


「新幹線大爆破」(1975年)

 BSプレミアムで見た。ネタはほとんどキアヌがやってた「スピード」と同じ~と思い、こっちが元ネタかーと思い。物静かな犯人、高倉健がかっこよく。新幹線側も面白く。止まれないスピード感、リミットの中での攻防がすごく面白かった。ノワールって感じ。かっこいい。けれど悲しい。全然違うけど高村薫の『レディ・ジョーカー』を思い出していた。


「セーラー服と機関銃」(1981年)

 これもBSプレミアムで見た。薬師丸ひろ子がすっばらしく可愛く、めっちゃめちゃ頑張っていて、というか、いろいろやらされていて、というかいろいろやってみていたんだなあという、あーなんかこのころのこの、とにかく動いてみようっていうか。監督があれこれやってみようとしてるんだなあっていうのが凄くわかって、今見るのが面白かった。時代を感じる。古いとかじゃなくて、この時だったんだなという、時代。すてきだった。


「ハイドリヒを撃て!」(2016年)

 アマプラで見た。円盤も買ってしまった。映画館へ見に行って、見直し。辛い時代背景を思い、史実を思い、辛くなるけど、すごく好き。キリアン・マーフィ目当てです、とはいえ、それでなくてもとってもいい映画だと思う。国家を背負ってしまう個人……。戦争はダメです……。


「レッド・ライト」(2012年)

 そういやデ・ニーロとキリアンの共演じゃーん。と思ってアマプラで見直し。というか主演キリアンだったね、と、改めて認識しました。霊媒師や超能力のショーとかのインチキを見抜けるか、という。超能力は本物か否か。好きな感じの話、と期待してたけど、なんか、なんか、うーん、何が悪いって言えないけどなんか、もうちょっとなんとかーと思ってしまう。けれどキリアンを最高に堪能できるのでやっぱ好きだな。


「名探偵ピカチュウ」(2019年)

 金曜ロードショーで本編ノーカット!ってやってたので見ました。吹替えで見るのが初で、おっさんピカチュウをやる西島秀俊を楽しみました。可愛かった! 渡辺謙を吹替えする渡辺謙も楽しみました。やっぱポケモンたちが生物だ~生きてる~って世界がすーごく楽しくて、何度見てもいいなあ。でもやっぱライアン・レイノルズがいいな~。


「ブラック・ミラー」(2011年かな)

 一話完結のドラマシリーズ。Netflixで少しずつ見ている。S2の「ずっと側にいて」に、ドーナル・グリーソンが出てて、お。と思った。近未来今よりたぶんちょっとハイテクな世界での世にも奇妙な物語って感じで、どの話も面白い。怖かったり切なかったり皮肉だったりです。今、S5まであるのかな。がんばって見よう。


「ピーキー・ブラインダーズ」(2013年~)

 これも時々見直す。Netflixで。今、S5まであるけど、シーズン6話なので、比較的すぐ見られる。といってもまだ二周目を少し。「ゴッドファーザー」を見たのでまたなんか感慨深い。あっちはアメリカのイタリアン・マフィアの憂鬱だったけど、これはイギリスギャングだし何かと事情は違うけれども。全然違うけれども。作られてる時代が違うなーと一番思うのは、女性キャラ。ピーキーでは女性キャラが強い。強いというか、まあこれも第一次世界大戦後なわけで、時代的にいろいろ酷い目にあったりもするけれども、それぞれ人物がしたたかに自分なりに生きる、生き抜く、人生渡り歩いてる感ががっつりある。ゴッドファーザーの女性キャラって、犠牲になるとか男の影になるばかりの感じだったから。それがそういう世界のリアルだったのかどうかわからないしいいんだけども。けど、やっぱピーキーは今作られているドラマだなあと、思う。
 んでやっぱこれもさ~~~。男みんな色気満点で当然キリアン筆頭に、シェルビー兄弟も可愛いしトムハのアルフィーもすっとぼけかつド迫力で可愛いし。銃撃戦も派手だし。成り上がってく話だし。めっちゃ面白いです。


「フランケンシュタイン」(2011年)

 ナショナルシアターライブの無料配信をありがたく見ました。ベネたんとジョニー・リー・ミラーと、それぞれ、博士役、怪物役なの。ベネたんが怪物バージョンを以前映画館でやった時見たけれど、今回、両方を見比べることができて面白かった。同じ芝居、同じ舞台、でも俳優が変わるとやっぱ変わるねえ。


「See Wall」(2011年のスタジオ撮影)

 アンドリュー・スコットの一人芝居。2008年初演の舞台だそうで、それをスタジオ撮影したもの、を、無料配信してくれてた。30分余りなんだけど、ほんとただ一人、喋って見せてくれる。んが、私は英語全然わかりません~ので、ただ聞いていました。全然わからん~なりに、そこにいる一人の男のドラマが見える気がして、でもわかんないけど。私はアンスコちゃん好き~喋り方大好き~なので、声を聞けただけでも嬉しかった。


 あと、「ホワイトカラー」同窓会の配信があり、主要キャストみんながオンライントーク大会みたいなのしてるのを眺めました。
 可愛い。みんなそれぞれにくつろぎ自宅スタイルの中、マット・ボマーが一人びしっとニール風にスーツ姿で写ってかっこいい~、けど、下はゆるゆる半パンなのね~ってゆう。可愛い。なんか、ホワカラの続編だかなんか、作られるのかも? っていう感じがあって、どうなのかなあ。私は終りは終りでいいんだけど。でも、あれから数年、ってことで、スペシャルドラマかなんかでニールとピーターが再会してくれても嬉しいよな~~。まあ、どうなのかわからない。ちょっとした楽しみとして待つわ。


 映画館で新作を見たい。と切実に思うけれども、見直すとか昔の名作を見るとかもとっても良いものだな。今見たからこそ感じられることもあるし。でも来月は! 映画見に行くぞ!!!

 

 

|

« 『スパイは楽園に戯れる』(五條瑛/双葉文庫) | Main | 映画 「暗数殺人」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事