« 『水晶宮綺譚』 (紀野恵/砂子屋書房) | Main | 短歌入門書を三冊 »

『声に出して読みたい日本語』 (齋藤孝/草思社)

『声に出して読みたい日本語』 (齋藤孝/草思社)

 

 2001年刊。声に出して読みたいやつ、すごーく流行りましたよね。これが最初ってことです、よね?

 流行ってるなあというのは知ってたものの、実際ちゃんと手にしたことがなかった。

 

 自分の息子に、小学校の授業に、使えるようにと漢字にはルビつきで、名文というこだわりではなく、声に出して調子よく、子どもが面白がれるように選んだテキストだそうです。

 日本語、とはいえ、漢詩などもたくさん。読み下し文ってことはつまり日本語か。般若心経もあるし早口言葉や春の七草もある。俳句、和歌短歌、歌舞伎、落語。テキストがあって、簡単な解説、古文には口語要約もついてる。すごーく幅広く、親切設計だなあと感動的でした。これは受けるわけだ。

 実際朗読、暗唱して心地よいものだし、意味内容を理解しなくてもいいし、という優しさ。解説があるからなんとなくざっくりとは分かった気になれる。なるほど~。

 

 で、シリーズで続刊も出たようだし、二匹目のドジョウ狙いも山ほど出てましたね。ちょっと把握しきれない。

 声に出して体でわかる言葉のリズムというのがあって、声に出してなんか楽しい。お勉強ではなく、単純にそういう音声の楽しさを一人朗読するのもいいな。手に取って見てよかったです。

 

|

« 『水晶宮綺譚』 (紀野恵/砂子屋書房) | Main | 短歌入門書を三冊 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事