« 『声に出して読みたい日本語』 (齋藤孝/草思社) | Main | 映画「スケアクロウ」、「ゴッドファーザー」、この頃の事など »

短歌入門書を三冊

 ちょっと思い立って短歌入門の本を三冊読みました。

 

『今はじめる人のための短歌入門』 岡井隆(角川ソフィア文庫)2011年文庫化、元は1988年刊。

『今日から始める短歌入門』 池田はるみ 編・著(家の光協会)2003年刊

『ここからはじめる短歌入門』 坂井修一(角川選書)2010年刊

 

 読み終わってみると、刊行年がざっくり10年ごとで、なんとなーく、時代、社会の変化を感じられたきがする。この三冊を選んだのは単純に「短歌入門」キーワードで検索してぱっと目についたもので、読み比べて時代の変化を感じようとしてたわけじゃないけど、結果的に。短歌入門、なので、短歌を作ることについての本。基本的な所は同じなわけ。けれど、自分の身の回りのこと、社会のことを歌う、という時にみえる感覚って、そりゃあ時代によって違うかーと思った。

 

 岡井隆のは、私が短歌を始めた頃に買って読んで、その後も読んで、多分再読3回目かな。あんまりはっきり覚えてはない。読み返しても忘れてることの方が多くて、やっぱ大変なこと書いているなあ。短歌難しいですよねえ。岡井隆すてきーって萌え萌えになりながら読みました。とっても柔らかな文体で優しく語るように丁寧に書いてあるけれども、まあ自分で考えなさいよ、とふいっと突き放して微笑んでるようです。素敵。かっこいい。

すいません短歌全然わかりませんっ。てなりながら満喫しました。私はねえ、ほんとにねえ、短歌の勉強やってなくて、ちゃんと近代すらおさえてなくて、なんも知らないまんまぼんやりと、短歌作ってもう十年以上だな……。すみません。けど、ゆっくり読み、かつゆっくり作り、とやってくもので、一生かけるものです、ということだから。ゆっくり、やらせていただきます……。

 

 池田はるみ 編・著のは、他に佐々木史子、関谷啓子 と、三人で分担して書かれています。岡井隆のあとによむと、なんて親切に短歌へのハードル下げて誘ってくれるんだ~優しい~~優しさが沁みる~~~という気持ちになりました。NHK学園の短歌講座の講師でもあるみなさんなんですね。短歌は簡単ですよ、さあどんどん作ってみましょう、っていうお誘い。でも勿論、ちゃんと丁寧に、実例いっぱいで短歌の基礎を書いていってくれてて、これすごいわかりやすくていい本だなあって思った。読んでみてよかった。

 短歌、続けていくと難しいたいへんってなるのはいわずもがななので、ほんっとのほんとの初心者、ちょっと作ってみたいって入り口の所としては、この気安さは有難い。巻末に動詞活用だとか旧仮名新仮名だとかの表もついてて、とても実用的~。面白かったです。

 

 坂井修一のは、これもまた読み物的である。岡井隆のと同じく、角川の「短歌」に連載だったのですね。短歌を作って作り続けて生きてていく、みたいなところまで描いていってくれてます。面白かった。

 「熟年の恋」という所で、岡井隆の歌ひいて、褒めて、岡井隆に会ったとき聞いてみた話とか書いてあって、なーんこれ自慢じゃね~? 岡井隆とこんな話したんだよ~いいでしょ~って書いてあるーーっと思って嫉妬した私(笑) いいな~。

 技法について書かれていることもわかりやすく丁寧に解説されてて面白かった。最近の人の歌とかいうのがほんとに最近の感じがして、あ、そっか10年前っていったら私、一応は短歌を始めていて、短歌の人々のことをすこーしは知るようになりかけていて、で、なんか近い気がするんだな。とはいえ10年も前、でもある。

 この本の中での、この頃の若い人は、って感じの所からもう10年過ぎているんだね。

 

 東日本大震災があったのが2011年。そして今、新型コロナでこの、緊急事態宣言発令のさなか。10年前にも、社会の貧困、暗鬱たるものはあったけれども、それからまたもう、すごく、多分今のこの2020年からあと、すごく社会は変わるだろう。この事態がいつ終わるのかわからないし、終わらないかなあとも思うし。明日どうなってるのかもわかんない。

 短歌にまた違う流れがくるだろう。まだ、わからないけど。2030年には、あの頃、みたいに俯瞰的な見え方ができているのかなあ。

 その頃ちゃんと社会が機能していれば。私は生きていてそういうなんだかんだを、見たり読んだりできるんだろうか。私も何か歌を作れているんだろうか。

 わっかんないな~~~~。

 

 でも短歌作りたいな。作っていたいなと思った。

 私、あんまり短歌好きな人間ではなくてダメダメでなーって思うんだけど、今、この三冊読んでみてよかった。短歌を作っている人であれたらいいなと思った。がんばらないけどがんばろー。

 

 

|

« 『声に出して読みたい日本語』 (齋藤孝/草思社) | Main | 映画「スケアクロウ」、「ゴッドファーザー」、この頃の事など »

書籍・雑誌」カテゴリの記事