« 映画「アラビアのロレンス 完全版」 | Main | 『ネクロスコープ』 上下(ブライアン・ラムレイ/創元推理文庫) »

映画 「ジョジョ・ラビット」

*ネタバレです。

 

 

映画 「ジョジョ・ラビット」

 

 

 舞台はドイツ、第二次世界大戦終戦が近い頃。ジョジョは10歳。ナチスの青少年団「ヒトラーユーゲント」に入っていて、訓練キャンプに参加する日。金髪、青い目の少年。だけど少々気弱でなにかとどんくさそう。心の中の親友、アドルフ、アドルフ・ヒトラーが励ましてくれるので、頑張っている。二番目の親友はヨーキー。ちょっと太っちょで眼鏡で、ヨーキーもあんまり優秀な子どもってわけではなさそう。

 

 キャンプでとろくさいジョジョが上級生に目をつけられて、勇敢さを示すためにウサギを殺せ、と命じられる。でもウサギを逃がそうとしてしまうジョジョ。ウサギは上級生に殺され、ジョジョは臆病なウサギめ、と、ジョジョ・ラビットと呼ばれ、からかわれる。

 一度は逃げ出しかけたけれども、アドルフと共に勢いつけて駆け戻って、手榴弾投擲訓練の中へ突進し、手榴弾を投げるジョジョ。しかしそれは木にぶつかって、ジョジョのすぐそばに跳ね返ってきて、爆発した。

 

 病院へ運ばれ、命は助かったジョジョ。しかし足はやや不自由になり、体も顔も傷だらけの跡が残る。こんな醜い僕になっちゃた、けど、ママは生きてれば十分! と明るく励ます。

 ママは、美人で強くて、そしてひそかに反ナチスで、家に、匿われたユダヤ人の少女が、いるのをジョジョは見つけてしまった!

 

 

 タイカ・ワイティティ監督、で、アドルフも演じてて。なんかすごく評判いいよなーというのは知ってて、楽しみに待ってました。

 ほんと、ほんっとーーーに、すっごいよかった!

 いやまあ、反ナチスを子どもの視点からユーモア交えて描き出す、って、まあ、そりゃユーモアといいつつ泣かせるんでしょーなんて思ってたの。それはそうで、やっぱり泣かせるんださ~~~。ほんと、ほんと、泣かせられた。あまりにも素敵で素晴らしくて、切なくて苦しくて、可愛くて可愛くて、しかも最後、Bowieの、「ヒーローズ」の、多分誰かカバーで歌ってる、のが流れてきてさーーーーー。泣くわ。泣くだろ。泣くに決まってる。どーーっと泣いてしまって、凄い、いい映画見た、と言って、傘を忘れそうになったわ。めちゃめちゃいい映画見た;;

 

 

 ジョジョは怪我したし、後遺症あるしで、ナチスの青年としては落伍者になっちゃったのね。それでもビラはりとか、召集令状配れとか、日々の雑用して、青年団として役にたとうとしてる。

 ジョジョが戦うぞ! ハイル・ヒトラー! みたいになってるのは、パパが戦地に行ってるってことにしてるからなんじゃないの。パパのこと大好きなんだものな。あとまあ単純に、戦争ごっこといか兵隊さんかっこいい! みたいなムードを作られてて盲信してるんだよねえ。子どもって危うい。子どもを危うくしちゃうのが、大人なんだぞ……。

 

 ママ、ロージーを演じているのはスカーレット・ヨハンソン。美人なママ! ジョジョを大事にしてて、愛情深い素敵なママ。人としても素晴らしくて、自由を愛してるし反ナチスの活動をひそかにしてるし、ユダヤ人の少女を匿って、生きるのよ、って励ましている。

 パパも、本当は外国で反ナチスの活動してるかなんからしい。ナチスに抵抗するドイツ人もいるのだ、ということね。

 ママがさあ、ほんと素敵で。赤い口紅をしてて、おしゃれな靴を履いてるし、コートは綺麗な青い色だし、ニットなんかも明るい色、柄があって。明らかにママだけがカラフル。

 カラフルというのは、自由、ということに通じているんだよね。規律的な軍服や没個性とはママは浮いている。ママは美人で強気で。でも、だから、殺されてしまう。

 

 あれは、反ナチスの活動仲間がバレたってことなのかなあ。ジョジョが街を歩いてて、縛り首が吊るされているのに突き当たって、その、足の、靴が、あのママの素敵な靴なの。ママが踊ってた足もとの靴。ママはいつも明るくてダンスが好きで。パパの代わりにもなってくれるしジョジョを愛してる。

 

 ジョジョがママの秘密に気づいて、ちょっと反抗的になって、パパがいればよかった、みたいなこと言った時に、パパに会いたい? といって、ママがパパの上着きて暖炉の炭で顔黒くヒゲのつもりにぬって、パパのふりでジョジョを叱ったり諭したりするの、そのシーンのスカヨハ最高ですし可愛いかっこいい、さっすが上手い~。素敵だった。あのご時世、ママ一人で戦って子ども守って、人としてまっとうでいようとするなんて、どれほど大変だかはかり知れない。けど、ママはいつも素敵なの。あれはジョジョには何の心配もかけないように、いつも大丈夫って思わせるように、辛い所はジョジョには決して見せてなかったってことなんだと思う。最高だ。

 

 ジョジョは靴紐がうまく結べなくて、ママにやってもらってたのね。吊るされたママの靴紐を、結んであげようとしてできなくて、足に抱きついて泣いちゃって。でも、どうしようもなくてただただママの死体の前にずーーーーっと座ってた。

 こういう、衝撃と静けさでこんなシーンを見せてくるんだなあ……。凄い。

 

 家に匿われていたユダヤ人の少女、エルサ。ジョジョよりは年上、婚約者がいたとかなので、18歳とかそんな感じなのかな。ジョジョに見つかった時の感じがホラー映画のそれで笑っちゃった。ジョジョに見つかって、怯えるとかじゃなくてむしろジョジョを脅して主導権とる、逞しさかっこいい。

 秘密、ってことで、ママの留守中にだんだん会話するようになっていくジョジョとエルサ。

 ジョジョはユダヤ人なんて化け物、みたいに思い込んでいて、ユダヤ人を見分ける役に立つ本を書くために、ユダヤ人のことをエルサにあれこれ訪ねたりしてる。

 敵は、化け物。そんな教えとか思い込みとか、バカげてる。大真面目にジョジョがノートをとっていくのを、観客である私は笑っちゃうし、苦しくもなる。ねえ結局、おんなじ人間じゃないか。

 

 ジョジョの姉が、いつどうして亡くなったのか、とか、誰にも知られてないとかが、ちょっとよくわからなかったんだけど。でもママはその子の分まで、エルサを大事に思うんだよね。大人の女ってどんなの? なんてエルサに聞かれたら、いろいろ答えてあげるのも、ほんとは娘としたかった会話なんだよなあ。ママ、ほんと切ない。ママ、ほんと、ママ。子どもを守る大人で素敵。

 

 青年団のしどうしゃである大尉は、戦場で片目を失ったので、子どものおもりをしなきゃならん、って、ちょっとやさぐれてる。ちょっとふざけてる。サム・ロックウェルが演じてるの。ちょっとだらっとした感じがすごくかっこよかった。子どものおもりなんて最悪だつまんねえ~って感じだけど、ジョジョの味方になってくれるんだよ。

 ジョジョの家が家宅捜索される所に居合わせて、エルサがジョジョの姉のふりをしたとき、嘘に気づいても見逃してくれた。

 それに、最後、アメリカ軍が進軍してきて敗北した時には、ジョジョが一緒に捕虜になりそうな所を、逃がして、多分あれ、あのあと殺されたんだな。

 大尉、大人だった。ナチスの兵士だったけど、人間だった。

 

 それに多分、大尉、いつも一緒の部下、フィンケルくんと、同性愛関係って感じの匂わせもあったんだよなあ。大尉もやはりナチスの中でいてアウトローな人間だった、ってことか。

 軍服に、なんかオリジナルデザインつけて、派手な飾りとかつけて最後の市街戦やってたの。

 そのデザインやる時に使ってた色鉛筆を、ジョジョがこっそり盗んでエルサに渡してあげて、っていうシーンがあって。大尉もやはり少しカラフルな側の人、って感じ。大尉、ほんと、ダメおっさんな感じからの、泣かせる最後素晴らしかった。

 

 ジョジョの二番目の親友ヨーキー。彼もまたちびっこながらに戦いに参加しようとしてて。ヨーキーとのシーンはとっても可愛くて面白くて最高だった。子ども同士~って。結構なドジっ子のヨーキーも可愛かったよ。名演。主演ジョジョ、ローマン・グリフィス・デイビスくん。みんななんなんだよ子役くんたち。めちゃめちゃ名優だった。

 

 基本的に子どもの世界だから、大人世界で、世界大戦で、何が起きてるかはよくわからない。わからなくて、でも戦闘はやってきて、街で銃弾や砲撃が始まり。

 その市街戦の激しさ恐怖はリアルに描かれてて、物凄く怖かった。怖くて、どうしようもなくて。

 

 その後、ナチスが負けて、街に自由が。ってなった時に、ジョジョは、エルサが自由になったら恋人とパリへ行ってしまうんじゃないか、と、思わず、嘘をつく。ドイツが勝った、と。エルサを愛してるんだよねジョジョ。子ども扱いされるってわかってて、それでも、っての、めっちゃ可愛い。辛い。でも、やっぱり脱出しようって、エルサを連れ出す。外は危険がいっぱいよ、って、かつてママが言ってたセリフそのままに。

 でも、外はもう銃撃はなくて。アメリカの国旗掲げた車が走っていく。

 エルサは、ジョジョに一発ビンタするんだけど、ジョジョにどうする?って聞かれたら。いつか、踊るって言ってたことあって、そうするの。ゆっくりあたりを見回して、外の光を浴びて、最初はゆっくり体を揺らして、リズムになって。

 そこで「ヒーローズ」なんだよ~~~~。踊るの。暗転。ああああああーーーーっ。

 泣くわ。泣くでしょ。どっと涙があふれて止まりませんでした。めちゃめちゃいい映画見た。物凄く上手い。よかった。

 

 最初の、ヒトラーの演説だとかのニュース映像が、ビートルズの音楽のせてなんかおしゃれムービーに見せられてて。もういきなりのド皮肉だなーっていうのを思い知らせるんだよね。

 まあ、西側のすべてが良いもの正しいものとは限らないけれども。でもナチスは非道すぎる。あの時、自由こそもっとも輝くもの、っていうのは言えると思う。とてつもなく皮肉いっぱいの、ユーモアいっぱいの、それでも悲惨さから目をそむけることのない、直球に反戦映画。面白かった。とてもとてもとても。面白かったです。

|

« 映画「アラビアのロレンス 完全版」 | Main | 『ネクロスコープ』 上下(ブライアン・ラムレイ/創元推理文庫) »

映画・テレビ」カテゴリの記事