« 2019年のまとめ | Main | 映画 「パラサイト 半地下の家族」 »

映画 「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」(3回目)

*ネタバレしています。

 

 

映画 「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」(3回目)

 

 

 今年の映画館はじめ。三回目行ってきました。今日は2D字幕、IMAXで。

 

 見ればみるほど、カイロ・レン、アダム・ドライバーを好きになってしまう。もうかなり好きでいるんだけど、また見てまた好きだなあって思う。ほんと、カイロ・レン、ベン・ソロがアダム・ドライバーでよかった。

 

 もう、前二回見た時にあれこれ思い付きは書き殴ったので、もうだいぶ穏やかな気持ち。書くことないかなあ。

 

 レイとレン、ベンね、魂の双子というか。対になってパワー倍増、みたいなの。あれ、ルークとレイアが双子で生まれたのが運命の始まりっつーか。アナキンくんのパワーも凄かったけれども、その子が双子だったこと。フォースの力、シスの力でもある、ってことか、んーと、なんか、まあその、力、一人より対になることで強くなる、という感じがあるのかなーって。ルークとレイアが生まれたことが奇跡で。その運命がまためぐる感じにしたのかなあって。実際の兄妹ではないけれども、対になる相手という運命で、精神が繋がりやすかったりしたのかなあと思う。

 だから私は、二人が最後にキスしたのも、やっぱあんまり恋愛的な感じはしなくて、あんな風に命を分け合って抱きしめたらキスまで勢いいっちゃうよなー、うん、その方が自然、と思う。家族のキスは唇じゃないってことかもなんだけども、まあ、あの場は唇でいいでしょうと思う。んー。命を分け合った二人。恋人とか以上じゃないかーと思う。やっちゃったな、とも思うけど、でもあんなの最悪だ、とは私は思わない感じだなあ。魂ごとの愛情だろ。

 

 三度目に見てもやっぱり、盛沢山ですごくて、考えたり立ち止まったりする余韻なく最後まで行く勢いに圧倒される。よくこんなに詰め込みましたね。サービス盛沢山すぎーる~。

 良くも悪くも過去の栄光をなぞる作品で、エンドロールでたっぷり音楽聞いて気持ちよく泣いて、よかったね、なんだけど。

 あまりにも超大ヒット作、って、ファンの思い入れ込みで膨れ上がってるだろうから、やっぱり続編というのは難しいものだなと、つくづく思う。

 難しいんだから、人気作は人気作、古典にしてもうおいとけばいいのになーと思う。

 

 でも今回の3部作でも、ちゃんといいキャラ育ったね、と、私は思うので、よかったけど。

 けど、雑にざっくり殺されたハックス将軍はもったいないっっっ(泣)ほんと、なんか、あー。ファーストオーダーそのものの存在がてきとーな感じにされて辛い。けどまあ~うーん。仕方ないのか。うーん。なんか、うーん。まあいっか……。

 ともあれ、新たな三部作というチャレンジをリアルタイムで見たんだなという満足。EP1~9までだらだらと飲みながらのんびり鑑賞する三日間みたいな遊びをしたいなあ。映画って面白い。今年もいっぱい面白い映画、見よう。

 

 

|

« 2019年のまとめ | Main | 映画 「パラサイト 半地下の家族」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事