« 『日常に侵入する自己啓発』 (牧野智和/勁草書房) | Main | 映画 「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」 »

映画 「THE INFORMER 三秒間の死角」

*ネタバレしてます。

 

 

映画 「THE INFORMER 三秒間の死角」

 

 麻薬組織に潜入しているピート。ドラッグを輸入しているのは外交官らしい。組織を抑える作戦のためにFBIのバックアップを信じて行動するしかないピート。

 街での取引に、偶然NY警察からもおとり捜査官がきていた。バレて目の前で警官が殺されてしまう。ピートは潜入捜査から抜けたいと訴えるが、FBIはさらに刑務所へ入って、そこでの麻薬販売ルートを解明するようピートに頼む。

 刑務所へ入ったものの、しつこいNY警察の追及に、FBIは潜入捜査に見切りをつけて、ピートを切り捨てる判断をする。

 見捨てられてピートは脱出をはかって刑務所で派手な騒ぎを起こした。

 

 

 説明が、なかなか私にはうまく把握できなくて、いや説明的なことはあるんだけど、誰が何でどういう作戦やろうとしてるのかとか、そもそもピートは何者? ってのを把握するのも時間がかかってしまった。私が馬鹿すぎるんだろうか。

 ピートは元兵士で、兵役の悪影響だか燃え尽き症候群だかなんか、事件起こして、刑務所にいたけど模範囚で、多分そこをFBIに誘われて麻薬組織潜入するなら出してやる、みたいなことだったみたい。

 ピートには妻と娘がいて、その家族がホントに家族? 麻薬組織絡み?? ってちょっと悩んでしまった。娘は自分の実の子ってことでいいのか。娘とすごく仲良しで娘ちゃんはお父さん大好きですごく可愛かった。

 

 なんだかFBI無能すぎか?? ひどすぎじゃねーか。と思ってたら、ピート担当の捜査官はともかく、その上司は作戦に乗り気じゃないっつーか、ヤバそうになったらもう切り捨てちゃえ、みたいな感じで、あんまりFBIがちゃんとピートのこと考えてくれないってことだったみたい。

 ピート、あちこちで利用されまくってて可哀相だった……。

 

 で、まあ、刑務所で暴れて、殺されそうになったから人質とって暴れて、入れ替わる感じで脱出した。

 FBIでダメ上司を逆に訴えて、上司が逮捕されて、NY警察とも仲直り。

 ピートはまだ隠れてろ、って逃がされるけど、家族は無事でよかったね。という感じで終わり。

 お、終わりだ。

 なんか、そんなもん??? と、あっさりしてるように感じてしまった。

 

 でも何はともあれ、主演ジョエル・キナマンを見たかったので、満足。素晴らしくスタイル良くってかっこよくって顔も良くって最高。

 アクションというか、格闘技的な地味めのアクションというか、首絞めるとか殴り合うとか間接決める的な痛そう~~~なアクションかっこよかった。

 娘と仲良ししてるのもほんとどっちも可愛くてよかった~。

 

 原作があるようで、なんだかそれ、シリーズものの5作目だとか。多分原作よりずいぶんアレンジして映画化したのかなあ。三秒間の死角、というのも、なんのことだか映画見たかぎり私にはよくわからず……。これ、本読んだ方が面白いパターンかなあと思う。けど、シリーズなの? ん~。まあ、いつかもしかしたら読むかもしれないかなあ。映画は面白さは中くらい、って感じだったけど、キナマン見に行ったので個人的満足は高かった。

|

« 『日常に侵入する自己啓発』 (牧野智和/勁草書房) | Main | 映画 「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事