« 映画 「残された者 北の極地」 | Main | NODA-MAP 第23回公演 『Q』 »

映画 「永遠の門 ゴッホの見た未来」


*ネタバレしてます。


映画 「永遠の門 ゴッホの見た未来」

 ジュリアン・シュナーベル監督は画家でもあるそうで、劇中のゴッホの絵は監督が描いたものだそう。ゴッホの評伝的な映画ではなくて、画家ゴッホ、彼が生きている姿、風景、ひかりの中を歩き回り、絵を描いてゆく姿をひったり寄り添ってうつしだす映画だった。

 パリで、芸術家たちが集まり、カフェで議論を交わす中、ゴッホはそんな空気に馴染めずにいた。画商をしている弟、テオの仕送りを頼りに、田舎暮らしをする。意気投合したはずのゴーギャンとの共同生活。だがゴーギャンはかねてより憧れの、島へ旅立ってしまう。
 取り残され、周りの人々とはうまくやっていけないゴッホ。絵は評価されたものの売れない。わけのわからない絵と言われたりもする。精神が不安定で、自分の行動を自分で覚えていられなかったりする。
 カフェで出会った人を描いたりもするが、何より自然の風景の中で木々を草を花を、描いていくゴッホ。心を開き甘えられて、認めてくれるのは弟のテオだけ。
 入院したり退院したり、そしてまたトラブルを起こしたり巻き込まれたりしながら、絵を描き続ける。

 私は、ゴッホの絵を見たことはあるし、ゴーギャンと一時一緒にくらしていたとか、黄色い部屋とか、耳を切ったとか精神が不安定とかいう感じはなんとなく知っているものの、あまり生涯については知らない。この映画を見ても、何かわかりやすく勉強になったってことはない。
 カメラは人物にぐぐっと寄っていくし、手持ち撮影なのか、歩みのたびにぐらぐらと揺れる。それに、ゴッホは目にも病があったのだっけか、画面の半分くらいぼやけたりもして、ゴッホ視線?? というシーンも多くて、ふらふらする。
 
 こういう、世界の曖昧さ、何があったのかはっきりしない、という感じ。ゴッホを見るのではなくてゴッホの側に立つような映画なんだ。ゴッホのすぐそばで、ゴッホが見て感じている風やひかりを受ける映画。静かで、うつくしい。

 テオがいい弟で、最高の弟で、ゴッホに優しい弟で、すごくよかった。というかそれしか救いがないよー。入院したゴッホの所へかけつけてくれたテオを見て、ゴッホがここに、ってベッドの脇へ寄ってぽんぽんして、小さい病院ベッドに一緒に寝るシーン、すごくよかった。完全にテオに甘えるお兄ちゃん。ゴッホにとって、世界の拠り所はテオだけなんだよなあ。人物像は描いてるけど、人間社会は苦手というか、ルールに馴染めないゴッホ。人の気持ちとか他人への気遣いとか、あんまりできない感じ。自分の思いで回りがみえなくなる感じかな。

 羊飼いの女の子? に、きみをスケッチしたい、といって強引にせまっていった感じは、あれは乱暴したのかなあ。辛い。ゴッホに寄り添って見ちゃうけど、周りの人間からしたら、行動が理解できない男がふらふらと黙々とよくわからない絵を描いていて、とか、なんなら寄って乱暴したりするかも? な感じは、すごく怖いし嫌だろうし無理―っていうのもわかる。
 野原で絵を描いてたら、散歩だか遠足だかの子どもたちがわーわーやってきて、教師もなんか酷いじゃん、ってのもあったけど、あれもなー。子どもたちも酷いし、うまくかわすこともできないゴッホもひどいし、辛い。

 辛いけれど、ひかりの景色の中で絵を描くゴッホはひたむきで美しさの中に一体になっているようで、それは幸せな時を過ごしていたのかなあと思える。
 ゴッホが残した絵の美しさっていうのは間違いなくあるわけだから。

 醜い、なんて言われても、絵を描くしかない。自分にはそれしかないという、信念? 諦め? それでもそれが天から与えられた才能と言い。神様は間違えたんだ、時代を間違えたんだ、未来のために描く、というセリフがあった。そう信じていて欲しいな。

 病院からの退院を見定める神父、を、マッツが演じていた。出番は本当に少しだけど、ゴッホと対話して、そういうゴッホの内面を聞き出す感じは、ちょっとレクター博士めいた診断っぽくて、ひんやりした姿がとってもとっても素敵だったよー。

 ウィリアム・デフォーは、すっかりゴッホで。陰影のある顔をめっちゃアップで見まくることになるんだけど、見れば見るほどいい顔だなあってなる。ゴッホの顔って自画像でしか知らないしわからないけれども、この顔なんじゃないかなと思う。無言で、真顔で、たたずむ顔、姿、ひかりの中のシルエット、全部よかった。ちょっと怖いってなるくらいだったりするのもよかった。

 なんでさあ、子どもが石投げたり、ついには銃で撃ったりしてしまうんだ、って辛かったけど。そんな風な空気が大人たちの中にあったってことかなあ。殺しちゃえって本気で言うほどでないにせよ、あの人はおかしい、とか、あの画家にいなくなってほしいとか。ゴッホを滞在させてくれた医者も変わり者扱いされていたんだろうか。わかんないけどなあ。
 
 そしてカフェだかのお店の帳簿ノートをくれて、そこにスケッチたっぷり残していたのにおかみさんにちゃんと伝わらなくて、無造作にさし込まれた棚に、ずーーーーっと、100年以上放置されて発見された、ってことなのかー。まず残っていたのかっていうのが凄すぎるし。
 それでも、ゴッホは今はとても大事に愛されている画家なんだよ、と、あのゴッホに伝えられたらいいのに。そんな祈りの映画なんだと思う。ゴッホが見て描いて残してくれた美は、ちゃんと伝わっているよ。
 好きな映画でした。

|

« 映画 「残された者 北の極地」 | Main | NODA-MAP 第23回公演 『Q』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事