« 「中島敦展――魅せられた旅人の短い生涯」 | Main | 『パリ警視庁迷宮捜査班』 (ソフィー・エナフ/ハヤカワポケットミステリ) »

映画 「ターミネーター ニュー・フェイト」

 *ネタバレします。

映画 「ターミネーター ニュー・フェイト」

 2からの正統な続編! という宣伝文句で、期待高まって昨日17日(日)に見に行きました。

 始まりはまさに、2からほんの少し後。ジョンがまだ子どもの姿のままで登場してびっくりした。サラも。サラは若返り、ジョンはCGらしい、多分。
 で、これで運命は変えられたはず、と、南の島かなんかで静かに隠れ暮らしていた所に、突然またしてもT800の姿をしたターミネーターが現れて、ジョンを撃ち殺します。
 そして、それから22年。と。

 えええええ~~~~っ、ジョンーーッツ!!!! うっそ。と、私はまず衝撃、ショックの冒頭でした。いきなりもう終了の気持ち……。見る前から今度は女性を守りに未来からターミネーターくるみたいで、ジョンはどうなってるのか? ってことではあったけど、冒頭いきなり殺されちゃうとは……。まあ、衝撃の幕開けでした。あー。美少年のまま亡くなったのかジョン……。人類の希望……。

 とはいえ、ダイソンさんや、あのT800の尊い犠牲で、審判の日は回避され、サラたちがあの2の時人類の未来を救ったのだ、ということではあるらしい。
 だけど、AIによる人類への反乱は起きたらしく、スカイネットではなくリージョンだったかなんだかの、機械による人類撲滅は始まってしまうらしく。
 あれから22年。メキシコシティで暮らしている普通の女の子、女の子っていってももう工場勤務の社会人で、ダメ弟や父の面倒見るタイプのしっかり者お姉ちゃんのダニエラ、ダニーの所へ、未来からターミネーターと、彼女を守る強化人間のグレースがやってきた。

 全裸でターミネーターおっこちてきて登場、とか、悪い奴は液体金属系で、二体に分裂したりもしてめっちゃ厄介。基本的には2と同じようなストーリーラインだなあって思った。
 今度はダニーが人類の希望、未来の指導者を生むのか。と、サラ自身も、彼女がかつての自分と同じだから守る、助ける、という風に言うし。
 
 サラは、ジョンを殺された後に一層強くなったみたいで、最強の老戦士って感じ。ターミネーターは2の時の一体だけじゃなかった、ってことらしく、その後2体倒したらしいぞ。強すぎるでしょサラ。凄い。

 そして、謎のメッセージを受け取って、ダニーのピンチに駆けつけたと。そのメッセージを送ってたのは、ジョンを殺したあと人間社会に身を隠したターミネーター、シュワなのね。カールという名前を持って、なんかなりゆきでDV夫から助けた母息子と一緒に20年暮らしている。カーテン屋さんやってる。そして人間の感情を学んで理解してる、って感じ。
 未来からの干渉がくるとなんか感知して、サラに危険を知らせるってことにしてたみたい。老けた見た目になってるのは、人間社会に隠れるために地道に見た目変化させるようなことできたのかなあ。あんまよくわかんないけど。まあ、そもそもターミネーターのシリーズってあんまりガチめなSF的説明とかしてくれないよね。ざっくり察してくれって感じだ。

 ともかく。今はダニーが狙われている。弟くんも父もさっさと殺されてしまって。ダニーを守るグレースは、強化人間てことで、サイボーグ化とかもされてるけど、力使うとクールダウンというか薬とかもいろいろ必要、生身なんだねえ。サラが助けにきてくれなかったら、ダニーを守れなかったのでは、と思う。彼女しか守るために送れないって未来の人類の危機ヤバイ。
 
 とか思ってたら、実はグレースは未来にダニーに救われたから今度は自分がどんな犠牲になってもいいって感じで守りにきた、のね。
 ダニーは未来の人類の指導者を産むわけじゃない。ダニー自身が、リーダーになる。彼女そのものが、人類の希望。
 てことで、サラ、グレース、ダニーと、今度の物語は女性が女性のまま強く生きるって感じで、なるほどこれが2019年に描かれるってことかと思う。

 グレース、マッケンジー・デイビスが、ほんっとかっこよくって、アクションもスタイルもめっちゃよくって、これは、惚れるってなるしかない。
 サラ、リンダ・ハミルトンも強い強い、鍛えてるんだ~って見栄え最高ですし。ダニーは、最初は本当に普通の、車の運転もできないよーっていってた女の子だけど、メキシコでしっかり者として生きてる感じのしなやかさはあって、混乱し、哀しみながらも、必死で強くなろうとしていく。
 そして、一応この時代、世界では最強であろうT800シュワターミネーター、カール。サラに、あとで殺すとか言われて、理解した、と答えちゃう、人としての暮らしをしてきたマシンが、ダニーを守る仲間に加わる。
 
 2を、前日にテレビでやってたのを見て行ったので、「理解した」の返事がねえ。ジョンがターミネーターにそんな言い方じゃなダメだよ、ノープロブレムとかいうんだよ、って教えたりしてたシーンがあったりして。ほんと、2を踏まえての今作なんだなあと思う所が沢山あった。というかほんと、これ基本的に2のリメイクだなーって思う。というか、まあ、未来からターミネーターが殺しにくる、それ守るのもくる、って、ターミネーターのシリーズってそういう風に作られてきたんだなってことを改めて思う。
 1と2が奇跡の最高の面白さで、やっぽりさらにその続編っていうのは、もうそれを超えられないんだなあって思う。無理なんだ、あれ以上の面白さ、完璧さは。

 ダニーを守るために、グレースは最後の武器として自分の動力源で電磁ショック起こしてやっつけられる、と、ダニーに言う。彼女を死なせられない、ダニーは泣くけど、でも、ボロボロになった彼女の最期の願い、最後の希望のために、その武器を使う。
 シュワターミネーターもまたともに落ちていって、敵と共に燃え尽きて、終わり。

 人類の希望、未来のグレースとの再会は守られた、ってことね。ダニーが生き延びることこそが希望への道、か。
 サラがダニーと一緒にまた旅をしていくようなラストだったから、マシンとの戦いや、諦めない強さとかなんかこう、人類のリーダーになるよう鍛えていくんだろうなあ。
 ターミネーターの物語の主人公って、結局サラだったんだな。強い。

 グレースとダニーが百合的にステキ、みたいな評判がいっぱいあった。まあそうですね。ほんとグレースめっちゃかっこいい。でも私はあんまり百合的もえにははまらないので、うーんどうしたって2が最高、で、今作はまあ、まあ、まあねなるほどね、という感じ。
 
 アクションはもうほんっと最初っからずっとすっごいすっごい凄い!の連続で、派手さも格闘のバリエーションやかっこよさも最高だとは思う。
 工場やトラックとのカーチェイスや飛行機でのバトル、クライマックス今度はダムか~、ってのも面白かった。ド迫力に満足はしました。でももうターミネーターはこれで終わり、でいいと思うね。シュワちゃんも「もう戻らない」ってセリフ言いましたしね。1と2が永遠の名作ということで、私の中では満足です。


|

« 「中島敦展――魅せられた旅人の短い生涯」 | Main | 『パリ警視庁迷宮捜査班』 (ソフィー・エナフ/ハヤカワポケットミステリ) »

映画・テレビ」カテゴリの記事