« 映画 「ジョーカー」 | Main | 映画 「ボーダー 二つの世界」 »

映画 「ジョン・ウィック パラベラム」


*ネタバレしています。


映画 「ジョン・ウィック パラベラム」

 9日の水曜日に見ました。「ジョーカー」の後に。個人的二本立て。

 チャプター3。とのことで、前作でホテルのルールを破って街中の殺し屋から追われる羽目に陥ったジョン。あの状況でどう逃げるんだ?? と、わくわく待ってました。

 ウィンストンから一時間の猶予をもらったジョン。図書館へ向かう。しかし大渋滞。犬だけならいいはず、と、犬をコンチネンタルホテルへ届けるようタクシーに頼んで、走っていきます。
 で、図書館の本に秘密の隠し場所か~。そこでもう早速フライングの相手と格闘。図書館ではお静かにーっとなりつつ、撃退。

 と、そんなこんなで、またなんか過去に因縁あったり助けたりのつてを使って、カサブランカへ行ったり。砂漠に放り出されてアラブの王様?ギャング? に話付けてまたNYに戻ったり。途中勿論にいーっぱいアクションあり。かっこいい!!!!!

 ソフィア、という、かつてジョンが助けたことある殺し屋(?)に助けを求めて。彼女も犬を飼ってるのね。そんでその犬をやっぱたかが犬、みたいにされたせいで、最初はジョンと関わり合いになりたくないって感じだったけど結果的にジョンを助けて戦う。賢くて強いシェパード2頭が彼女の相棒なの。犬と共闘するそのアクションがめっちゃめちゃかっこよかった!

 一方NYでは、コンチネンタルホテルに裁定人というのがやってきた。殺し屋たちをまとめる王みたいなのがいる、らしく。ウィンストンにクビを言い渡し、ホテルから追い出そうとする。ジョンに一時間の猶予を与えたことの罰。
 ホームレスを束ねるキング、ローレンス・フィッシュバーンね、彼も、裁定人に処罰される。ジョン・ウィックを助けた罰。
 裁定人の手足となるのが、寿司職人、で、忍者なのかな~? なんか強い殺し屋一味なんだけど。寿司職人は猫派で、ネコちゃんの登場もちらっとあって、可愛かった。猫派へのサービスをありがとう監督^^

 ジョン・ウィックは伝説の殺し屋で。実は殺し屋たちの憧れの的って感じ。だからこそ殺す命令だたらみんな沸き立つのね。寿司職人もあんたの大ファンなんだ、とか言って。ヤバイファンだな~っ。

 そんなこんなで、裁定人への反発から、ウィンストンとジョンは共闘する。ホテルを舞台に激しい戦い。たくさんの銃。威力もけた違い。格闘も派手。舞台も派手。ビジュアル最高だし、格闘はしっかり重そう痛そうにたっぷり見せられる。さすがキアヌ~! かっこいい!!!!!

 で、まあ、なんとかめでたく裁定人と交渉に持ち込んで、ウィンストンはコンチネンタルホテルを取り戻す。あのロビー受付にいつもいる彼、マネージャーなのかな? 彼も戦ってたの、めっちゃ強くてクールでステキだった。コンチネンタルホテルは再建する。
 さて、では、ジョンは?
 という所で、ウィンストンがジョンを殺す。撃って、落っこちていくジョン。
 けれど、その死体は消えてしまった。

 実はまだ生きていたキングのもとへ助け出されたジョン。あのスーツもやっぱ防弾だったんだっけ。まあ、死んだことにして逃げるって算段だったのかもしれないけど、どうだろう。
 ともあれ、助かったジョンと、キング。結局トップをやっつけに行くことにする、のかなってところでお終い。4に続く! のかな。多分4も製作決定だった気がする。
 キアヌとローレンス・フィッシュバーンが世界を統べる王を倒しに行くって感じ、マトリックスじゃーん。続きも楽しみ~。

 ジョンの過去、がちらっとわかったりもした。バレエ学校、青少年を育成してる裏で暗殺者を育てている学校があるのねえ。バレエ学校ってなんだかそそられる。
 コンチネンタルホテルを舞台にTVシリーズだかなんだかのスピンオフは決まってるんだっけ。そしてこのバレエ学校でもスピンオフがあるの、かな? どうなんだろー。
 ジョン・ウィックワールドがどんどん広がっていく。
 キアヌ、55歳。若い頃からそれぞれに、代表作、シリーズがあってすごいなあ。キアヌにもジョン・ウィックにも幸せになってほしいよ。これからも面白い映画待ってます。

|

« 映画 「ジョーカー」 | Main | 映画 「ボーダー 二つの世界」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事