« 『なめらかな世界と、その敵』 (伴名練/早川書房) | Main | 『わが母なるロージー』 (ピエール・ルメートル/文春文庫) »

映画 「アド・アストラ」

*ネタバレしてます。

 

 

映画 「アド・アストラ」

 

 

 「アド・アストラ」ラテン語で星の彼方へ、という意味ってネットで読んだ。


 近未来。ブラッド・ピットが演じるロイは宇宙開発に携わる少佐。宇宙開発、軍が仕切ってるみたいですね。常に冷静で繰り返される心理状態テストみたいなのはさくっとクリア。宇宙ステーション、あれは成層圏くらいにあるってことなのか。外での作業中にトラブルが起きて、地上に落下、となっても、冷静。落下しながら現状報告、パラシュートを開いて、そのパラシュートが破片で破れつつも、地上に生還。


 軍に呼び出されたロイは、リマ計画について聞かれる。かつて地球外生命体を探すために旅立った宇宙船。その船長はロイの父だった。16年前から消息不明の父が、太陽系の端で生きているかもしれない。
 サージ、という大規模な電波嵐(だっけか。なんか、電気的衝撃らしい)が引き起こされた原因は、そのリマ計画の船が海王星だか冥王星だか、そこで反物質をつかっているせい、らしい。ロイに、まだ無事な火星基地へ行って、父へメッセージを送って欲しいという。
 ロイは信じられない思いながらも、イエスというしかない。極秘任務として月へ、それから火星へと、旅立つ。

 

 

 ブラッド・ピット最高の演技! とか絶賛されてるらしい。確かに、とてもよかった。
 これ、どーんと派手にするんなら、というか、非常に抑えられてるけど、地球滅亡の危機を救うことを託された男の話なんだよなあ。こんな物静かな、地球の危機を救う話、なかなかない。サージ、っていう電気的危機、は、かなりヤバイみたい、なんだけどその辺の描写はごくわずかで。宇宙、太陽系の果てまで旅する物語だけれども、徹底的にただロイ一人の物語として描かれている。

 

 ロイのモノローグいっぱい。一人になりたい男。一度は結婚したけれどうまくいかなかった男。常に冷静で、危険の多い宇宙探査のために身を捧げます、といいながら、つまり父の背中を追って孤独に浸る男。感情がない、という感じ。共感もしない、だから危機的状況になっても冷静でいられる。他人の命、自分の命すら、大事にしていないから怖くない。ただ状況に対処するだけ。

 

 途中、救難信号出してる船に助けにいく、とかで、結局ロイが行くんだけど、その、返事のない不穏な宇宙船の中、血とかあったりして、なかなかのホラー感。で、突然、生物実験のチンパンジーかな? が、凶暴化して襲ってきたりして。エイリアンがシャーって出てくるのかとドキドキのところで、しかしやっぱ怪物化した動物とか、こわ~~~。
 そんで一緒に行った人はヘルメット壊れて。ダクトテープでふさいで直してたぞ。やっぱり万能、近未来にも必需品ダクトテープなのか! って思っちゃった。

 

 いろいろと、なんとなく、エイリアン とか、火星の人 とか2001年とかもかなあ、宇宙の映画をちょっと連想しながら見ていた。

 

 ロイが、優秀な男でありながら、登場の時からすっかり何もかもに疲れた男、という感じでなあ。プラピ、こんな疲れ切った中年をやるんだあと思った。
 それにしても、それが、ほんとうにとってもよかった。
 ヒーロー的アクションするでもなく。淡々と黙々と状況に対処。心理テストのために今の自分を語るけれども、大丈夫だ、というようなことばかり。

 

 火星の地下基地について、父へのメッセージを読み上げる。メッセージ、軍から用意されたものを読むしかない。けれど返事はかえってこない。多分星の動きで、届く周期みたいなのがあるんですね。もう一度、ということになって。
 ロイは、用意された文章ではなく、自分のほんとの言葉で喋る。それが初めての、ロイの心からの言葉。父と白黒ミュージカル映画を見たよね、数学を教えてもらったこと忘れていない、父に誇りに思ってもらえるような職業についたよ、会いたい、というようなことを。
 ことさらな大げささはなくて、深く耐えながらのロイの言葉。わずかに潤んだ瞳。抑えた演技ぐっとくる。

 

 そして、火星の基地の長官の女性もまた、リマ計画で両親を亡くした人だった。ロイに、隠されていた通信記録を見せる。太陽系の果てまできて、船員が反乱起こしたのを、ロイの父が粛清したっぽい。
 ロイの父は、地球外生命体を見つける、という妄執に囚われているのだ。

 

 ロイもなんか暴走しちゃって、地球に帰れって命令されてるのに、核兵器持って危機の排除に向かう船に無理矢理乗り込む。で、その勢いで乗組員皆殺しっすよー。マジか。
 なんか、えええええ??? って思っちゃう。害するつもりはない、っていっても乗り込まれた方は困るし~。司令部も始末しろみたいなこと言うし~~~。だからってそこで殺し合いになっちゃう???

 

 まあ、そんなこんなで、冥王星だか海王星だかに向かってロイ一人で旅立ちます。わりとさっくり目的の船を見つけて、父は本当に生きていた。

 

 父も、結局乗組員皆殺しにしてるんだなあ。地球外生命体を見つけなくては。失敗できない、とか。狂気に陥ってる。一緒に帰ろう、というロイ。
 一度は一緒に船の外に出るのに、そこで父は暴れて宇宙の彼方へ……。マジかー。

 

 お父さんの妄執に取りつかれた、けれどもなんだかやっぱり物静かな佇まいはとてもよくって。ロイ、そっくりじゃん。
 こんなところまで一人で追ってきた息子に、父は、一緒にやろう、って誘う。地球外生命体を見つけに、俺とお前ならやれる、ってさ。狂気。おとーさんの山師っぷり、狂気だろうと思って私泣いちゃう。ロイはこんな父、もう駄目だってわかってるだろうに、一緒に帰ろうって言うんだよなあ。


 父と息子の物語なんだなあ。父の妄執が、思いがけず地球の危機を招き。それを止める役、であり、もう一度会いたい、で、息子ははるばる宇宙をかけていくんだなあ。なんつーはるばる、壮大な、親子物語なんだ……。

 

 もうほんと、人類、宇宙にいくの向いてないし。地球で生きるのも向いてないって感じ。人類、行き詰まってるんじゃなか……。辛い。

 

 それでも、ロイはなんとか、地球へ帰ろうとする。いつも一人で、孤独でいたかった男が、家に帰りたい、地球へ、帰りたいと心から思えるようになったのね。
 父の懸命な探査、集めた貴重なデータ。生命体は見つからなかった。地球で生命は孤独、ひとりぼっち、ということで。その孤独に、耐えられなかった、の? 地球から遠く離れていくことに。宇宙の中で地球だけしかないということに、人は耐えられないのか……。

 

 だからこそ、地球が愛しくなるのか……。ロイは地球を目指して、地球に帰り着いて。助けにくる人影を見て涙をにじませる。一人でいたかった男が、もう一度、人間らしさを取り戻す物語だった。
 この、帰り着いて涙を浮かべるブラピは映画の中で一番の綺麗な顔でハンサムになってた。厭世的で疲れ切った男としてずーっとさえない顔してたのになあ。さすがだ。

 

 と、かなり淡々と重く暗いトーンでぐっときてよかったんだけれども、なんかちょいちょい、それでいいんですか??? という気にもなって。
 結構人間の扱いがぞんざいというか。月面で略奪? だかなんだかで、襲われた時にもやられた人おっことしていくし。宇宙で人死んだら宇宙葬~で捨てていくし。まあ死体置いとく余裕はないってことかなあ。宇宙って過酷……。

 

 あと、リマ計画の船から自分がのってきた船に戻るのが、外壁とってシールドにして小石ベルト地帯に飛び込んで行く感じとか、それは??? どういう推進力?? つか石に当たった時点で方向変わってしまうのでは?? よくわからなかった……。主人公様だからいいのか??
 ロイの勝手な独断、横暴、で、人が死ぬはめになったり、というか殺したりしてるのに。地球に戻ってラストには別れた妻とまた会おうとしてたりして、ロイおとがめなしですか?? 一応地球救った感じになったからオッケーなのかな? それともそれなりに刑期かなんかお勤めした後の、再会シーンだったのかなあ。わかんないけど。わからない。うーん。まあいいか……。

 

 宇宙軍もなあ。あの辺にいるよ、ってわかってるなら捜索隊出さないのか?? 今度の障害が起きるまでそこにいるってわからなかったのかな。んー。地球から離れすぎることに人間は耐えられないって感じだから行かなかったのか。んーー。
 つくづく、「火星の人」のワトニーくんは凄い。偉い。超人。

 

 ブラピの声を堪能、抑えた演技のうまさを堪能。宇宙規模とはいえ結局クラシカルな父と息子の物語を堪能。渋い良作でした。

 

 

 

 

 

|

« 『なめらかな世界と、その敵』 (伴名練/早川書房) | Main | 『わが母なるロージー』 (ピエール・ルメートル/文春文庫) »

映画・テレビ」カテゴリの記事