« 『指名手配』 (ロバート・クレイス/創元推理文庫) | Main | 映画 「やっぱり契約破棄していいですか」 »

映画 「ブルー・ダイヤモンド」

*ネタバレしています。


昨日、映画の日なので2本見に行きました。一つ目。

映画 「ブルー・ダイヤモンド」

 アメリカ人、ルーカス・ヒルはロシアへ商談に飛ぶ。希少で高価なブルー・ダイヤモンドを売るらしい。相手はマフィアらしい。多分マネーロンダリング。ヒルは宝石商なのかな。
 ダイヤモンドを持つピョートルという相棒が、待ち合わせのはずのホテルから姿を消している。彼の伝言を追ってさらに地方へ。しかしそのホテルにもピョートルはいなかった。
 連絡を待つしかないヒル。近くのカフェをやっているカティアと親しくなる。
 マフィアとなんとか話をつけ、見本のダイヤは見つけて渡した。しかし、高品質の偽造ダイヤを売りつけるよう当局の組織?にはめられて、カティアも巻き込まれて、ヒルは追い詰められていく。

 キアヌ・リーブス主演! 予告の感じだと、ロシアマフィアとトラブルになった男が、凍てつく大地でなんとかドンパチやって切り抜けていく、っていう話かと思って、かっこよさそう~と期待しちゃった。
 しかし。銃撃ドンパチやるジョン・ウィック的な爽快さはほとんどなくて、なんか、トラブルに陥ってどうにもならなくて最後にライフル一つでせめて敵を数名は倒した、けど、自分も撃たれて終わり。……(゜o゜) え。終わり。

 ロシアでハードボイルドなかっこよさげな雰囲気はたっぷりで、まあ、かっこよかったけど。実はロシア語わかるんだせっていうキアヌかっこよかったけど。
 まあ、超人的に強いわけでもない、すごく有能ってわけでもない、ちょっとダークな取引請け負うよ~という宝石売人のMrヒルとしては、そういうものなのかねえと思うしかないか。撃たれて終わり。マフィアとやりあって逃げられるわけないという。

 で、本当は、旅先のロシア美女、積極的にせまられてしまう俺、みたいなクラシカルな男のロマンみたいな映画だったのかなあ。カティアと最初こそはジェントルに、いやちょっと今すぐ寝るとかはね、苦笑、まんざらでもない、っていう所から、長年連れ添った仲良し、だけどお互い無関心でいるのが長続きの秘訣みたいな妻とスカイプ(?)したりしたあとに、やっぱりせっかくなので据え膳は食いましょう、ってやりにいっちゃうMrヒル。

 ま。まあ、まあまあ、まあいっか。そういうのもいいものですね。と、思ったものの、旅先での一夜の遊びじゃなくなって、何回も何回も、何回もやるのね。
 ヒルさんさあ、あんた今ダイヤモンドなくて非常にまずいことになってんじゃないの? 女とやってる場合か? お兄ちゃんとなんとなく仲良くなって仲間と熊ハンティングに行ってる場合か?? もっかいカティアを呼び出すことになったのはともかく、妻のように抱いて、って言われて、妻の名前呼びながらやるとか、そういうプレイを見せられてもさー。えええ?? と困惑。
 ヒルさんは51歳らしいですが。絶倫でもいいですけど~。ほんとマジそんなことやってる場合か??

 で、カティアもさ~。ゆきずりの男ってわかりきってるのに、浮かれてだか調子乗ってだか、商談の場にキメキメにお着換えして乗り込んじゃって、マフィアに兄弟の証にお互いの女にしゃぶらせようぜ、ってなって、やるはめになって、傷ついてしまうと。ヤバイ男だってわかるでしょーーー。呼ばれてもないのに行っちゃってもーー。みんな馬鹿なのか……。

 マフィアくんもさ~、偽物鑑定のためにつれてった奴がちょっともたもたしたからって、ヒルを信じるよ兄弟、とかいってんじゃねーよ。あの場で鑑定して偽物ってわかれば、ちゃんとすぐ始末つけられただろうに。

 ヒルに協力求めた、なんか、何? なんの組織かよくわからなかった。警察ってわけじゃないんだっけ。偽物売りつけて金引き出してマフィア弱体化? 取引の証拠つかむとかなのかな?? ニセモノダイヤをヒルにうりつけさせようとしてどうなったのかがいまいちよくわからなかったです……。私がもの知らずで理解力がなかったのか。

 で、も~さっさとしっぽ巻いて帰国しちゃえばいいのに、ヒルさんはカティアの所へ戻ります。ピョートルの隠れ家がわかった、とかって兄弟だか従弟だったからの連絡が入って。で、またとりあえずやるのね。なんなんだ。体の相性が最高にいい、とかってことなのか。そんなことやってる場合か??? と、ほんと見てて困惑する。うーん。キアヌはベッドシーンより銃を持ってるシーンのほうがセクシーでそそるのになあ。わかってないなあ。

 そんなこんなで、なんか何も解決しないというか、解決しようがないというかで。ピョートルは死体になってるし、ヒルさんもただ死ぬのねえ。
 かっこよさげな雰囲気はとってもあったけれども、全員無能か……。感想としてはただただ、愚か者ばっかだったなってこと。もうちょっとかっこいいのを見たかった……。映画作ってる途中でなんか破綻しちゃったのかなあ。バランスもテンポも悪すぎるだろ。キアヌ、しっかり脚本読んで仕事選んでね……。まあいっか。ジョン・ウィック3に期待だ。

|

« 『指名手配』 (ロバート・クレイス/創元推理文庫) | Main | 映画 「やっぱり契約破棄していいですか」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事