« 映画 「永遠に僕のもの」 | Main | 『指名手配』 (ロバート・クレイス/創元推理文庫) »

映画 「ロケットマン」

*ネタバレしています。


映画 「ロケットマン」

 エルトン・ジョン。その半生の映画化。ミュージカルだった。ド派手で! とても切ない物語。

 エルトン・ジョンの名前は知っている。けども、いまいち私はちゃんとは知らなくて、多分絶頂期をすぎて後の、同性婚をしたとかそんなニュースのの方が印象にある。曲も、有名なのはちょっと知ってた、けども、あんまりは知らなくて。映画を見て、作詞する人がいての曲作り、歌、がエルトンってことなのかあ、と初めて知った。なんとなく、作詞作曲全部やってるものかと思ってた、ロックスターって。
 
 始まりは、ばーん! と、エルトンがド派手なステージ衣装で扉開いてきて、けれどそこは、更生集会みたいなところで。いろんな中毒で薬物もやりまくって、って自己紹介しながら、少年時代の話を始める。
 タロン・エジャトンがエルトンを演じてて、「キングスマン」で知った彼ね~。歌もうまいってのはわかってたけども、ほんっとよかった。勿論動ける。ダンスも素敵だし歌も素敵だし、薄毛の家計の呪いもおかしかったし、らりってハイテンションなのも、孤独で切なくて苦しいのも、ほんっとすごくよかった~。

 少年時代。厳格な父、子どもより浮気熱心な母、一人で抱え込んじゃう感じの祖母、という家庭。父にハグしてほしかった、レジー少年。
 ピアノの才能があるのでは、と、習いに行くようになって、王立音楽学校だかの奨学生に推薦されて。クラシックよりロックンロールに出会ってしまい、バックバンドをやりながらさらにプロを目指し。
 たまたま、レコード会社かな、で、売り込み中に、詩の売り込みに曲つけてみてよ、って渡された詩の作者が、その後もずーっとつきあうことになるバーニーだった。
 二人が最初に会って、カフェで打ち合わせっぽい話から、音楽の話、延々ずーーーーーーーっと喋り続けてた感じ、すごくよかった~。気が合う、ってそういうことな~~。

 二人で楽曲づくり。バーニーは、エルトンがゲイだと自覚しててカミングアウトしても、友達で兄弟みたいな愛のままで仲は変わらなかった。エルトンはほんとはちょっと恋愛感情あったんだろうねえ。そして大ヒットが生まれて、アメリカツアーでも大成功。たっぷり金を稼ぐと、生活も一変。
 最初は、アメリカでのステージにびびってたのに。金持ちになると悪い男もよってきますね。若いエルトンくんはすっかりメロメロに。
 この、マネージャー買って出る男、わるいおとこ、ジョン・リードを演じてるのがリチャード・マッデン。
 まともに見たことあるの、私はドラマの「ボディーガード」だけなんだけど、あれもとてもよかったんだけれども。この~~~悪い男~~~っ。うぶなゲイの金づるをがっつりつかんでいくのたまんねえな。すっごいよかった。わるいおとこだよね~~嗚呼~それなのに~~~。ウインクがめっちゃ決まってて参った。すごいな。
 なんか公開前にはレーディングがどーのこーの、ゲイである二人のラブシーンがどのくらいかとかなんだかんだあったらしいけれども、別に普通に、とっても素敵めろめろらぶらぶシーンでよかったね。一瞬の幻惑の愛~~。はあ。エルトン辛かったね。わるいおとこは魅力的だからな。嗚呼~~。よかった。

 親との確執とか、結局薬や酒におぼれまくってぼろぼろだ、と自覚して、自分から更生施設に行った、ってことなのね。
 子どもだった頃、ハグして、と父にねだってかなえられなかった、愛されたいという思いは、自分で自分の子供時代ごと愛する、自分を愛する、自分をハグして、自分を大事にする、という所から始めなくちゃならない。それからやっと、愛がわかるんだなあ。
 バーニーはずっと友達だったのに。
 音楽はずっと彼の中からあふれてくる。

 終りに、禁酒は今も続けられてて、けど今も買い物依存症! とか、劇中のド派手衣装やスタイルは実際やってましたこんなでした! の写真とかあって、この映画の後、パートナーと出会って、子育てのためにツアーからは引退、とか、今はハッピーなんだろうなって〆でほっとできる。
 音楽はもっちろんすごく素晴らしい。かっこいい。
 ミュージカルだね~。歌いながらどんどん場面変わっていくとかシーンが進むとか、見せ場満載で楽しかった。けれども、ロックスターが大ヒット絶好調!って頃にあんな切ない日々だったのかとか、悲しくなっちゃうね。スターの栄光と孤独。それはまあよくあるというかイメージ通りな所でもあるけれども。みんなみんなが幸せになってほしいよ。
 大事な人を、大事にしよう。映画って、音楽っていいね。

 

|

« 映画 「永遠に僕のもの」 | Main | 『指名手配』 (ロバート・クレイス/創元推理文庫) »

映画・テレビ」カテゴリの記事