« 映画 「ホワイト・クロウ 伝説のダンサー」 | Main | 『三島由紀夫 ふたつの謎』 (大澤真幸/集英社新書) »

映画 「コンフィデンスマンJP」 と、スペシャルドラマ「運勢編」

*ネタバレしています。


映画 「コンフィデンスマンJP」 と、スペシャルドラマ「運勢編」


 ロマンス編。
 ロマンスって映画タイトルに含まれているのではないのかな。18日(土)に見てきた。

 大きなヤマがなく退屈しているダー子。小魚釣りでもするか、と物色しているところで、大きなターゲットを発見する。香港の氷姫とあだ名されるラン・リウ。容赦なく労働者から搾取しまくる財閥の長である彼女の持つ伝説のパープルダイヤ。ダー子、ボクちゃん、リチャード、そして五十嵐たちは香港へ飛ぶ。

 そんなこんなで、香港ロケしてるのが映画ならではの予算の使い方なんでしょうか。お話としては基本的にはテレビシリーズと同じく。金持ってる悪い奴からごっそりいただくぜ!という詐欺ゲーム。毎度仕掛けが凝ってる、のを、最後には種明かしで振り返って、うわそっからもうすでに仕掛けてたのか~!と、すごく楽しい^^

 今回は、昔、ダー子と組んだことのある恋愛詐欺師、ジェシーという男が絡み、もしかしてダー子はこの男に心奪われたまま!? みたいな感じがロマンス編ですかね~。三浦春馬が、胡散臭くキラッキラなたらし男演じててすごくよかった! 可愛いな~。

 そして黒幕っつーか、江口洋介演じる経済マフィア?な、赤星、だっけ。かつてダー子たちに騙された復讐を企んでいると。実はジェシーは彼のためにダー子一味をまとめておびき出す計画を立てていたのだー。なにー! っていう。ラン・リウがオマケだったのかよ、っていう。
 
 このドラマは演技過剰だし話もそんなわけあるか、そんなうまくいくかっ、って突っ込み満載。だがこれはショータイム! マジで遊ぶぞ!というドラマの中からの大人の遊びの気合がよくて、それに、そこからそんなに仕掛けが!という驚きも楽しい。よくこんな話作ったなあーってなるし、それをこんなに演じて見せてくれてキャストありがとーって思うし、それに見れば見るほど、ダー子もボクちゃんもリチャードも、まさにキャラとして素敵で面白くてかわいくて大好きになる^^ 今回は、まだひよっこ詐欺師としてスパイやってるつもりのモナコちゃんのことも、可愛い、いいキャラだなーって好きになる。
竹内結子もね! ラン・リウが彼女ってのがすでにフェイクだったのかー。ダー子のたてた計画はほんっと経費かかりまくりの、すごい、あの手この手なんだなあ。まさかそこまでやらないでしょ、って所までやってる仕掛けへの金のかけ方が、楽しい。ダー子に協力する子猫ちゃんたちも楽しい。子猫ちゃんになりたいよーって、なるよねえ

 そうしてまんまと赤星からまただまし取っちゃった。モナコちゃんも仲間になった。仲間じゃないし裏切りも自由、って最初にみんな言うけど、そんな風に嘘も裏切りも許す、人情味みたいなのがほろっとまざってて、うまいんだよなあ。この話のそもそものきっかけも、実は最初に子猫ちゃんがジェシーに騙されててって所からで。前田敦子演じる鈴木さんが、ひそかに復讐してちょっとだけ気を晴らす、っていう、ちょっとした泣かせポイントみたいなのが、いい匙加減。

 で、エンドロール後に、アイドル投資詐欺? しようとしてて、生瀬さんがちらっと出る、そのアイドルもどきのメンバーに前田敦子で、AKBファンへのサービスか~って感じ。可愛い。

 キャストみんな最高によくて、楽しく演じてるんだろうなって思う。長澤まさみ、どんどん魅力増してると思うけど、ほんっとこのダー子やってる彼女大好きだ~!かっこいいかわいい。別に全作品見てきてるわけじゃないけど、見るたびにすごい、いい女優になってる~って気がする。アクションもこなすんだよなあ。すごい。ますますのご活躍を、って彼女をおっかけて作品見たくなる女優さんだ。
 東出くんのことを、私はあんまりというかその、すまないが興味ないんだけれども、でもこのボクちゃんやってる東出くんは大好き^^ めっちゃいい。すごくいい。可愛いな~~。
 リチャード小日向さんは、勿論すごくて。「あしたの、喜多善男」すっごい好きだったなーとか思いつつ。やはり別に全作品見てきてるわけじゃないけど、見るたびに勿論違う役で、その役のそういう人って感じになってて、それでも小日向さんって感じがして、すごい。で、リチャードのつかみどころのない、ただのヘンなおじさんとかジェントルとか包容力とか冷たさとか、いろいろすごくありそう~って思わせてくれるの、好きだなあ。

 と、そんなこんなで映画に満足して帰ると、夜に、スペシャルドラマ、新作があるという、この、何? テレビシリーズから映画化! で、その公開日翌日に新作スペシャルドラマって何事。すごい作り方してるなあって、面白かった。なんか映画やってるの? って、連ドラ見てない人がなんとなくスペシャルドラマ見て、何これオモシロイとなれば映画も見に行くだろうし、ってことなのか。一話再放送よりは効果的なのか?? 不思議だ。

 で、見ましたね、スペシャルドラマも。「運勢編」。時系列としては、映画の後、映画エンドロールの前、って所ね。映画を見ててもみてなくても大丈夫と思う。モナコちゃんのことだけ、映画見てないとなんか仲間増えてる? と多少気になるだろうか。私は映画見た後、で見たので、ああ~よかったねモナコちゃんもしっかり子猫ちゃんの一人としてやってくんだな~と思えてよかった。そしてドラマの最後で、次のオサカナちゃんがアイドルプロデューサー生瀬さんか! ってことであのエンドロールか~と思って笑った。

 「運勢編」は、強運でもって詐欺成功させてきたダー子の運が落ちきて、もう駄目だ、と、ボクちゃんやリチャードは離れていく。なのにダー子はますます強気に、一人で危ないヤクザに仕掛けていく、って感じ。ゲスト的騙されちゃう役に、北村一輝、中山美穂、広末涼子とこれまた豪華キャスト。みんなそれぞれにゲスイ悪い奴。このドラマに出るって、役者さん的にもすごくいいんじゃないかなあ。なんか酷い、けど面白い役を、いいノリでやってるんじゃないかな~~~って思う。まあ、北村一輝がヤクザ、でも実は気弱、なのはよくやってる感じかもしれないか。

 ともあれ、運が落ちてきてどん底までいく、ってなれば、自らどん底までいっちゃう、そしてどん底でひどい目にあいましたーと神様まで騙そうってダー子さんの計画がお見事ですし、楽しかった。

 ちょっとだけ、「ホワイトカラー」なんかと似てる感じがするかなあ。ニールも天才詐欺師で、仲間もみんな全員とってもスマート。その無茶な計画も、でもドラマですから! 天才~とかスマートに事が運ぶとか、やっぱ見てて気持ちいいよねえ。ドラマですから! 楽しい。

 これで好評が続いて、またドラマだったり、たまにスペシャルドラマだったり、やってほしいなあ。基本的にきっと楽しい。と思いつつ、けど犯罪ものではあるわけで、もしかして悲劇に転がる可能性も、あり、って、ほんのちょっとだけ思っちゃうのがスリリング。
 ほんっとに。脚本古沢良太、これからも見続けたい。


|

« 映画 「ホワイト・クロウ 伝説のダンサー」 | Main | 『三島由紀夫 ふたつの謎』 (大澤真幸/集英社新書) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事