« 映画 「翔んで埼玉」 | Main | 映画 「アリータ バトル・エンジェル」 »

映画 「天国でまた会おう」

*ネタバレしています。


映画 「天国でまた会おう」

 
 2017年、フランス製作。
 
 第一次世界大戦の終戦間近。アルベールは無謀な偵察任務に送り出された兵士が後ろから撃たれていることに気付いてしまう。戦争好きなプラデル中尉のせいだ、と直感するが、直後、爆撃で穴に生き埋めになりかける。そこを助けてくれたのはエドゥアール。仲良くしていた兵士。だが、またしても爆撃で、エドゥアールは倒れ、顔の下半分ほどを失ってしまう。
 命は助かって病院にいる二人。家には帰りたくない父に会いたくないというエドゥアールのために、アルベールは別の死んだ兵士と身元をすり替え、エドゥアールを別人として救った。
 痛みに苦しみ、モルヒネを欲してばかりのエドゥアール。ひっそりパリの片隅で暮らす二人。ある日、エドゥアールが戦没記念者のための記念碑詐欺を思いつく。

 原作小説を読んで、映画を楽しみに待ってました。
 何よりまず、ビジュアル! エドゥアールの顔を隠す仮面の数々、素晴らしく美しい! 不気味だったり滑稽だったりもして、それらすべて含めて美しい。小説の描写はもちろんいろいろ丁寧だったけれども、それをやっぱ、ぱっと見せられる映画の世界は強いなあ。素晴らしい映画化だ。

 原作との変更点もある。けど原作の細部まできっちり覚えているわけではないので、気にせず見ました。
 映画は、植民地へ旅立ち逃げたアルベールが、現地で捕まってこれまでの話をする、というスタイルだった。やっぱ展開は随分早く感じる。それぞれの背景だとか毎日の暮らしみたいな細細したことは小説読んだのがわかる。けどまあ、そういうのざっくりすっ飛ばしてもいいかなあ。映画のテンポももちろん好きだった。けど、やっぱり私は本を読んでおいてよかったかなあ。なかなか顔が覚えられないので、えっと、この人誰だ誰だっけ、ってなったかもしれない。まあでも多分見てるうちに慣れるか。

 やはりエドゥアールの最期を変更したのが大きかった。父の車に轢かれて、親子の会話もなにもなく終わる小説とは違って、映画では再会する。そして、お互いを、わかりあう一瞬があった。救い……。
 とてつもなくうつくしいシーンだった。その時エドゥアールがつけているのが華麗な孔雀の顔の仮面でさ。目だけ、目だけしか出てないのに、わかりあう親子。ハグして、エドゥアールの目が潤み、涙がこぼれ、ありがとうと伝えて。そして、テラスから飛び降りてしまう。
 衝撃だった。
 車の事故で亡くなったのも相当衝撃的だったけれども。今、父と和解したのでは? なのに目の前で? むしろ残酷な。いやでも。って、もう、茫然と私も涙を流すしかなかった。
 
 エドゥアールを演じているのはナウエル・ペレーズ・ビスカヤートというアルゼンチンの俳優さん。「BPM」ビートパーミニッツ、の人だ。フランスでのエイズアクトのやつだ。見た。うん。
 彼の目。最初以外はずっと顔半分隠して仮面の中で演じているわけだけれども、本当に、綺麗な印象的な深い青い目をしていて、素晴らしかった。仮面の奥の彼の目の演技。綺麗な涙。ほんとうに凄い。

 エドゥアールは若き放蕩息子で、アルベールは冴えない中年男っていうコンビで、ルイーズという女の子を仲間に迎えての、詐欺計画。そして金を持っての豪遊とか。映画ならではのビジュアルのすばらしさ。すっごいよかった。細部まで重厚で美しくてすごくよかった。

 インタビュー記事とかで、原作者の言葉で、これは幸福な映画化の実例だみたいなことがあったと思う。本当にそう。原作もすごいよくて、言葉で丁寧に積み重ねられた長い深いそれぞれの登場人物の細やかな動きを読み重ねていくの面白かった。そして映画は、とにかくどっと目に入るビジュアルが物凄くよくってよくって、生きて動いているキャスト、人物がいて、音も動きも声も、すごい、生きてるって伝わってくる。
 アルベールを演じているのは監督でもあるアルベール・デュポンテルという方。ベテラン俳優? 私はよく知らなかったんだけれども、ほんとこの映画をありがとうと言いたい。
 
 ラスト。捕まっていたアルベールを軍人さん? 警察署長? が、うっかりきみの手錠の鍵を置き忘れたままちょっと外出するから、って、逃げるよう言外に進める。これも映画オリジナルだと思うけど、その人は、最初戦場で無駄死にさせられた偵察に行った若い兵士の父だったの。その、めぐりあわせの奇跡とか。すごい。映画の派手な見せ場でありぐっと感動ポイントとしておさえてくるよねえ。

 エドゥアールは天才だった。芸術家だった。絵、のみならず、詐欺という復讐を行うことさえ天才だった。善良な立派なヒーローとは程遠い困った子だけど。人の心を揺さぶる男だった。善良な小心者であるはずのアルベールはエドゥアールに振り回され、それでも、彼のしでかすことに惹かれ、助け、欲も出て、生きていく。
 これも運命の二人だったなあ。小説も映画も、両方見ててよかった。大好き。すごくいい映画を見たっていう満足。
 予告トレイラーをツイッターで見た時から一目ぼれして、本読んで楽しみに待ってて、そして期待通り、期待以上にいい映画で感動した~。公開劇場が少なくて川崎まで行っちゃったけど行ってよかった。大好き。


|

« 映画 「翔んで埼玉」 | Main | 映画 「アリータ バトル・エンジェル」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事