« 映画 「アクアマン」 | Main | 映画 「ウィンター・ブラザーズ」 »

映画 「ファースト・マン」

*ネタバレしています。


映画 「ファースト・マン」


 IMAXで見てきた。
 デイミアン・チャゼル監督とライアン・ゴズリング主演のコンビ。「ラ・ラ・ランド」と同じく、ということで、正直そんなに好きってわけでもないよなあと思いつつ。

 1960年代。アメリカといソ連の宇宙開発競争。ソ連に負け続き、なんとしても月へ、という圧力と、でもそこに大金つぎこんでなんになるのか、という風潮もあり、みたいな中。
 ニール・アームストロングは、テストパイロットだったのかな。妻と、子ども。カレンという小さな娘が病におかされ、亡くなってしまう。不意に、ジェミニ計画のパイロットに応募して、受かる。
 訓練は続き、計画は進み、実験は続き、ついに、アポロ計画。月への着陸への挑戦の時がくる。

 ニールはあまり感情を表に出さない人物、ということらしい。以前「ドリーム」で、裏方スタッフとして働く地上クルーもすっごく大変、みたいなのを垣間見た気分だったので(あれはアポロ計画ではないやつだけど)今度は宇宙飛行士の側の世界を垣間見た気分になるの面白かった。
 ニールがNASAに入ってからの数年、物凄い技術開発しまくりなんだなあって、素人目にもなんかすごい、すごく、すごい感じになってる気がする、って、思う。

 それでも、飛行士が乗り込むコックピットは毎度柩のようだ。死ぬ。閉じ込められて、死ぬ、という気配が満ち満ちている。こわい。
 月面着陸までには、いろいろ大変だったんだろうなあとは思っていたけど、それにしても物凄く大変だ。
 犠牲も、あんなに出ていたんだと、知らなかった。
 特に、もう出発、みたいになってる所で、火災発生、あっというまに爆発、あれ、物凄く怖かった。あんまりだ。辛い……。


 宇宙飛行士の、月へ向かっての、チャレンジ、という、華やかにわくわくの脚色もできそうなものだけれども、この映画はニールの物語だった。極めて個人的な。一人の男、独りぼっちの男、ニール。陽気なジョークかますアメリカンだったり俺にまかせとけ!な頼れるリーダー!って感じでは全然なくて、訓練、実験を淡々とこなし、学び、トラブルに向き合う男。ヒューストンとの交信とかもさー、もうちょっとどんどん喋ってあげてよーと思った。

 ニールが選ばれたのって、トラブルに強いから、という感じ。宇宙飛行、月へゆくロケット、あまりにも、頼りない;; もちろん、当時の技術の最高峰であるに違いないんだけれども、でもなんか、なんか、ええ~~~なんかそんなんで宇宙行くの??? って、すごい、無骨だしとにかく作った!って感じが、物凄い。怖いよ;;

 そして実際、事故で飛行士が犠牲にもなり。大事な友達、同士を失い。毎回死ぬかも、って感じで訓練繰り返していたのではないのか。超人だ……。家庭でなんかぎこちなくなっちゃうのもわかる。けど。けど。
 妻が結構厳しいね~と思ったけど。しかし妻も、毎度、毎日、文字通り夫は今日死ぬかも、みたいな気持ちになったりしてたんではないかと、思う。辛い。安定した生活がよかったのに、って思うの当然だよね。

 ニールとか、同僚パイロットとか、地上クルーとか、なんかえらいさんとか、仕事だ、日常だ、という風に月へ向かう夢に取り組んでいってる、淡々とした様がすごくよかった。
 ニールはもちろん、誰も、悲劇に際して激高して泣き叫んだりなんだか感動的な演説ぶったりしないの。ただただ押し黙るしかない。ぐっさり効くわ。

 ついに月へ到達して、月面に降りる、ってなった時。一切の音が消えて、宇宙にむき出しになる。着陸して一歩踏み出す。その時の会話とか、もしかして本物? って思っちゃった。なんだかライアン・ゴズリングのセリフだとは思えなかった。
 「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」という名言もね。
 ニールは少し一人で離れていって、亡くなった娘、カレンの、ブレスレットかな、大事にとっていた思い出の品を月に落とす。天に帰すという感じかなあ。カレンを失ってからのニールの長い旅の到達、か。

 ニールという人が、内にこもりがちで、家庭ではどうにも不器用な父だったりもして、でも同僚とビール飲んだり家族同士の付き合いしてたり、息子と遊んだり叱ったり、妻のご機嫌損ねたり、それでも愛がある感じとか、当たり前に一人の男としての姿であるの、とてもよかった。超人だけど、彼はそういう人なんだなという、等身大の感じ。

 IMAXで見たわけで、巨大スクリーンなのね。この映画、ものっすごい人物に寄って撮ってる。アップもアップ、巨大スクリーンに人間の顔ドアップでガンガンくる、寄り過ぎなのではって気持ち悪いくらい。それでも美しかったよ。俳優たちよ。素晴らしい。
 狭いコックピットだとかのシーンもいっぱい、そしてギイギイキイキイ不安になる機体の音、激しい揺れ、やべえ、酔うかもって感じ。大気圏離れるのって、すっごいタイヘンだ……。電車やバスの揺れでも酔うことになる私には無理だな。まー宇宙へ行く機会なんてないけどな。それにしても人間には向いてないんだよ大気圏から離れるの……。月とか無理でしょ……。ほんと、よく行って帰ってきたよねえ。凄い。

 でも人間には宇宙は向いてないっしょ、と、思う。ガンダム世紀のニュータイプ登場を待たねばならないでしょう……。人の描写はとても静かで、機体やエンジン音は物凄く激しくて、面白かったな。宇宙飛行士、本当に凄いです。


|

« 映画 「アクアマン」 | Main | 映画 「ウィンター・ブラザーズ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事