« 映画 「THE GUILTY ギルティ」 | Main | 映画 「天国でまた会おう」 »

映画 「翔んで埼玉」

*ネタバレしています。


映画 「翔んで埼玉」


 魔夜峰央の1982年刊の漫画が原作。漫画、あったなーとか最近復刊されたんだっけ、とは思っていたけれども、読んだことないですごめん。発売当時は愛媛で関東の地理感覚とか全然わからなくて興味もなかったんだな。

 さて映画は、舞台は普通に今現在の埼玉、ですよね。
 始まりの時に華麗な男性ダンサーたちに囲まれながら、魔夜峰央さんがこの映画はフィクションです、特に地名とか、って念押ししてます。ふふっ。
 埼玉の女の子が今日は結納なんだから~って父の運転する車で東京へ向かう道中。娘は埼玉ださいじゃん、結婚する相手も埼玉の人だけど、新居は東京にする!って決めている。
 しかし埼玉愛のある父は不満そう。父のご機嫌とるためにもラジオで始まった、埼玉が東京から酷い扱いをうけていた過去から革命を目指していく物語に聴き入る。

 かつて、都民からディスられまくっていた埼玉県人。東京へ行くには通行手形が必要で、それを持たない隠れ埼玉人は発見され次第追放されていた。

 ここを卒業するのが都知事への道と言われる白鵬堂学院。都会度でクラス分けされている高校で生徒会長を務めるのは、現都知事の息子、壇ノ浦百美。そこへやってきた転校生、アメリカ帰りの麻実麗。麻実は百美が試す都会度チェックを楽々クリアし、百美の心を奪ってしまう。

 とかなんとか、まあ、華麗な世界~。魔夜峰央の描く絵を再現しているビジュアル、実写でこうなるかーというのがまず素晴らしい~。二階堂ふみはちゃんと可愛い美少年だし、さすがのGACKTの麻実麗~~。すっごいキラキラの衣装がお似合い!

 単に埼玉ディスりますよギャグ映画かと思いきや。もちろん基本的はそうなんだけど。埼玉から東京への通行手形廃止を目指した革命物語、っていうのをラジオドラマで聞きながら、聴いてる現代の一般人な娘からの、なんだそれ? って適宜ツッコミ入りつつ。

 革命物語、のお話が埼玉県人であることを隠してのエリートスパイ物語だったり、革命のために千葉と手を結び、本当の敵は東京だ!とかの展開は、普通に王道、テンプレな物語で、わかりやすくて面白かった~。百美が初めての恋しちゃって、父の不正を暴き正義に目覚めるとか。伝説の戦士が生きていて助けられたら、麗も知らなかった実の父だったとか。そしてさらなる野望、日本のみならず世界埼玉化計画!って終わる。すごい無茶が楽しい^^
 みんなきっちり本気でふざけててよかったわ~。

 私は現在神奈川県在住で、東京の下でちゃっかり一緒に悪徳な感じのムカつくポジション神奈川~ってちょこっとの登場がなんか苦笑いな感じでおかしかった。一応関東に住むようになって10年くらいだけど、けどやっぱりあんまり関東のあれこれっていうか、感覚はわかんないけども。さらにローカルな地方民なので、まあこういうので盛り上がれる関東め!いいじゃないか! と思うw 
 ゴージャスな遊び映画、漫喫しました。


|

« 映画 「THE GUILTY ギルティ」 | Main | 映画 「天国でまた会おう」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事