« 『めくるめく短歌たち』 (錦見映理子/書肆侃侃房) | Main | 『短歌こぼれ話』 (大島史洋/ながらみ書房) »

映画 「サスペリア」

*ネタバレ、結末まで触れています。

 映画 「サスペリア」

2018年製作、ルカ・グァダニーノ監督。

 1977年の「サスペリア」はGYAOの配信で昨日一応見ました。ありがたい~。
 なんかすごい怖そうな感じで怖いの嫌なんだけど、見てみると、あんまり嫌な怖いものではなかった。アメリカからドイツへ、バレエを学ぶためにやってきたスージー。だがそこでは恐ろしい殺人や不可解な失踪が相次いでいた。
 てな感じで、実は魔女の館なのか、とか。三部作なのー? ってウィキを見て知り、でも多分三部作見て理解しようとかまでは、思わないかな、って所で。赤い館とかいかにも絵具の血糊とか、クラシカルなお嬢さんスタイルとか、インテリアとか、画面がすごいスタイリッシュって感じの映画だった。ホラーめいた所はあるけれども、怖くて見られないってことはなく。

 さてリメイク版って、どうなんだろう。もっと怖くなっているのかなと怯えつつ。予告や、見た人々の賛否両論とかオリジナルからの大胆なアレンジだとかがどういうものなのか気になって見ておくことにした。ティルダ様が出てるし。監督、「君の名前で僕を呼んで」の人じゃない~。まあ全然違うだろうけどやっぱ見ようと思った。


 舞台は1977年、ベルリン。スージーがアメリカからダンスのためにやってきた、というのはオリジナルと同じかな。バレエじゃなくて舞踏団。かっこいいお屋敷って感じではなくて薄暗く寒々とした街にある舞踏団のビル。寮に空き部屋ができたわ、と、スージーはそこで暮らし始める。
 正式なレッスンを受けたこともないらしいスージーだったが、頼み込んでのオーディションで見事入団を勝ち取った。そして、次の公演の主役を踊ることにもなる。
 プログラムを作ったマダム・ブランにもダンスの解釈で議論するほどのスージー。彼女の力強い踊りが死を招く。

 って、一応、ストーリーは、ある、あるのかな。あるんだけど。スージーは実は魔女だったのだーとか。
 不穏な気配。理屈はわからないながらもダンスによって死や生命が動く感じ。少女たちは操られているのか。舞踏団の大人たちは魔女を崇拝して守ろうとしている感じ。彼女たちも魔女なのか。
 精神の不安を訴えていた少女のかかりつけ精神医は、舞踏団に秘密があるだろうと探り始める。ラジオからはハイジャック事件のニュースが流れてくる。社会そのものの不安。現代の魔女狩り。少女たちは生贄なのか?

 オリジナルのようにスタイリッシュでステキ!って感じはなくて、街も部屋も寒々しく、まがまがしい気配や、よくわからない過去や、不気味な死体が短いカットで現れる。けれど、意味はわかんない……。これも三部作構想みたいなのがあるらしく、また作られるのかなあ? その場合前日譚にしたいとか監督には考えがあるみたい。
 けど、けどなー。何なんだろう。
 見終わってから、なんもわかったとは言えない……と途方にくれる感じ。場面のインパクトはすっごいある。特に赤い紐だけみたいな衣装、衣装っていえないような衣装で踊るプログラムとかさ。あれって、暗黒舞踏って感じ? この映画そのものが暗黒舞踏って感じ。暗黒舞踏についてとかよく知らないけれど。
 肉体のエネルギーみたいなのはすごくある。と、思った。舞踏団が舞台っていう迫力。

 ティルダ・スウィントンがマダム・ブランで、存在感ある。うつくしい、って単純には言えない、ティルダ様の人間離れした感じは相変わらずさすがすぎる。
 特殊メイクで、じつは精神科医も演じていたと。そして地下で肉体滅びそうなマルコスも特殊メイクのティルダ様だそうだ。マジかー。一人三役。それぞれ対立するような人物を、一人で演じるのって、それぞれがなんかメタというか超自我とかなんか、読み解くヒントなんでしょうか。わからない……。

 終盤、クライマックスとしては、地下での血祭。スージーこそが実は魔女で、舞踏団を支配しにきた、って感じ、かなあ。支配というか、なんだろう。新しい家族?
 
 魔女は記憶を消せるらしく、殺さなかった女の子たちは昨夜のことを覚えていない。精神科医を殺すことはせず、関わった女の記憶を消してしまう
 スージーが新たな魔女として、舞踏団で女の子たちの生命力というか精気みたいなのを吸って生きるみたいな感じなのかなあ。わからないけど。

 不安、不安定、魔女。恐怖に襲われるのではなく、彼女自身が恐怖をつかさどるものになるって感じ。強い女、なのか。どうなんだろうなあ。
 ともあれ、気になっていたのを見ることができて満足。楽しんだ。怖かったのは、そこそこかな。嫌な怖さではなかった。大丈夫だったよかった。不思議だったなあ。

|

« 『めくるめく短歌たち』 (錦見映理子/書肆侃侃房) | Main | 『短歌こぼれ話』 (大島史洋/ながらみ書房) »

映画・テレビ」カテゴリの記事