« 『はだかの太陽』(新訳版/アイザック・アシモフ/ハヤカワ文庫) | Main | 映画 「ボヘミアン・ラプソディ」 »

映画 「ヴェノム」

*ネタバレ、結末まで触れています。


映画 「ヴェノム」


11/2(金)昨日、初日に見に行きました!字幕版。
 最近、初日に行かないとネタバレくらう、という悲しみが。。。まあ、うーん。まあ、絶対見るって決めてて楽しみにしてて、ネタバレが早々にガンガンきそうなのはなるべく、出来るだけ、初日に見に行きたい……。

 で。
 トム・ハーディ主演! リズ・アーメッドが敵役! ってことですっごくすっごく楽しみにしてました待ってました見たい見たい見た~い!
 主演とか敵とかいっても、ダークヒーローというか、主演というか主役というかの、ヴェノムそのものが悪、凶悪、最悪、ってことですよね。
 私はアメコミ界隈、コミック誌のことは全然知らず。ヴェノムがスパイダーマンの宿敵、とかなんとからしい、というのもよくわからないのですが。そういえばスパイダーマンが真っ黒になったりしてた映画があったな、と思い出したけど、それがシンビオートだったったけどうだっけ、と、思い出せない。

 で。
 それはともかく。
 始まりはライフ財団という、天才青年が起業した金持ち財団が宇宙探査をしていて、彗星から謎の生命体を持ち帰ったこと。黒く、うねうねとしたアメーバ―状のそれはシンビオートと呼ばれる。
 地球に帰還の時に墜落してしまった宇宙船。そこから逃げ出したそれ。ライフ財団に無事届けられたそれ。それを研究し、哺乳類に寄生することによって生き延びるシンビオートとうまく融合できれば、人類は宇宙を新天地とすることができるのではないか。
 ライフ財団創始者の天才、まだ若きカールトン・ドレイクは人体実験を進めさせる。
 財団のやり方に疑問を持った医師が、いろいろ問題を起こして今は落ちぶれている記者、エディ・ブロックに内部情報リークを持ちかける。
 一度は、厄介事を断るエディだったが、ライフ財団を見過ごすことはできず、内部にもぐりこんで、シンビオートに寄生される羽目に陥る。

 そんなこんな。ヴェノム、というのは固有名詞、あのエディに寄生したシンビオートの名前なのね? シンビオートは種族名って感じか。リズに寄生した、地球にやってきたチームのリーダーの名前は、ライオットだって。

 ヴェノムはなんでエディに寄生しつくしてのっとってしまわないんだ、とか、あんまりよくはわからない。ヴェノムがいかにして地球に留まりエディと共生していくか、という始まりの物語なんですねー。謎めいた感じとかはそのうちわかるのかもしれないし、まあ細かいことはいいんだよ、って感じかもしれない。
 そもそも原作のコミックではお馴染みの悪役らしいし、いろいろ話が続いてたりするみたいだな。けどまあそこは私は追いきれないし映画は映画単体としてしか見られない。
 
 何より! トム・ハーディが~素敵~!可愛い~~~!きゃ~~~!!!
 最悪、凶悪、ダークヒーロー、みたいに煽っていたけれども、見ればとっても可愛くて、あ~漫画だな~って感じはあるし、ユーモアっぽさもたっぷり。くす、って笑っちゃうシーンいっぱい。
 ヴェノム、ちゃんと聞き分けいいもんねえ。ヴェノムに怯え、苦しみ、混乱した挙句の、仲良くなってく感じすっごい面白かった。トムハのいろんな姿が見られてすっごいすっごいよかった~!よく一人であんだけ演じきれるよねえ。

 ドレイクは人類の未来のためにだかなんだか、というか多分自分の思い付き最高って奴で、今現在の目の前の人、に関しては無能は死ね、せめて俺様の研究の役にたって死ね、というクールな天才傲慢っぷり。リズ・アーメッドのひょろっと、けどしなやかな感じ、そして大きな目が絶対零度で見下す様が、素晴らしく最高でほんっと悪い奴の役見られて幸せだった~。

 エディと付き合っていた、けれどエディの好奇心正義感にとばっちりをくらった元彼女のアン。しっかり次の彼氏を作っていて、医者で。その彼氏、ちゃんとまともにいい医者で、エディを助けてくれようとしてたのがすごい、いいねえ。まともな人だ。巻き込まれてタイヘンでしたね。
 アンも、巻き込まれただけなのに、でも自分でどんどん行動しちゃう、きゃ~とか悲鳴あげたりもしつつ、ちゃんと有能な彼女、ねー。
 エディが未練たらたらだから、ヴェノムちゃんが恋愛アドバイスしてくれたりするの、可愛すぎか。なんでそう、宇宙から寄生しにきてるのに恋バナで有効なアドバイスとかできるのよ~。こわ~w
 
 「ヴェノム」予告きた頃から、これ、触手プレイ。。。としか思えない腐った頭でごめん。だったけど、ヴェノムちゃんが地球に残るとか、ライオットに比べて自分は負け犬だとかこじらせてて、エディに共感して、気に行って、自分はエディの側にいよう~ってなっちゃうの、可愛いがすぎる。お前は俺のものだ。なんて言ってましたし。触手プレイ待ったなしでしょう。公式、えろす……。
 
 エンドロール後にも映像が。のやつですけど、厳重に閉ざされ警備されて囚われている囚人に、エディが面会にいって。伝記を書く仕事をするらしいけど、その猟奇犯みたいなやつ、は、誰なんですか。。。コミック読んでたりするとわかるのかなあ。
 まあ、ともあれ、これは続編作りたい作りますよ、ってことなのかしら。あんまり長く映画で続く続くってやられると疲れちゃうのだけれども、トムハエディもっと見られるなら大歓迎~。続編も作ってほしい。。。
 
 トムハ、リズくんの魅力漫喫~。すっごい楽しみました。悪いやつがさらに悪いやつをやっつける、ねー。もっとトムハエディが見たい。それにスパイダーマンと絡むならぜひ~見たい~! 共演、いつかなるかなあ。ともあれまずは、今作、すっごい楽しみました。好き。

|

« 『はだかの太陽』(新訳版/アイザック・アシモフ/ハヤカワ文庫) | Main | 映画 「ボヘミアン・ラプソディ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事