« July 2018 | Main | September 2018 »

『人魚と十六夜の魔法』(白鷺あおい/創元推理文庫)

 8月はいろいろなことが色々とあり過ぎて日記もすっかりご無沙汰してるな。
一応一段落はして、合間に映画も見てて、感想メモもおいおい書くとして。まずは先日読み終えたこれメモっておく。


*ネタバレ、結末まで触れています。


『人魚と十六夜の魔法』(白鷺あおい/創元推理文庫)


 ぬばたまおろち、しらたまおろち の第二作目ですね。待ってました~。8月の色々を乗り越えたら読もうとお楽しみにしてた。

 ディア―ヌ学院の春。新入生が入学してくる春で始まる。中等部、高等部がある学院。中学一年生の桜子たちに、高等部一年である綾乃たちがオリエンテーションをする所から始まる。
今回、視点が、綾乃だけではなく、その中学一年生たち、景山桜子たちと、前回から引き続き主役ってことかな、「わたし」である綾乃と、変わりながら話が進んでいく。

 登場人物も増えるし話の筋もあちこちいくし、ロシアからの転校生がやってくるしで、すごくたくさんたくさん盛り沢山の要素がもりもりなのに、すいすい読めて凄い。章変わりにお花❁と蛇🐍にょろ~なマークが入ってて、それで区別もつけられる。けど普通に読んでても読みやすいです。楽しい。

 今回はすっかり基本的に学園もの、という感じ。で、日常系ミステリで、妖魅、ファンタジーで、民族学的なこともあり、ロシアや吸血鬼なんて遠い国の妖魅も登場、人魚は小川未明の「赤い蝋燭と人魚」で、でもその解釈を巡ってのあれこれ考察とか、んで、ちょっとほんのり恋とか嫉妬とか、ええと、今こうして書き出していても、そんなに要素いっぱいでいいのかって感じだ。けれども、ちゃんと出来上がりは美味しくいただける一皿でございますという、ほんと、作者の力技なのか。。。面白いです。面白かったです。

 妖魅についての解釈が、ちゃんと今現代の、綾乃とかの目を通じて語られるので、とっても今の普通にわかる感覚としてはこういう解釈かも、という感じが面白い。
 アロウと雪之丞も単に一つになったわけではなく、二重人格的な感じなのかな? その辺とかまた続きが出て読ませて欲しいし~。成長していくにつれて、自分の中の自分に嫉妬とかすっごいややこしそうで気になる。いつまでもプラトニックではいられないのでは、とか、あ~これはよしこまな人間であるワタシが腐ってるせいですごめんなさい。

 ロシアからの転校生を追って、吸血鬼が、とかで、対決というか戦いもあって、それも上手くて面白かった。でも個人的好みだけど、アクションシーンが!もっと欲しい!なんかクライマックスな戦いの肝心な決着の所で光に包まれて場面転換みたいな、低予算映画で本格アクションはCG厳しいのでいい感じにフェイドアウトしました、みたいな肩透かしをくらった気分。
 でもまーこれは私が戦いとか好きだから、そこは殺せ、とか思ってしまうから、な。このお話としては、ここでより優しいというか、まあほんとは優しいわけじゃなくて、生き続けていくのそーとー辛い厳しいことになるよなとは思いつつ、まあ、一応は、生きていく、という道になるというのはわかる。
 そこで殺せよ、っていうのは一時のカタルシスかなあ。ともあれ学園もので彼女らは未成年で、って思うとこっちになって、でも厳しくて、というのもわかる。
 しかしそこ、ハリポタなら対決して死だろ~と思う、と、ハリポタの容赦ない加減もなかなか凄く思える。まあ帯で煽られるけど作品としては全然テイストは違うと思う。

 まだ続くかなあ。続いて欲しいなあ。綾乃がちゃんと成長して学院を出ていく、雪と、という感じで卒業まで描いて欲しいなあ。
 まだ今の所、学院の中の彼女たち生徒たちは勿論子どもで、子どもだからこその、あーもーそこは、自分らが、自分が、一人で勝手になんとかしたいとかじゃなくて、とツッコミたいこと山盛りで、あ~10代の子たちときたら、という感じでそのハラハラがドキドキです。成長していく姿が見たいかなあ。

 ともあれお楽しみを読み終わってしまった。8月が終わる。長い8月だった。暑過ぎる夏がまだ続くかなあ。秋が待ち遠しい。


|

映画 「ミッション:インポッシブル フォールアウト」

*ネタバレ、結末まで触れています。


映画 「ミッション:インポッシブル フォールアウト」


 3日(金曜日)に2D,字幕で見てきました。
 午後に行こうと思ってて、まあ平日だし、と思っていたら、わりとどんどん予約が埋まっていってたので行く前に念のため私も予約して行った。夏休みとはいえ。初日にみんな見たいものなのかと思う。勿論私も初日に見たい見るぞ!って行ったわけです^^


 前作、ローグネーションのがっつり続編。あれから二年、ということだけれども、レーン、イルサと引き続きのキャスト、IMFのハンリー長官と引き続きのキャスト登場。の中、ブラントくんがいないじゃないかーというのが寂しいわけですが、ホークアイでもある彼はIW関係の撮影のやりくりが難しかったり(MIの脚本がクランクイン時点で33ページしかできてないみたいな、撮影と脚本と同時進行的なものらしい……いやそれでこの話成立させるんだから凄い。凄すぎる。どういうことだよ……)という大人の事情的なものらしくて、まあ、登場がなかったのは寂しいけれども、あっさり冒頭で死ぬ起爆剤みたいなことにならなくてよかったなと思う。


 イーサンがジュリアとかつて結婚の誓いを交わした夢から始まる。愛し、結婚し、でもジュリアは身を隠して別の人生を歩むしかなかった苦い思い。
 今度のイーサンへのミッションは、プルトニウムを奪い返すこと。テロリストの手に渡る前にイーサンたちが買い付ける。だが、そこでルーサーを盾にとられたイーサンは、ルーサーを助けることを優先して核を奪われてしまう。
 爆弾は二つ作られた。それを奪い返す。CIAから、イーサンの動きを見張るためにウォーカーというエージェントがイーサンにつくことになる。
 裏切りの疑い。仲介者。ソロモン・レーンを巡る争い。そして、核爆弾が仕掛けられたのはカシミールの医療キャンプだった。世界の人口の3分の1が暮らす地域の水源が汚染される。そして、そのキャンプには医師としてジュリアと今の夫も参加していた。

 そんなこんなで、前作の続編であり、シリーズ集大成という感じがすごくしました。ジュリアとの結婚とかその後離ればなれに、というのはこれまでちょっと軽く描かれてきてたと思うんだけれども、あーこんなにもイーサンの心に深く深く深く重く大事な出来事だったんだなあと改めて見せられた。ジュリアを愛してたんだねえ。まあ、愛してたよね。結婚したって浮かれてたイーサンは完全にバカップルだったもんな。
 てことで、ジュリアが終盤にはちょっと任務を手伝うようなことがあったりもして、そして、最後には、今私はちゃんと幸せに生きてる、暮らしてる。あなたは居るべき場所にいて。私も居るべき場所にいる。という、ほんと、イーサンを今も愛して大事に思っているし、けれど今の生活もちゃんと幸せにいるよ、という言葉をイーサンに贈って、そして、イーサンは許される、という感じなんだね。

 イーサン・ハントは超人で凄腕スパイ。それは間違いないんだけれど。シリーズ進むにつれて、たった一人で戦うスパイじゃなくて、人とのつながりとかチームを得るとか、そういう変化があったなあと思う。特にゴースト・プロトコルあたりから。はっきりチームプレイになったと思う。
 今回はほんと、原点に立ち返る、から集大成って感じで、イーサンこそが裏切り者なんじゃないのかという味方であるはずのCIAからの疑いからの孤立、と、でも少数精鋭信頼できる仲間がいるんだよ。すごいよかった。

 ちょっと、イルサが、イルサと、イルサのことをイーサンも実は大事、みたいなのが、ルーサーの言によるとちょっとラブロマンス的雰囲気になっちゃって、そこは~それは~~別にロマンティックにしなくてもいいのに~と思ったね~。まあ~んん~。あと仲介者のホワイトウィドウにパーティ会場で近づくとか、突然キスされるとか、イーサン、モテてました。ちょっと007風味。というかこれもまあ原点に返る、かな。スパイはハニトラもしますよ~的な。まあでも一応、あんまりべたべたでもなかったので、まあ、まあそっか、という感じ。

 そして今回もベンジーがめっちゃ可愛い~^^
 ベンジーを守る、ってまた言ってたよイーサン。でも方法は今考えてる、とかさ。ベンジー今回は前作ほどの出番はないにしても、ちゃんと軽さくれてほんっといいキャラ。可愛い。イルサにも守られてたよ~~カワ(・∀・)イイ!!

 イルサが、やっぱまた英国様のせいで関わってくるんだけれども、なんかちゃっかりいつのまにかイーサンとチームに合流してるな~というのが、可笑しい。車にさらっと同乗してるけど誰もつっこまないのかーそうかー。
 ベンジーの危機に、自分も囚われて拘束されてるのに、むぎゃーって怒髪天をつく!って感じでガンガン攻撃に転じていくの最高かっこよかった! ベンジー守られてる~^^
 イルサは仲間のいないイーサンのよう、というのは前作で言われてたことだけれどもイルサもまたイーサンの仲間になり、チームになり。で、今度こそスパイ稼業から離れられるかなあ。でもなあ。あんだけ優秀で、本人もイーサンチーム好きになってる感じだからなあ。次があるとしてまた登場しても不思議じゃないって感じ。

 そして! ヘンリー・カヴィルさんですよ。CIAの殺し屋。ウォーカー。仕事だから悪く思うな、ってさくっと人殺すタイプね。最初はイーサンのお目付け役、とはいえCIA職員なわけですが、中盤からは、やっぱお前が裏切り者か!ってことで、終盤のヘリアクションとか悪~い感じですごくよかった。最初の方の、予告でも見てた、トイレでの肉弾戦な~!かっこいい!凄い! つか、あの時、ウォーカーとイーサンと二人がかりで頑張って戦った敵の人すっごい強いな!ってびっくり! 面白かった!!!
 カヴィルさんはもちろん肉体美最高だし、顔もハンサムかつ可愛い目だったりもして、いや~も~ほんっとに画面にいるだけで眼福。トム・クルーズとの体格差も最高。可愛くとぼけたり、裏切り者とバレてからも平然とすましたりしてるのも最高~。
 スーパーマンだもんね、とか、アンクルの時はちゃんとCIAだったもんね、とか、そういうキャストのイメージからの重ね合わせと、でもバレバレにお前が裏切り者だろ~~っていうのがわかるのと、ほんと面白かった。
 
 イーサンの物語なんだな、という感じが強く出てた。イーサンの夢から始まるし。途中も、潜入任務の中で警官殺しをしなくてはならない、というイメージとか。イーサンの内心、イーサンの夢が何度か出てくる。
 超人スパイとしてのキャラ、から、ほんと、チームになってきたここ数作で見せられてきた、ベンジーからの無茶ぶりに困ってしまうイーサンとか、やべーよ痛いよ危ないよ~って顔しつつやっちゃうイーサンとか、ほんと、人間らしくなってるんだよねえ。
 
 今回、撮影中に足先だっけ、骨折、というニュースを観客である私は知ってて、あ~このシーン、って思いながら見たり。宣伝でもそれすごく利用してたし。トム・クルーズ=イーサンってことをバンバン宣伝してて。
 そして、トムの自分でこなすアクション凄すぎる、というメタ視点と、作中でのイーサンの姿と、ほんっと見てるこっちが二重写しに重ねてしまう。
 凄すぎるよね。今回も、カーチェイスは勿論、バイクでもヘリでも!崖からのぶら下がりやクライミング。勿論肉弾戦。これでもかこれでもかこれでもか!!!と、アクション山盛りてんこもり。よくそんなの思いつくなあってことだし、よくそれトム、やってるな???マジか??? ってねえ。ほんっと凄い面白かった。かっこいいことこの上ない。

 そして無事世界の危機はぎりぎりで回避されました。今回、ハンリー長官が亡くなってしまう、ということはあったけれど。
 イーサンは、目の前の仲間を。目の前の一人を、世界の危機より先に助けようとしてしまうという、それが弱みであり、強さであり、という描かれ方。だからこそハンリー長官は信じたけれど、でも、悲劇は起きる。ルーサーを助けたけれども長官はダメだった。いつも、いつも、完璧ではいられない。
 ジュリアを愛していて、でも彼女の人生を奪ってしまったのではないか、というイーサンの苦しみは癒された。ジュリアは幸せに暮らしていると。
 そして、イーサンはボロボロに傷つきながらも生き延びて、仲間からのお見舞いで笑ってしまって、笑わせるなよ痛い、って笑っちゃって。すごい幸せなエンディングだった。

 シリーズ集大成だと思うし、これで一区切りついたのではないかと思えるし、トム・クルーズにこれ以上のアクション追及されてもむしろ怖いわやめて、っていうか。シリーズがこれてひとまず終りになってもいいくらいに漫喫満足した。
 モブっていうか、仲介者の手下のやつらとか兄とか? そういうちょい役の男たちがやたらいい体の個性的ハンサム揃いで、おお~~なんかサービスいいな~ありがとうトム~って思っちゃった。
 そしてレーンは英国様に引き渡されて、でも今回も死ななかったわ。まだ続くのかなあ。うーん。
 ともあれ、あらゆる場面が本当に隅々まで素晴らしくかっこいいし信じられない凄いアクションの連続だし、なおかつけっこうしんみりじっくりイーサンの心に思いをはせたりもできるわけで、ほんっと凄いな。面白かった。やっぱりトム・クルーズ大好き!^^

|

« July 2018 | Main | September 2018 »