« 『ファルコナー』(ジョン・チーヴァー/講談社) | Main | 現代短歌シンポジウム ニューウェーブ30年   「ニューウェーブは何を企てたか」 に行ってきた。 »

映画 「デッドプール2」

*ネタバレ、結末まで触れています。


映画 「デッドプール2」

1日(金)に見に行った。
ライアン・レイノルズが来日してのプロモしてくれたり、毎度ながら公式のツイッターアカウントも面白く、楽しみに待ってました^^

 さて、しょっぱなからクライマックスだった!
 適当な感じで悪い奴らやっつけたりしているデッドプール。しかしある時やっつけ損ねた奴が、ウェイドを襲いにきて、最愛の彼女、ヴァネッサがとばっちりで殺されてしまう。
 なんで!
 こんなヒドイことってある!?
 てな感じのオープニングが007風味で、えっ??? マジ??? 彼女こんないきなり死んじゃう??? つか007風味~きゃ~、ええええ??いやいやいや、こ、これ、どういうテンションで見ていいのかわからないっ。

 最初からカオスに放り込まれる。どうやら本当に彼女は死んじゃったみたい。二人でこれから子どもつくろう。きっといい人間になれる、っていってた矢先の事で、ウェイドの落ち込みは自殺試みるほど。でも不死身のスーパーパワーだから死なない。爆発でそーとーバラバラになってたっぽいけど、それでも死なないのかあ。どうなってるんだろう。
 まあ、そんなこんなで落ち込んでるんだけれども、Xメンな仲間にひっぱられたりで、ちょっと立ち直りかける。
 ミュータントな力を持つ少年が暴れる所を救いにいったり、な、所で、未来から腕が機械のゴツイ男がやってきて、少年を殺そうとする。ってこういう感じは「ターミネーター」ですかね。
 山ほどいろんな映画とかいろいろのネタがある、ありそう、だけど、私には到底全部はわかんない。わかるのはニヤっとするし、わかんないなりにも、なんか面白い。カメオ出演の豪華さとかもわかんないけど、まあ、なんか遊んでる感じはわかる。
 
 そんなこんなで、少年は何故狙われるのか。ウェイドはヴァネッサを失った傷心から、子どもを救わなくちゃって思ってがんばっちゃう。ヴァネッサに謎の壁越しに出会うあの感じは、「インターステラー」かな。
 本当に本当に、ウェイドは彼女が好きで、大事で、彼女と子どもつくろう~って言ってた言葉を頼りに、少年をなんとか救わなくちゃってなってて、健気なんだよなあ。
 しかし謎のマシンマンは強いから仲間集めよう~とか、まあ、何かとやっぱドタバタ。可笑しい。スーパーパワーのメンバーを集めてXフォース!ってあのポーズは「ブラックパンサー」だよねえ。そのパワーもなんか微妙~だったり、別にパワーはないただのおっさんとかも採用されてたり。あっという間にみんな雑に無駄死にしてたり。ビル・スカルスガルドがいるぞかっこいい~!って思ったら、ほんとダメ、さくっとゴミの中だった(泣)。可哀想可愛い。
 マシン男が少年を狙う理由は、今この時に人殺しを覚えてしまった彼が後々、なんの罪もない人、男の家族を殺したりするように暴走してしまうから。家族が大事。家族をつくろう。家族になろう、って、ほんと、これもファミリー映画だ。子どもには見せられないけどw

 相変わらず無駄にお喋り、無茶苦茶でひどかったりなんだけれども、俺ちゃんなりの筋は通すっていうか、俺ちゃんの善良さみたいな所がちゃんとあるので、無茶苦茶なりに感動するんだよなー。
 スーパーパワーが無効化される首輪みたいなのがあって、それはめて収容所送りになると、ウェイドは癌患者でしかない、という切なさ。自分でもヴァネッサがいない世界なら死んじゃってもいいって思ってる。そういう、純情さみたいなのもなあ。可愛い。

 なんかあの、巨大な悪い強いヤツ、みたいなキャラが私はわからなくって、でも原作から知ってる人には人気なのか。マシン男は敵じゃなくなり、なんとか少年を救いたい側になる。
ウェイドの願いはなんとか叶って、少年は自分を虐待していた施設の校長を殺しはしなかった。
 でもタクシードライバーのドーピンガーくんがさくっとひき殺してたw まあ、悪いヤツは報いを受けます、か。

 タイムマシンのおかげで死ななかったデップ―ちゃん。デップ―を助けて自分は未来へ帰れなくなったマシン男。ケーブル、ね。彼は、どうなの。今後仲間になるのかな? 原作は知らないもので。。。
 ネガソニックちゃん、ユキオちゃんのビアンカップル、公開前にやっぱ日本では話題だったけども出番はちょっぴりだったねえ。でもまあ可愛かった。ネガソニックちゃんは天才なんだっけ、タイムマシンを直してくれたし。
 そして、過去の過ちを正す! ってデップ―はもちろんヴァネッサが死んだ所へ戻って彼女を助けるよねえー。ついで、って感じでグリーンランタンに主演しようとしてるライアン・レイノルズを殺すw グリーンランタンを私は見たことないんだけど、こんなにもネタにされまくりで、むしろ今見たくてしょうがないわ~。どんだけひどいんだろう。。。
 そして! ヒュー・ジャックマンのウルヴァリンもちらっと登場! その昔のXメンの時のデップ―を見た記憶がないので、それも見直したいよな~。俺ちゃんにつられまくるわ。

 公開になるぞーっていう盛り上がりから、期待して、期待通りしっかり面白くて、すごい。
 楽しかった。感動もしちゃうし、アホらしくもある。ライアン・レイノルズがんばって、そして楽しんでるんだろうな~って思う。この、メタになる感じ、まさにデップ―なんだろうと思う。観客巻き込みまくり。これからも楽しませて欲しい!

|

« 『ファルコナー』(ジョン・チーヴァー/講談社) | Main | 現代短歌シンポジウム ニューウェーブ30年   「ニューウェーブは何を企てたか」 に行ってきた。 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事