« 映画 「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」 | Main | 映画 「レッド・スパロー」 »

「ヌード NUDE-英国テート・コレクションより」 「談ス/NUDE」


*ネタバレしてます。


4/5日(木)横浜美術館「ヌード NUDE-英国テート・コレクションより」

「談ス/NUDE」19:00開演

見に行ってきました。
「ヌード展」は、始まるよって予告の時から、ロダンの「接吻」のポスター
がすごくきれいでそそられてた所、このダンスパフォーマンス? が、
ある、と知りまして。

それは何? って、ほんとこの企画で初めて知って見たのでした。
大植真太郎、森山未來、平原慎太郎の三人。ダンサー、と、いう枠のみならぬ
ご活躍、なんだろうか。森山未來は知ってる、ドラマや映画見た。
けど、何があるのかわからないなあって、そんなぼんやりで見に行ったら。

横浜美術館は木曜日が休館日。なのでこの企画のための特別な日なんですね。
入場開始は17:30から。並ぶのは17時以降にしてください、とのことで、
私は17:15すぎくらいに美術館到着。並ぶのかな? どのくらい? って
わからなかったんだけど、まあ、ほどほどに、並んでて、大体時間通りの
開場でした。

まずは展示見に行きました。ほんとは場所取りとかするべき?とちょっと
迷ったけれども、ステージ、ほぼ正方形で、ロビーにあって、四面全部
囲んでの立ち見、って感じ。一人で行ったしやっぱまずは展示見たいので、
まっさきにロダンの「接吻」見に行った。

人がまだほとんどいない中で、真っ白な像を舐めるように眺めたおす。
綺麗。
うっとり。
等身大よりだいぶ大きい。大きな、足。手。背中。滑らかな肌。キス。
最高。
うつくしい。
ものすごく触ってみたい滑らかさに見える。けどもちろん触ってはダメ。
フラッシュなしなら写真オッケーなのか、ってことでスマホでとりました。
どの角度でもどんな風でも、素晴らしく美しい。すごい。ううあ~、と
何度も何度も眺めまくって、人も増えてきたので、改めて、他の展示も
見に回りました。

ジャコメッティのブロンズ一つあった。
フランシス・ベーコンのスケッチ、大き目の油彩二点。楽しい。
メイプルソープの写真いくつか。ベルメールの人形もあったわ。楽しい。
でもいろいろと、じっくり、落ち着いて、という気分にはなれなくて、
この後の談スってなんだろうどんなのだろうと気もそぞろ。
展示はまたもう一回見に行きたいなあ。
ひとしきり眺めて二周くらい、ロダンは3,4回見に行って、ロビーへ
降りました。あ、グッズ売り場も素敵で、英国土産的なのもあって、
あれまた買いにいきたいわ。マーマレード買いたい。昨日は重いと思って
見送った。

で。
18時半すぎくらいからステージの側で立ち尽くす。すでに人が取り囲んで
いるので、その隙間から見られる、二列目くらいな感じの所に立つ。
ステージといっても、高さは50センチもないくらいかな?
床に、ここから入らないでね的なラインはあるものの、ほんと、近い。
この間近で見られるのか、と、ドキドキする。
真っ白な場。丸い、高さのあるテーブル。それと、床にも何か、丸いもの。
あれ、最初わからなかったけれど、なんか、スライム? ぺろーん、
べちょーって、伸びてくっついて流れてでもくっつかない。金色のスライム?

ちょっと楽しい開始アナウンスがあって、始まり。
すーっと始まるのね。三人入ってきて、上がって、最初はポーズきめて
みたりウォーミングアップ的に体くきくきしたり。

音楽も何もない。

ただそこに三人がいて、距離が近づいたり離れたり。なんかちょっと喋ったり
ただ呼吸あわせたり。
二人で、一人で、三人で、動いて、絡み合って、組み合わさってもたれあって
動いて動いて動いて動いて。
すごい。
なんだかわからない。
けっこう笑わせてくれる。
でも物凄い圧倒される。

スライム使って、というか、置いたり持ったりちぎったり。あの流れ、あの
感じに一体化して動いたりしてる、のか。

にんげんの身体、って思う。
人の身体ってこんなにも動くのか。
人が三人。別々の人だけどひとつになったり。
信頼してあずけて、受け止めて、という、その、わかんないけどその感じに
感動してしまう。そんなにできるものなのか。

私はでも物語が欲しいしないとわかんないって思うしない中に無理にでも
見出そうとしてしまうなあ。
けども、そこにあるのは断片、って感じ。
でも絡み合う三人の身体、という圧倒的な力がすごくて。
ヌード、ヌード展。
にんげんのからだ。

最後の終りで、ヌードになるかな~ってところでならずにおしまい。
面白かったなあ。
スライムがテーブルから流れるのものすごく綺麗だった。

何が行われてるのかわからない~と思いながらひたすらひたすら見つめた。
すごいよなあ。
あんなに三人絡み合えるものなのか。にんげん……。
うー。全然言葉に出来ない。
見に行けてよかった。
なんか、公演(?)はまだあちこちであるようで、これから、というか、
たぶん毎度変化するんだろうなあ。大まかな流れはあるにしても。不思議。

茫然として帰りの電車の前にコーヒーを飲む。絵を見て回り、ステージ、
大体60分、だけどそれよりもうちょっと長かったな。じっと立ち尽くして
いたので、足痛い。腰も。さっきまで見ていた身体とは全然違って私の
身体は動かない。やれやれ。ふー。って、少し別世界から戻る感じに休んで、
帰宅。
すごかったなあ。

|

« 映画 「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」 | Main | 映画 「レッド・スパロー」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事