« 岡崎裕美子×せきしろ 「短歌と俳句、言葉の魅力」 『わたくしが樹木であれば』刊行記念 | Main | 横浜美術館 「石内 都 肌理と写真」 »

映画 「The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ」

*ネタバレしてます。


映画 「The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ」


2/28(水曜日)に見に行ってきました。
ソフィア・コッポラ監督作品。


南北戦争のさなか。森できのこを採っている少女は、敵である北軍の兵士
を見つけた。彼は怪我をしている。エミリーは学園へ彼を連れて帰った。
女子寄宿学園、今暮らしているのは5人の女の子と2人の先生。帰る場所の
ない彼女たちは戦火から隠れるように暮らしている。
女たちばかりの屋敷に一人の男。
軍に引き渡すと死んでしまうかも、キリスト教の慈愛の精神、ってことで、
彼の怪我がある程度よくなるまで休ませることにした。

そのジョン・マクバニー伍長がコリン・ファレルでさ~。最初はもじゃなのに
ちょっと身ぎれいにして髭をそったら、まあ、ハンサムなわけじゃん。
彼の治療をして体を拭いてあげるミス・マーサがちょっと大事なとこの時に
ためらったりする感じとか、もう、じつに、秘密が起きる、という感じ、
すごくいい~。ミス・マーサはニコール・キッドマン。

豪華キャスト、限られた場所。女たちの秘密。
すごく綺麗であやうくてとってもよかった~。
戦時下、という中のリアリティって感じは少ない。自分たちで畑仕事や
庭仕事してる、自給自足って感じではあるけれども、お洋服とかドレスとか、
綺麗なんだよねえ。
布地たっぷり使った襞のスカートやドレス。まあもちろん、時代がかった
洋服ってことかなあ。軍隊から脱落、怪我してた伍長が目覚めた時には
ここはパラダイスかなって思ったでしょう。女の子たちみんな素晴らしく綺麗
可愛い、清潔で静か。

しかし、欲望のめざめ、ね~。
また伍長がそれなりにきちんとジェントルマンだから、女たちがうきうき
しちゃうのもわかる~。

で、まあ、勘違いすれ違い欲望の渦巻きの果てに、また伍長階段から落ちて
酷い怪我をする。もともと痛めていた足がさらに複雑骨折。
もう脚を切り落とすしかないわ、と、ミス・マーサはばっさり外科手術。

ここでもう死んじゃった?? って思ってしまったけど一応、まだ大丈夫で
でも目覚めた伍長は錯乱する。まーそりゃやっと元気になってきたぞ、って
時に目覚めたら足切られたとか、パニックになるね。待って落ち着いて―、
って見てると思うんだけど、恐怖にかられた女たちは、彼を殺してしまおう、
という決意に至る。
毒キノコで。

死体を綺麗な布で包んで縫い閉じて、学園の門の所に放置する。味方の軍に
もって行ってもらうのだね、と、いう。

まあそりゃこれは、伍長殺されるな、と、途中でそれしかないなと思った
ものの、原作だとか昔の映画?なんかは私は知らないので、ドキドキして
面白かった。

それにやっぱり眼福。女たち~~。衣装も見た目もほんといろいろに素敵で
うっとりできる。
ああいう場でも、夕食にお招きしましょう、なんって夕食会ってやったり
するのねえ。お着替えシーン楽しい。

コリン・ファレルもとってもよかった。ワイルドハンサム~な感じと、
精一杯お行儀よくしてここで隠れ住ませてほしいって感じの、やさぐれ兵士
な感じと、パニックでモンスターになる感じとか、いろいろと凄く好き。
キャストみんな見応えあって、満足しました。


|

« 岡崎裕美子×せきしろ 「短歌と俳句、言葉の魅力」 『わたくしが樹木であれば』刊行記念 | Main | 横浜美術館 「石内 都 肌理と写真」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事