« 『ダイオウイカは知らないでしょう』(西加奈子/せきしろ/文春文庫) | Main | 『去年ルノアールで』(せきしろ/マガジンハウス) »

『カキフライが無いなら来なかった』(せきしろ×又吉直樹/幻冬舎)


『カキフライが無いなら来なかった』(せきしろ×又吉直樹/幻冬舎)


せきしろさんの本を読んでみよう第二弾。(個人的に)

これ2009年刊行。これ、出た時、お笑いの又吉さんの本、って感じで
ものすごく面陳されまくってたのを見たけどその時は手にとらなかった。
何の本なんだかわからない。
自由律俳句、らしい。無季自由律俳句? かな? よくわからない。
俳句のことはもっとわからないし。

で、中を読んでも、なんの説明も解説もなくて、わからない……と思いつつ
どんどん読んだ。
これを俳句と名づけたいのは何故なんだろう。そのー、自由律したい人が、
俳句とか短歌とかの枠をつけて外れて、っていうのが私にはわからなくて、
そういう名前の枠なしで、一行詩、ってことにすればいいのでは??と思う。
けどまあ、何かしらの名前の枠があるほうが親しみやすい? いや、詩って
ことだけで良くない?? と、思う。ん~。

でも読むとこれ面白いなーってずずーっと読みました。
こういうのこそ、才能の世界なのか。
詩だなあという感じはする。
もちろん、いや? なんで? 全然わからない?? ってのもたくさん。
でも分量多いんだよな。この畳みかけてくる感じのじわーっと迫力あるの、
おされて、うう、面白い、と思ってしまう。うーん。
ページの右がせきしろさん。左が又吉さん。この、どっちがどっちなのか
よくわからない感じ。呼応してる、わけでもない、なんか、その配置とか
そういうのもよくわからない、ような。わかる、ような。
そして時々挟まれるエッセイ? 文章、も、面白くてとてもいい。
まあやっぱり私は散文が好き。文章がいいと好きになれる。

自由律俳句、なのか、どうか、わからないけど、好きだなと思ったのに
付箋つけたらすごくいっぱいつけまくりになってしまう。
好き、と思える瞬間と、それで付箋つけまくりになって、いやちょっと待て、
と思って見直すと別にそんなよくもない、と、外しちゃう感じと、
すごく揺れ動く。なんだろうなあ。詩ってそういうものかなあ。まあ、
なかなか簡単にはこれだってゆるぎないものに出会うことは、少ないから。

読んで読んで、うーん、ってなったり面白かったしハッとしたり。
なんかすごくじわ~~っとわかる~って思ったり。わからないけど好きとか。
読んでみてよかった。言葉、言葉なあ。言葉の力を思う。

いくつか、好きなもの。


  不法投棄されたゴミ達にも夕立  又吉直樹

  玩具で子供に撃たれる何度も  せきしろ

  どれも全巻ないあなたの家で  せきしろ

  あの猫は撥ねられるかもしれない  せきしろ

  花束でドーナツ店の席を確保している  せきしろ

  空車タクシーの連なりが獣みたい  又吉直樹

  耳鼻咽喉の看板が阿鼻叫喚に見えた夜  又吉直樹

  結婚式の写真を見なければいけない流れ  せきしろ

  スズメが何か小さいものを食べている  せきしろ

  手で触れられた所が熱いのだが  又吉直樹

  いると思って話していた  せきしろ

  あの娘も僕も市外局番は同じ  又吉直樹

  古本屋の店主が同い年  又吉直樹

  不機嫌なのが伝わってなくて驚いた  せきしろ

  誘われるまで帰るふりをする普通に普通に  又吉直樹

  潰れた店の中造花だけ生きている  せきしろ

  文房具売り場で試し書きされた蛍光のバカ  せきしろ

  部屋に蜂が入ってきたもうだめだ  せきしろ

  雪が静かにしてくれている  せきしろ (これはエッセイつきのやつ。病室にお見舞いに行って、見舞い相手は寝ていて。ものすごく好きだった)

  まだ何かに選ばれることを期待している  又吉直樹


又吉さんは芥川賞作家になったもんねえ。小説も、いつか読むかなあ。

|

« 『ダイオウイカは知らないでしょう』(西加奈子/せきしろ/文春文庫) | Main | 『去年ルノアールで』(せきしろ/マガジンハウス) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事