« 映画 「シェイプ・オブ・ウォーター」 | Main | 『特捜部Q ―自撮りする女たち―』(ユッシ・エーズラ・オールスン/ハヤカワポケットミステリ) »

映画 「ブラックパンサー」

*ネタバレしています。


映画 「ブラックパンサー」

3日土曜日に、IMAX、3Dで見てきた!
予告を見るたびかっこいい~すごくかっこよさそう!って期待してたの。
実際見て、うっわーすごく期待してたのにさらに期待以上にかっこいい!
感激感動だった~。


1992年、だっけ。ワカンダからアメリカにスパイにきていた弟に会いに
きた国王、ティ・チャカ。だがそれは弟の裏切りを確かめ捕らえるため
だった。

そして現代。
敬愛していた父王を亡くし、ワカンダの新たな王になるティ・チャラ。
王になる儀式に出席してほしいと、かつての彼女ナキアをつれにきた。
王になる儀式とは、ワカンダの部族一同に認められること。
遠く岩地に住むエムバクに挑戦を受けて戦い、倒して王座につく。

英国の博物館で、古いワカンダの品が盗まれる事件が起きた。ワカンダの秘密、
ヴィブラニウムで作られた物。それを盗んだ奴は父王を殺した犯人。
クロウを追うため、ティ・チャラは自ら盗品で取引するらしい韓国へ飛ぶ。


って、えーとあらすじ書いていくのも大変。みっしり物語も濃厚だった。
でもざっくり言えば、新たな王となる試練。王座を継ぎ国を治め、国を
変えるためには、戦い抜かなくては。
新たな王が自らの国を取り戻し、正義を行おうとする物語。

指輪物語みたいって感じあったなあ。
マーティン・フリーマンも出てるしね。ホビットだけど。
ロスってこれまではちょこっとだけの出番で、サラリーマンかよ、みたいな
感じだったけど、今作ではかなりの活躍!元空軍で腕利きのエージェント
なんだねえ。その、元空軍っていうのを活かしての空中戦とかあって、凄く
かっこよかった!渋い~。自分に危機が迫る中でも仕事やり遂げる!

予告の頃から、衣装とかデザイン何もかもがかっこいいなあと思ってたけど、
実際ほんっと、あの世界、ハイテク未来~な感じの中のアフリカの意匠が
沢山。カラフルでかっこよくってすっごい。何なんだあの完成度。凄い。
いや~ま~もちろん、マーベルの大作だし、あらゆる一流クリエイターが
ありったけめいっぱい本気で隅々まで作り上げていってるんだよなあ。
それにしても、それにしても凄い。ものすごいかっこよさの塊!

バーフバリの時もかっこよさが物凄すぎてしぬ、って思ったけど、こっちも
今度はアフリカンなかっこよさの塊がどかどかきて、やられる。凄い。
もー、すごいよ。綺麗かっこいい鮮やかで細やかで。

キャラもみんなみんなすっごく強くてかっこよくて素晴らしかった。
近衛兵? オコエがまず強い!かっこいいでしょ。ナキアも強い!かっこいい。
妹ちゃんは天才科学者か~。女王もさっすが肝が据わってる。女性キャラが
のきなみ素晴らしくかっこよくって素晴らしい。もちろん男性キャラもさー。
部族の長であることとか、なんか、こう、豊かな国ワカンダ、その豊かさ
強さっていうのはこういう理想の世界なのかなあ。
一番弱いのは陛下なのでは~~。
突然父を亡くし、新たな王となる不安。時代の変化の中、何を行うのが
正しいのか。国の外、世界から目をそむけワカンダさえよければいい、
ヴィブラニウムの秘密を知られてはいけない、という大義名分で国を
閉ざし隠したままでいいのか、どうか。

アメコミって読んだことないのだけれども、これ、こんなにも政治とか
統治者たる苦悩とか、描かれるものなんだろうか。もちろんとても単純化は
されてると思うけど、この映画って、ほんっと、今の「世界」の中で、
ヒーローたるには、ということを問いかけ作品なりの答えを出して示して
いるものだと思う。
理想の国、ワカンダ。でも、自分たちだけが豊かであればそれでいいのか。
自分たちの国は大事。でも、外の世界にも仲間はいて、その窮状を知りながら
目をそむけていていいのか。ワカンダが素晴らしい国であることが空虚で
あるという風に見え方が変わってくるんだよなあ。

最後、少年の前に現れたティ・チャカは確かにヒーローだった。
少年の目にかっこいい大人であるということ。少年の目に、希望として
うつること。
自分より弱い者を守ろうとすること。
希望。
未来。
そういうものを体現していく、ヒーロー映画。凄い。

敵、も、また、実は虐げられていた少年だった、えーと、従弟かな。父王の
弟の子ども。王位継承権があるのに、外で孤独に生きて復讐心を育てるしか
なかったキルモンガー。父王の過ちを知り、ショックだったがゆえに、
弱くなってしまうティ・チャカ。
豊かで美しいワカンダの話を少年の頃聞かされていたのに、その祖国に父を
殺され奪われ、恨みを支えに生きてきたキルモンガー。悲しい。
ブラックパンサー同士な二人の戦いもかっこよかった。そして、最後に夕陽を
見せることしかできなかったティ・チャカ。キルモンガーのように武器を
じゃかじゃか表に出して黒人同士で決起しようってわけにはいかなくても、
なんとか、ワカンダの力を世界へ開くことをしなくてはならない、って、
陛下もそりゃ思っちゃうよなあ。


韓国でのカジノシーンとか007っぽさがあったなあ。
カーチェイスもすっごかった。かっこいい~!
妹ちゃんの天才科学者って感じも007のQ風味だったね。

ワカンダ内部での反乱というか、内部抗争も。戦う部族ごとの特色が
あって、カラフルでかっこいいんだ~~!
王の近衛兵、もちろん強いし。
オコエがさ~~~、もう、ほんっと。近衛兵として王座に尽くす、とか。
戦う女戦士たち、ほんっとかっこいいんだから~。

映画一本だけれどもね、スパイ映画とか国を治めるとか動かすとかの政治
の話とか、新たな王となる、王として奪われた王座を取り戻す古典的神話的
お話だったりとか、旅をする仲間とか、なんかこう、すっごくいろんな
世界がつまってて、でもそれですべて、ティ・チャラという新たな王の誕生
の物語としてがっしり組み上がっていて、ほんと凄い。
アクション映画かっこいい~!って単純に楽しくもあるし、リアルに今の
世界を憂い、希望を描くヒーロー映画であるし。
私にはうまくまとめられないけど、ほんっと、素晴らしくかっこよくって
大満足でした。音楽もいい~~。

アベンジャーズつながりの感じが、えっと、ええとー父王が亡くなった
テロだとかは前のアベンジャーズだっけ、と、思いつつ、それちゃんと
覚えてないなあと思ったけどまあ、そこは深く気にせずに見た。見直して
なかったけどまあ、大体大丈夫。
そしてエンドロール後では、バッキーが冬眠から蘇ってましたね。
そしてインフィニティ・ウォーへ、ってことなんだよねえ。
あ~~ど~~なるのかなあインフィニティ・ウォー。ヒーロー盛り沢山で
タイヘンそうなんだけど。キャプテンアメリカとアイアンマンはどうなるのっ。
ワカンダが国を開いたこととかも描かれてくんだろうか。
すごく、楽しみ。こわい。楽しみだ。


|

« 映画 「シェイプ・オブ・ウォーター」 | Main | 『特捜部Q ―自撮りする女たち―』(ユッシ・エーズラ・オールスン/ハヤカワポケットミステリ) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事