« 映画「きっと、いい日が待っている」 | Main | 『ヒットの崩壊』(柴那典/講談社現代新書) »

映画 「スリー・ビルボード」


*ネタバレ、結末まで触れています。


映画 「スリー・ビルボード」


アカデミー賞有力候補、というかすでにいろいろな賞とってて、なんだか
見た人たちの感想もすごいらしい感じだったので見にいってきた。


アメリカ。ミズーリ。ミルドレッドは道端のさびれたビルボードに目を
とめた。田舎道。誰も注目しないはずのその3つのビルボードに彼女は
広告を出す。レイプされ焼き殺された娘のことを、警察署長に訴える広告を。


最初、娘を殺された母の愛が犯人逮捕に向けて執念を燃やす、みたいなこと
かなーと思っていたら、なんだか話の展開が全然先読みできなくて、ずっと
え? おお?? は??? なんで。ひどい。嘘。やばい。ええええ???
と集中して見てた。

ミルドレッドはもちろん娘を殺した犯人を野放しにしてる警察を動かしたくて
始めたのだけれども、名指しの警察署長は癌であること。小さな田舎町。
住人はみんなそれを知ってる。娘を殺されたことに同情はされているものの、
あんまり感じ良い隣人ってわけでもなさそうなミルドレッドのやり口には
反発の方が多かった。警官はもちろん住人にもいい顔はされないミルドレッド。
神父さん?が訪ねてきていさめたり、息子ロビーは学校で悪口言われたり
してしまう。
それでも、諦めないミルドレッド。
しかし、署長は病をきっかけに、おそらく広告のダメージもあって、
家族を残して自殺してしまう。
八つ当たりのように、ディクソン巡査は広告会社のレッドを殴りに行き、
窓から投げ捨てる暴行。
新任の署長にクビを言い渡される。

ミルドレッドは過激だし警察署に火炎瓶投げたりするし。
なんかもう、ほんと、この先はこうかな、という思いがことごとく外れる。
娘と実は最後の日喧嘩して家を出してしまった、という、その喧嘩の内容が
車貸さない、歩けば、レイプされるかもされちゃえ、みたいなことで。
そんな口喧嘩の果てが実際にレイプの挙句焼き殺されるとかもう。。。
そこまで酷い目にやるか??辛い。

出来事は悲惨で、ミルドレッドの行動は過激で。ディクソンのレイシスト
っぷりもめちゃめちゃ酷くて。
でも不意に人の善意みたいなところがあらわになったりする瞬間があって
とてつもなく美しい。
警察署長がミルドレッドと話してる時に血を吐いちゃって倒れかける、
それまで許さないって感じだった彼女が、顔に彼の血が飛び散ったことも
意に介さず、彼のことを心配していいのよ大丈夫?ってなったり。
警察署が火事って時に中にいたディクソンはミルドレッドの娘の事件の
捜査資料を燃やさないように抱えて持ち出したり。
ディクソンにぼこぼこにされて下手すると死んじゃうのではって怪我の
広告屋くん、ディクソンが火傷で病室同じになったら、最初気づかずに
オレンジジュース飲むか?ってすすめかけて、ディクソンだと気付いた
後にも、結局はオレンジジュースついであげて、そしてちゃんとストロー
つけてあげて。ディクソン顔も包帯ぐるぐるだから口もあまりあいて
なくてストローないと飲めないんだよね。あの、ストロー。
泣いちゃった。
そんな不意の善意、親切心、が、そんな酷い状況の時にでてくる、って、
不意に見せられること。
なんだこのバランス。

酒場で胡散臭い男のお喋りを聞いたディクソンの機転によって娘を殺した
犯人がわかるかも、という希望。
でもDNA検査の結果が一致しなくて、その時期国内にいなかった、犯人では
なかったとなって、結局、絶望。
それでも、そいつはレイプ野郎だってことで、ディクソンとミルドレッドは
銃を持ってその男の住所へ向かう、という所で終り。

犯人、わかんないままなんだ。
その疑わしい男、あれ、ミルドレッドが働いてた雑貨店に来たあやしい男、
だったかな、多分。私顔がよくわからなくてわかんない。違うかもだけど。
そいつを、結局殺すのかどうかもわからない。きっと向かってる彼ら自身
にもわからない。道々決めましょう、という感じで終り。

振り回され投げ出された感~~~。
でも、どうしようもないことをどうにかしたくて、どうすればいいのか、
本当に、わからないし、読めないんだよなあ。
基本のお話は娘を殺された母親がなんとかしてくれともがく話。そこに、
差別問題とか暴力問題とか小さな町の息苦しさとか、いろんな部分がある。
なんか、そう。生きてるって割り切れない。

巨大な赤い広告ボードに問いかけられる何故。
それが夜の中、燃え上がる。
さらにまだ問い続ける、何故。
解決はない。

よかったとか面白かったとかすぐには言えないわからない映画だった。
そう思わされるのがなんか凄い。見に行ってよかった。

|

« 映画「きっと、いい日が待っている」 | Main | 『ヒットの崩壊』(柴那典/講談社現代新書) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事