« 映画「デヴィッド・リンチ アートライフ」 | Main | 「マーベル インヒューマンズ」 »

映画「ダークタワー」


*ネタバレ、結末まで触れています。


映画「ダークタワー」


世界の中心には塔がある。闇と炎から世界を守っている。子どものこころが
それを壊すと言われている。

みたいな感じだったっけ、ダークファンタジー? キング原作の壮大な
物語があるらしいというのは知っているけれども読んだことはなくて、
世界観みたいなものも知らないまま、冒頭になんか世界の中心に塔があって
子どもたちがなんだか酷い目にあわされてるな、って感じのことくらいが
一応の説明、説明というほどの説明ではないけれども、そういう感じかーと、
思って見ました。

ポスターのコピーに「タワーを守る最後の戦士」「タワーを崩壊に導く者」
ってイドリス・エルバ、ガンスリンガーと、マシュー・マコノヒー黒衣の男、
魔術師の二人がいるし、私がみかけた範囲の評判だと、ガンスリンガーの
二丁拳銃かっこいい!みたいな感じだったので、この二人が塔を巡って
戦う映画かな、と、思ってた。

主人公はジェイクという少年ですね。少年の物語なんだ。知らなかった。
ジェイクはNYに住んでいる。父は消防士。仕事中に亡くなった。父のことを
大好きだったらしいジェイクは以来夢の中で別の世界の光景、人物たちを
見ている。それをスケッチしている。その絵は膨大なものだ。
まわりの大人はジェイクの心の病だと思っている。母は再婚しているみたい。
新しい父とは馴染めず、でも母のことは大好きだが、夢の中の世界のこと、
自分の頭がおかしいわけではないということを信じてもらえず、ジェイクは
学校から紹介された施設へ連れていかれそうになった時に逃げ出した。
連れに来た二人は、夢の中で知った、偽物の皮膚を被った傷痕のあるやつら
だったのだ。

てな感じで夢の中で見たはずの場所が見つかって、そこに謎の機械があって
別世界への入り口が開いて。
荒野をなんとか歩いていくと、夢で見た男、銃使いガンスリンガー、
ローランドに出会う。

そんなこんなで現代のNYと別世界とを行き来したり逃げたりおっかけたり。
追っかけてきた黒衣の男ウォルターに義理父も母も殺されてしまうジェイク。
ああー。。。
ジェイク、人生ヘビーすぎないか。辛い。

誰も理解してくれない、中で、同じアパート?隣人? の友達が一人いて、
その彼が一人でも友達でいてくれて、よかった、と、思う。
でもそれにしても、ジェイクが、精神を疑われ夢にとらわれすぎて、この
世界で生きていくのが難しすぎる感じ、結構辛い。
母、殺すかーと思った。さすがダークファンタジー。

ローランドも、父、か、その、塔を守るために共に戦ってきた父を殺されて
今は復讐のために生きてるみたいなボロボロ状態っぽい。
ジェイクを助けていくうちに復活してきたって感じだった。
現代NYにやってきたときにはジェイクにあんまり喋っちゃだめ、と釘刺されて
でもオカシイこと喋っちゃったりして、可愛かった。コーラ、砂糖水を
ジェイクに貰って結構気に入ったっぽくて、砂糖水~。私も飲みたくなる~。

正直、その、黒衣の男とガンスリンガーがガンガンバシバシ戦う映画かと
思っていたので、なんか、ガンスリンガー弱っ?? って時間が長くて、
ちょっとなー。期待はずれな気がした。
とはいえ、終盤にはたっぷり二丁拳銃っつーかもういろいろガンガン撃ち
まくって派手な戦いはあったのであれはほんっとかっこよかった。
銃の弾、撃ち尽くしての装填ね、あれかっこいいよね。今作では凄い、
いろんなかっこいいやり方で装填しまくるの。かーっこいい~!
魔術師相手に普通に撃ってもひょいひょい弾止められてしまうので、弾を
はじかせて不意打ちで当ててくの、あーゆーのもかっこいいよね。よかった。

とはいえ、個人的好みなんだけど私、あんまりイドリス・エルバにたいして
かっこいいとかセクシーとか感じないんだよ~。マシュー・マコノヒーも、
うーん。「ダラス・バイヤーズクラブ」の時にはセクシーだなあって好き
だったけども、今作では、まあ、面白かったけど、あんまり、ツボには
こなかったなあ。
てことで、正直熱中はしなかった。

映画の出来としても、なんかこの世界観の景色はすごいなあと思ったけど、
んー。これは序章なのだ、って感じかなあと思って、まあほんとたぶん
壮大な原作世界のごく一部、始まり、って所の映画化なんだろうなあと
思って、この一作でどうこうって感じではないのかなあ。これ傑作!とは
言えない。

これ見た人、私の見かける範囲では本読もうかな、読み直そう、みたいな
反応してて、なるほど原作プロモーション的には大成功なのではと思った。

最後、無事ジェイクを救い出せたガンスリンガー。黒衣の男はあんなあっさり
死んじゃうものなのか。今後また復活してくるのかなあ。
で、ジェイクとお別れ、かと思いきや、一緒にくるか、と誘う。
ジェイクはこっちの世界にはもう残る理由がない、と、ガンスリンガーと
共に行くことを選ぶ。
友達、一人だけどいたじゃん、と思うけど、でも、こっちの世界じゃ
身寄りをなくして、きっとあっちの世界の夢を忘れることは出来ない
だろうしそしたらまた精神がおかしいとみなされて、って辛いし。
ローランドのことを父のように思っていくのだろうなあ。そしてあっちの
世界でまだまだ冒険は続くって感じなのかなあ。
原作を読んでみたくなる。けど、壮大そうだし長そうだし。タイヘンだな。
いつか読めるといいな。キング作品世界の集大成みたいな感じらしいし。
今作の中ではペニー・ワイズってITか~ってことくらいしか私にはわから
なかったけど、原作読むともっといろいろ面白いかなあ。

これ、映画で続編じゃなくてテレビシリーズになるんだっけ。なんか、でも、
興業よくないっぽいけどなあ。今日、まあ朝1の回だったけどそれにしても
人、少なかったし。ん~見てそれなりに満足できる作品でした。

|

« 映画「デヴィッド・リンチ アートライフ」 | Main | 「マーベル インヒューマンズ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事