« 映画 「グレイテスト・ショーマン」 | Main | 岡崎裕美子×せきしろ 「短歌と俳句、言葉の魅力」 『わたくしが樹木であれば』刊行記念 »

映画 「空海 KU-KAI 美しき王妃の謎」


*ネタバレ、結末まで触れています。


映画 「空海 KU-KAI 美しき王妃の謎」


日本語吹き替え版で見ました。日本だと日本語のしかやってないのかな。
しかしせっかくなら中国語? 見てみたいなあ。

唐。皇帝が病に臥せり、祈祷のために、唐に留学している空海が呼ばれた。
だが、何もできぬうちに病は悪化、帝は崩御する。
その病床に黒猫の毛が。

近衛兵(っていうんだっけ?)の頭領の妻の所へ、人の言葉を喋る黒猫が
現れた。猫の言った通り、瓜をやると、金が庭に埋めてあると教えられる。
そして黒猫の影は兵士のもとへ、また、かつて楊貴妃に仕えたものの所へ
現れ、命を奪う。
黒猫の怪異の謎を、空海と、白楽天はともに調べ解き明かしていく。

楊貴妃の死。怪異。幻術。
そして白楽天は長恨歌を完成させ、空海はついに青龍寺へ入門を許される。
そこにいた師は、幻術師だった。


『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』夢枕獏 が原作とのことで。
これもちろん読んだことある。けど、もうあんまりちゃんとは覚えてないなあ。
貌さんのファンで、もうずううううーーっと前からファンで、読みつくして
いたけれども、再読なんかもあまりしなくなってきてるし。でも面白かった
って思った気はする。多分。空海だもん~。好き。
で。
まあ私は貌さんファン、もう30年以上の筋金入り、って感じで(でも最近
は全然追っかけてないけど)ひいき目が大いにある、とは、思うけど。
けどな~~~。この映画化は楽しみに待ってたし、なんか本格的っぽいし、
監督チェン・カイコーでしょ~。すごい期待しちゃうよね。
ね、だけど。
こんな話だっけ。と、わからなくなるのはまあ仕方ないとして。
こんな話でもいいんだけど。
それにしても。
面白さを求めるなら本を読みましょう。と、いうことですかね。。。

ビジュアル面は、すっごい。凄くすっごく素晴らしい。
美しいし重厚さあるし、夢のように豪華絢爛。百花繚乱のスペクタクル
エンタータイメント!みたいな宣伝してたと思うけど、ほんっと、華麗に
見せてくれてて、映画館へ見に行ってよかった。美しいよ~。

空海を演じる染谷将太くん、つるっとぬるっとして優雅さあって、よかった。
阿倍仲麻呂を阿部寛がやってるっつー、アベちゃんつながり!? はともかく、
まーもちろん阿部寛の見栄えも最高です。でも使い方もったいなさすぎ!
なんもしてない。。。まあ、なんもやらせてもらえなかったのか、なあ。
わかんないけど。

中国語を、多分みんながんばってしゃべったのだろうと思うんだけど、
(日本人同士のシーンは日本語だったろうけど)どーなんだろう。駄目
だったのかなあ。
なんか、喋らせてもらえなかったのかな。。。と、思う。。。
立ってるだけとか優雅に微笑んでるだけ、とか、切なく見つめるだけ、
というのも大変素敵ですが、でもなあ。

演技を一番がんばってて、一番難しい演技をしてたのは、黒猫でしたね。

「妖猫伝」というのが本来のタイトルみたい。なるほどね~。
黒猫ちゃんが主役な感じだったものね。うんうん。って、ええっとー。
黒猫ちゃん、大部分作り物でしょ。。。まあ、いいんですけど。。。

歳月もお金もかけたみたいだし、キャストはみんなよくやってる感じは
したけれども、ただただ美しい夢のような映画をつくってみました、と、
いうことなんですか、チェン・カイコー??? 本当にこれでいいのかなあ。
まあ、いいんだろうか。まあいっか。。。
角川映画ってことか。
日本中国合作、ってことらしいけども。うーん。

あと一番の不満は、長恨歌をね、最後に朗々と詠じて欲しかったよ!
李白とか白楽天が重要人物でさ、詩の話をメインにしておいてさ、
なんで~長恨歌が気になるでしょ~~。
帰ってからぐぐりましたけどね。まあ、そうしろってことですかね。
でもな~。せっかくなら中国語で、韻の美しさとか教えてほしかったよ
読み上げて欲しかった。うーん。
終りには主題歌っつってRADWIMPSの曲が流れだすけど、うーんうーん、
それはまあ、別に悪い曲ってわけじゃないけども。うう。
私がそこで聞きたいのは長恨歌、読み上げて欲しかった。

目に豪華で、それなりに楽しみましたが、期待するんじゃなかったな、と、
反省しました。

|

« 映画 「グレイテスト・ショーマン」 | Main | 岡崎裕美子×せきしろ 「短歌と俳句、言葉の魅力」 『わたくしが樹木であれば』刊行記念 »

映画・テレビ」カテゴリの記事