« 「表に出ろいっ! One Green Bottle」 | Main | 映画「ジャスティス・リーグ」 »

映画「ローガン・ラッキー」


*ネタバレ、結末まで触れています。


映画「ローガン・ラッキー」


19日、日曜日に見に行きました。
ソダーバーグ監督、映画監督復帰!みたいな話題でしたね。そこんところに私は
特に思い入れはないんだけど、そのせいかどうか、キャストがゴージャスなのに
なんか地味そうな舞台、って感じが面白そう、見たい見たいって待ってました。

ローガン家は呪われている。と、弟ローガンは自説を持っている。
兄、ジミー・ローガンはかつてラグビー選手で将来有望スター選手のはずなのに
膝を痛めて今は工事現場の重機操作もクビになる始末。冴えない暮らし。娘が
いて溺愛しているが離婚していて会える日は限られている。
弟クライドは従軍して地雷で片腕を失った。上等とは言えない酒場でバーテンを
している。妹メリーは美容師。口うるさい客の髪をセットする毎日。
冴えない田舎町。
冴えない暮らし。不幸のどん底ってわけではないが貧しくてなんのあてもない毎日。

その町にはモーターレース場があった。ジミーが、工事の時に知った金の動きを
きっかけに、レース場から大金を奪う計画を立てる。
兄弟だけでなく、金庫を爆破できる男が必要だった。
ジョー・バング。今は刑務所にいるが、彼ならどんな金庫も破れるはずだ。
ジョーに面会にいって、協力をもちかけて、計画は動き出した。

ジョーがダニエル・クレイグなんだよ~。凄腕の金庫破りかと思いきや、なんか
田舎のおっさんだった。すごい。そうだよね捕まってるんだもんね。
でもそれなりにちゃんと頭いい、仕事はやり遂げるタイプって感じで、出所後の
囚人服じゃない普通の服(とはいえダサいただのシャツとズボンて感じなんだけど)
着てると、まーやっぱそれでもかっこいいなダニクレって惚れてしまう。
囚人服ベビーちゃんもちゃんと可愛かったんだけど。ボンクラ弟たちも必要だ、
って計画に引き入れて、でもボンクラ弟たちだから、イラっときたりしながらも
ちゃんとお兄ちゃんしてる感じとか、すっごい可愛い。バング兄弟も実に
アホ可愛くてよかった。

ジミー、チャニング・テイタムおにーちゃんと、クライド、アダム・ドライバーな
ローガン兄弟、でっかいのにダメ子どもな感じのある仲良し兄弟で、普段は
そっけないけど当たり前に家族で、他人と喧嘩になったら二人そろって容赦ない
のとかすごい好き。

全体的に、脚本すごい上手くて犯罪計画、娘ちゃんが子どものミスコンに出て
がんばるとか父親としてがんばるとか、ジョーを脱獄させてまた戻して、
せっかく金獲ったのに返しちゃってどういことだよ!!??? ってハラハラ
したり、ほんとうまく見てる私は転がされて楽しんだ。
金が盗まれた、でも戻された、ってことで足りなかった分は曖昧うやむやに
保険で補填されてレース場はまあいいか、と落ち着いて捜査に乗り出していた
FBIは決定打を得られないまま打ち切られる。
犯行に協力して、一度はジミーに裏切られたと思ったメンツも、結局はそれなりの
分け前を得てまあいいかってなって。
ローガン兄弟もなんとなくちょっと余裕がある感じに終わる。

エンドロールで、何かを奪われたのはあなた(観客)だけ、って感じに出たけど、
ほんと、結果としてはおしゃれ犯罪でみんなよかったねみたいな感じ。
楽しかった!

しかし、こう、すごい上手く楽しい映画に仕上げてるけれども、アメリカ社会の
問題、みたいな、今、という感じも盛り込まれてて。
地方で腐ってる平凡な男たち女たち、町そのもの、っていう感じ、なー。
白人男性でもまるっきり辛い、みたいな感じ。
普通に真面目にがんばろうとしてるのに全然何にもうまくいかない感じ。
結局仲間うちでこういうのもやっちゃうっていう、めっちゃローカルな狭い世界の
昔からの知り合いで昔からの悪やってる感じ。
ものすごい閉塞感だったなあ。
でもそれをこういう風にユーモア、コミカル、スカっとする一瞬の幻影に
仕上げてるのすごい。

冴えない田舎の冴えない中年たちを演じてるの、でもだってダニクレだの
アダム・ドライバーだのチャニング・テイタムだの、なんかいろいろとちょい役
でもゴージャスだったりしてさー。
メタ的にはめっちゃめちゃ豪華っていうのがまたシニカルな感じがして、すごい。
刑務所内暴動での要求が、私あんまり詳しくなくてちゃんと知らないけど
ゲームオブスローンズの本を続きを図書館に入れろ!ってバカバカしいような
ことだったりしてさ。多分いろんな今のアメリカの流行りものとか言い回しとか
いっぱいな感じ。どこまでドラマのどのくらいメタなのかとか複雑そうな気がする。

まあでも、難しいこと考えてもいいし、考えなくてもいいしという、すごく
ゆるく、でもうまく組み立てられてる、映画の夢だったわ。何回でも見たい。
好きだ~楽しかった~。

|

« 「表に出ろいっ! One Green Bottle」 | Main | 映画「ジャスティス・リーグ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事