« 映画「エイリアン コヴェナント」 | Main | 映画「亜人」 »

『ぬばたまおろち、しらたまおろち』(白鷺あおい/創元推理文庫)


*ネタバレ、結末まで触れています。


『ぬばたまおろち、しらたまおろち』(白鷺あおい/創元推理文庫)


創元ファンタジィ新人賞優秀賞受賞作品。
帯には「横溝正史?×ハリーポッター!」と書かれている。殺人事件と魔法か?
って思ったけれども、殺人事件は起こりません。ファンタジィだよね。

始まりは、小さな子どもがいつもよりちょっと遠くへ遊びに行った、洞穴の奥から、
白い小さな蛇を見つけた所。蛇は「やあ」と人の言葉を喋った。

主人公は深瀬綾乃。14歳。事故で両親を亡くして叔父さんのうちで暮らしている。
自分も怪我を負ったが後遺症は少しだけ脚を引きずってしまうこと。
舞台は岡山の山間の小さな町。図書館へ通い、両親を亡くした淋しさを隠し、
いい子にしている綾乃。秘密の友達、子どもの頃に見つけた白い蛇、アロウと
いう蛇がいるから大丈夫、って思っている。
そこへ、古いお話を集めているという、叔父さんの息子さんの大学での知り合い
という先生がやってくる。綺麗な大人の女性、大原由希恵さんが泊まりにきて、
村を案内して。
東京、いいなあ。この村の中で一生を終わってしまうのは嫌だ、って思ったり
する綾乃。
村のお祭りで、舞姫を務めることになった綾乃は、その時思いがけない騒動に
巻き込まれることになる。

っていう、この導入あたりが横溝正史っぽいというのかな。蛇がいきなり普通に
喋るしいちゃつくし、これは、異類婚な和風ファンタジィだろうか。
って思ってると、首長竜がやってきてたり、狙われた綾乃の危機を救って
くれたのは箒にのった大原先生で、魔女で、銃ぶっぱなして首長竜を追っ払って
綾乃は箒の後ろにのせられて、魔女の学校へおいで、と誘われる。
って、ここからはハリー・ポッター風ですね~。魔女としての知識、一般的な
教育、飛行術をディアーヌ学園の仲間たちと学んでいく。

で、終盤にはタイムトラベルもありました。
首長竜とは過去からの因縁があったのね。というか、過去の因縁ができたから
現在の綾乃に危機がきて、過去に戻ってまた解決して、って、いうか。
こういうタイムパラドックス的なのは、わかったような気になるけど突き詰めて
考えようとするとわからない。でも読んだ感じではなんか、なるほど、って
思ったし、大原くんのとーちゃん神様が絡んでるとなると、なんかもう神様なら
なんでもありでいいや、と、私が考えるのを放棄した(^^;

魔女の学校には、人間もいるけど日本古来の、というか、ローカルな?妖怪も
いる。雪女とかのっぺらぼうとか。妖魅と呼んでいる。
田舎の少女の憂鬱や初恋、それから学園での友情やぶつかりあいや胸きゅんや、
そしてスペクタルなアクションやタイムスリップまで。
すっごい盛り沢山にどんどん話が展開していって、ぐいぐい読まされた~。
正直私が好んで手に取るタイプの本ではないんだけれども、飽きなかった~。

なるほど、新人賞の正賞とこれと、まあ候補の中ではこの二つだろう、という
審査員さんたちのお話に納得。
作者の方、山吹明日香さんと短歌で繋がりがあって、受賞式、受賞記念トーク
みたいなのに行ってきたのでした。
また続編書くとのことで、凄い、いいと思う。いろんなキャラそれぞれが
魅力あったし、主人公たちも、スピンオフみたいなことも、どんどん世界が
広がりそう。アニメ化とかすればいいのに!
結構胸キュンがなかなかに色気があって、き、きみたち中学生でしょーって
いいたい。けれども中学生くらいだからこそ、こんなだったりするのか。きゃ。
って、ほんとこのお話の中に引きこまれてドキドキハラハラして読めて楽しかった。

最後には、叔父さんたちに実は生きてますよってちゃんと知らせたのもよかった。
叔父さんたち、別に悪い人たちじゃないもんねえ。勢いとはいえ行方不明って
どさくさで家を出てきていいの?????って結構心配しちゃった。
ファンタジィとはいえ、大人がね、ちゃんとそれなりに大人らしくしてくれないと
やっぱり不安で大丈夫か、って思っちゃうからなー。
読み終わってすごく満足感ありました。おめでとうございます!これからも
ますますのご活躍を! ほんとに次回作楽しみです^^

|

« 映画「エイリアン コヴェナント」 | Main | 映画「亜人」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事