« 映画「ダンケルク」 | Main | 『ぬばたまおろち、しらたまおろち』(白鷺あおい/創元推理文庫) »

映画「エイリアン コヴェナント」


*ネタバレ、結末まで触れています。


映画「エイリアン コヴェナント」


15日金曜日に見に行きました。

「プロメテウス」の続編。
ということはわかってたんだけども、それ、見てないままで行ってしまった。
わりとしっかり続編、な感じで、わかんないな~と思うことあり。でもまあ
それでも一応は、たぶん、想像で補ってなんとなくはわかった、つもりです。
でもわかってないかなー。それがわからない。

始まりは、白い部屋。
アンドロイドのデヴィッドとそれを生み出した父との会話。人間はアンドロイドを
生みだした。では私は? という感じ。これが結局テーマだったのか。
生命とは、って感じ。
それってブレードランナー。。。
リドリー・スコット監督の永遠のテーマなのかなあ。

宇宙を旅する船。コヴェナント号。
クルーは眠っている。一人船を管理巡回しているのはウォルター。デヴィッドと
同じ見た目のアンドロイド。
予期せぬフレア?かなんかでエネルギーチャージ中の羽が破損し、クルーたちが
起こされる。だが、事故で船長のポッドが開かず、ポッドの中で炎に包まれて
いきなり船長死亡。
新天地を求めて移住する、2000人の眠ったままの乗客と人の胚芽を乗せた
コヴェナント号。
それってパッセンジャー?(見てないけど)

まあ、そんなこんなでショックな乗組員たち。カップルで構成されたクルーの
ようで、副船長は船長の妻ダニエルズ。泣きわめいたりしたものの、淡々と
作業をこなそうとする。

ってまあなんか、あのー、この乗組員たちがパニックになりがちだったり
生活感ある感じがどーも、なんか、なんか、それでいいのか???? って
すごいわりと最初からのりきれなくて。
「オデッセイ」とか見た後だと、星間飛行しよーって宇宙船にそんなほいほい
燃えるもの使ってるのかとか煙草吸うか?とか専門技能もった宇宙飛行士が
そんなへろへろメンタルで大丈夫か???とか思ってしまう。

でもなー。これ、エイリアン1 へ繋ぐ世界観なんだよな、と。
先日午後ローで、最初の「エイリアン」見たので、ああ、あの、なんか底辺労働に
追いやられた感じのクルーたちな感じな~と、思ったりして。
宇宙船に乗るっていうのが当たり前な世界となって、超絶エリートの仕事じゃ
なくて、もっと雑に肉体労働みたいなことになってるのかなあ、とか。
船の破損もなんかわりと雑に直ってたし。

で、謎のメッセージを受信して、こんな誰も気づかなかった辺境の星? に、
人間がいるのか? って感じで、当初の目的を変更。その星のほうが近いし
地球と環境も似てるっぽいからこっち行こう、ってなる。
そ、そんな雑に決めていいのか???

到着したらしたで、一応装備はしつつも防護マスクもなしに地上へ降りて
探検しちゃう。いや毒物ないって大気分析しても、でもでもマスクはしようぜ?
と、なんか心の中でつっこみたくてしょーがない。
でもまあもうそういうの気にしない世界なのだ、と思うしかない。

で、なんか、でっかい小麦があったりして人間がきたことある痕跡がありつつ、
生き物がいない死の星みたいな。
そんで謎の胞子みたいなのを吸いこんじゃってエイリアンに寄生されて、
うがあああどあああああってパニック。ぎゃー。

そんで助けてくれたのがデヴィッド。アンドロイドのデヴィッドくんはこの星に
えーとたぶん前作「プロメテウス」でなんかあってなんか愛する博士と共に
やってきていたんだね、って感じ。

で、その、デヴィッドと、コヴェナントに乗ってたウォルターと、同じタイプ、
後続のアンドロイドってことで同じ見た目、共にマイケル・ファスベンダーが
演じてる。マイケル・ファスベンダーファンだったら最高だな~って感じで、
なんかとにかく二人が絡んだり、デヴィッドがわけわかんない感じだったりで、
ずっとマイケル・ファスベンダーの見せ場オンパレード。
愛とか、創造、新たな生命に興味津々なアンドロイドくん。エイリアンを
生みだしたのはデヴィッドの実験の成果だったのね。

エイリアンに襲われて続々死亡していくコヴェナント号のクルー。なんとか
脱出したものの、やっぱりエイリアンくっついてきてて、なんとかやっつけて。
ふー。これで安心。って眠りにつくダニエルズは、ポッドに入って眠る直前、
忠実なウォルターと思っていたのがデヴィッドだったと気付く。もう、手遅れ。
微笑むデヴィッド。
すべて眠らせた船の中で、デヴィッドは飲み込んできていたエイリアンの
卵? を吐き出す。2000人、もっと膨大な胚芽。エイリアンの餌はたっぷり
ある。
って感じでおしまい。
絶望エンドっていうのかな。
そして、このあと、リプリー頼む~ってなるのね。

一応、これ単品で見てもなるほど~とは思う。が、登場人物とか俳優とかに
別に思い入れも好みもなかった私は、ふーむなるほど~、で終わりな感じだった。
エイリアンのシリーズ、まあ好きだけど、思い入れもって大好き!ってほどでは
ないですし。なので、おお~こういうシリーズの流れか~って感心するほどでも
ない、なー。
やはりなによりの反省点は「プロメテウス」を見てないこと。続編ってわかって
いながら。なんでこれだけ見にいってしまったのだ。見て置けばもっと面白く
思ったかもしれないのに。ほんと反省。やれやれ。

|

« 映画「ダンケルク」 | Main | 『ぬばたまおろち、しらたまおろち』(白鷺あおい/創元推理文庫) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事