« August 2017 | Main | October 2017 »

『ぬばたまおろち、しらたまおろち』(白鷺あおい/創元推理文庫)


*ネタバレ、結末まで触れています。


『ぬばたまおろち、しらたまおろち』(白鷺あおい/創元推理文庫)


創元ファンタジィ新人賞優秀賞受賞作品。
帯には「横溝正史?×ハリーポッター!」と書かれている。殺人事件と魔法か?
って思ったけれども、殺人事件は起こりません。ファンタジィだよね。

始まりは、小さな子どもがいつもよりちょっと遠くへ遊びに行った、洞穴の奥から、
白い小さな蛇を見つけた所。蛇は「やあ」と人の言葉を喋った。

主人公は深瀬綾乃。14歳。事故で両親を亡くして叔父さんのうちで暮らしている。
自分も怪我を負ったが後遺症は少しだけ脚を引きずってしまうこと。
舞台は岡山の山間の小さな町。図書館へ通い、両親を亡くした淋しさを隠し、
いい子にしている綾乃。秘密の友達、子どもの頃に見つけた白い蛇、アロウと
いう蛇がいるから大丈夫、って思っている。
そこへ、古いお話を集めているという、叔父さんの息子さんの大学での知り合い
という先生がやってくる。綺麗な大人の女性、大原由希恵さんが泊まりにきて、
村を案内して。
東京、いいなあ。この村の中で一生を終わってしまうのは嫌だ、って思ったり
する綾乃。
村のお祭りで、舞姫を務めることになった綾乃は、その時思いがけない騒動に
巻き込まれることになる。

っていう、この導入あたりが横溝正史っぽいというのかな。蛇がいきなり普通に
喋るしいちゃつくし、これは、異類婚な和風ファンタジィだろうか。
って思ってると、首長竜がやってきてたり、狙われた綾乃の危機を救って
くれたのは箒にのった大原先生で、魔女で、銃ぶっぱなして首長竜を追っ払って
綾乃は箒の後ろにのせられて、魔女の学校へおいで、と誘われる。
って、ここからはハリー・ポッター風ですね~。魔女としての知識、一般的な
教育、飛行術をディアーヌ学園の仲間たちと学んでいく。

で、終盤にはタイムトラベルもありました。
首長竜とは過去からの因縁があったのね。というか、過去の因縁ができたから
現在の綾乃に危機がきて、過去に戻ってまた解決して、って、いうか。
こういうタイムパラドックス的なのは、わかったような気になるけど突き詰めて
考えようとするとわからない。でも読んだ感じではなんか、なるほど、って
思ったし、大原くんのとーちゃん神様が絡んでるとなると、なんかもう神様なら
なんでもありでいいや、と、私が考えるのを放棄した(^^;

魔女の学校には、人間もいるけど日本古来の、というか、ローカルな?妖怪も
いる。雪女とかのっぺらぼうとか。妖魅と呼んでいる。
田舎の少女の憂鬱や初恋、それから学園での友情やぶつかりあいや胸きゅんや、
そしてスペクタルなアクションやタイムスリップまで。
すっごい盛り沢山にどんどん話が展開していって、ぐいぐい読まされた~。
正直私が好んで手に取るタイプの本ではないんだけれども、飽きなかった~。

なるほど、新人賞の正賞とこれと、まあ候補の中ではこの二つだろう、という
審査員さんたちのお話に納得。
作者の方、山吹明日香さんと短歌で繋がりがあって、受賞式、受賞記念トーク
みたいなのに行ってきたのでした。
また続編書くとのことで、凄い、いいと思う。いろんなキャラそれぞれが
魅力あったし、主人公たちも、スピンオフみたいなことも、どんどん世界が
広がりそう。アニメ化とかすればいいのに!
結構胸キュンがなかなかに色気があって、き、きみたち中学生でしょーって
いいたい。けれども中学生くらいだからこそ、こんなだったりするのか。きゃ。
って、ほんとこのお話の中に引きこまれてドキドキハラハラして読めて楽しかった。

最後には、叔父さんたちに実は生きてますよってちゃんと知らせたのもよかった。
叔父さんたち、別に悪い人たちじゃないもんねえ。勢いとはいえ行方不明って
どさくさで家を出てきていいの?????って結構心配しちゃった。
ファンタジィとはいえ、大人がね、ちゃんとそれなりに大人らしくしてくれないと
やっぱり不安で大丈夫か、って思っちゃうからなー。
読み終わってすごく満足感ありました。おめでとうございます!これからも
ますますのご活躍を! ほんとに次回作楽しみです^^

|

映画「エイリアン コヴェナント」


*ネタバレ、結末まで触れています。


映画「エイリアン コヴェナント」


15日金曜日に見に行きました。

「プロメテウス」の続編。
ということはわかってたんだけども、それ、見てないままで行ってしまった。
わりとしっかり続編、な感じで、わかんないな~と思うことあり。でもまあ
それでも一応は、たぶん、想像で補ってなんとなくはわかった、つもりです。
でもわかってないかなー。それがわからない。

始まりは、白い部屋。
アンドロイドのデヴィッドとそれを生み出した父との会話。人間はアンドロイドを
生みだした。では私は? という感じ。これが結局テーマだったのか。
生命とは、って感じ。
それってブレードランナー。。。
リドリー・スコット監督の永遠のテーマなのかなあ。

宇宙を旅する船。コヴェナント号。
クルーは眠っている。一人船を管理巡回しているのはウォルター。デヴィッドと
同じ見た目のアンドロイド。
予期せぬフレア?かなんかでエネルギーチャージ中の羽が破損し、クルーたちが
起こされる。だが、事故で船長のポッドが開かず、ポッドの中で炎に包まれて
いきなり船長死亡。
新天地を求めて移住する、2000人の眠ったままの乗客と人の胚芽を乗せた
コヴェナント号。
それってパッセンジャー?(見てないけど)

まあ、そんなこんなでショックな乗組員たち。カップルで構成されたクルーの
ようで、副船長は船長の妻ダニエルズ。泣きわめいたりしたものの、淡々と
作業をこなそうとする。

ってまあなんか、あのー、この乗組員たちがパニックになりがちだったり
生活感ある感じがどーも、なんか、なんか、それでいいのか???? って
すごいわりと最初からのりきれなくて。
「オデッセイ」とか見た後だと、星間飛行しよーって宇宙船にそんなほいほい
燃えるもの使ってるのかとか煙草吸うか?とか専門技能もった宇宙飛行士が
そんなへろへろメンタルで大丈夫か???とか思ってしまう。

でもなー。これ、エイリアン1 へ繋ぐ世界観なんだよな、と。
先日午後ローで、最初の「エイリアン」見たので、ああ、あの、なんか底辺労働に
追いやられた感じのクルーたちな感じな~と、思ったりして。
宇宙船に乗るっていうのが当たり前な世界となって、超絶エリートの仕事じゃ
なくて、もっと雑に肉体労働みたいなことになってるのかなあ、とか。
船の破損もなんかわりと雑に直ってたし。

で、謎のメッセージを受信して、こんな誰も気づかなかった辺境の星? に、
人間がいるのか? って感じで、当初の目的を変更。その星のほうが近いし
地球と環境も似てるっぽいからこっち行こう、ってなる。
そ、そんな雑に決めていいのか???

到着したらしたで、一応装備はしつつも防護マスクもなしに地上へ降りて
探検しちゃう。いや毒物ないって大気分析しても、でもでもマスクはしようぜ?
と、なんか心の中でつっこみたくてしょーがない。
でもまあもうそういうの気にしない世界なのだ、と思うしかない。

で、なんか、でっかい小麦があったりして人間がきたことある痕跡がありつつ、
生き物がいない死の星みたいな。
そんで謎の胞子みたいなのを吸いこんじゃってエイリアンに寄生されて、
うがあああどあああああってパニック。ぎゃー。

そんで助けてくれたのがデヴィッド。アンドロイドのデヴィッドくんはこの星に
えーとたぶん前作「プロメテウス」でなんかあってなんか愛する博士と共に
やってきていたんだね、って感じ。

で、その、デヴィッドと、コヴェナントに乗ってたウォルターと、同じタイプ、
後続のアンドロイドってことで同じ見た目、共にマイケル・ファスベンダーが
演じてる。マイケル・ファスベンダーファンだったら最高だな~って感じで、
なんかとにかく二人が絡んだり、デヴィッドがわけわかんない感じだったりで、
ずっとマイケル・ファスベンダーの見せ場オンパレード。
愛とか、創造、新たな生命に興味津々なアンドロイドくん。エイリアンを
生みだしたのはデヴィッドの実験の成果だったのね。

エイリアンに襲われて続々死亡していくコヴェナント号のクルー。なんとか
脱出したものの、やっぱりエイリアンくっついてきてて、なんとかやっつけて。
ふー。これで安心。って眠りにつくダニエルズは、ポッドに入って眠る直前、
忠実なウォルターと思っていたのがデヴィッドだったと気付く。もう、手遅れ。
微笑むデヴィッド。
すべて眠らせた船の中で、デヴィッドは飲み込んできていたエイリアンの
卵? を吐き出す。2000人、もっと膨大な胚芽。エイリアンの餌はたっぷり
ある。
って感じでおしまい。
絶望エンドっていうのかな。
そして、このあと、リプリー頼む~ってなるのね。

一応、これ単品で見てもなるほど~とは思う。が、登場人物とか俳優とかに
別に思い入れも好みもなかった私は、ふーむなるほど~、で終わりな感じだった。
エイリアンのシリーズ、まあ好きだけど、思い入れもって大好き!ってほどでは
ないですし。なので、おお~こういうシリーズの流れか~って感心するほどでも
ない、なー。
やはりなによりの反省点は「プロメテウス」を見てないこと。続編ってわかって
いながら。なんでこれだけ見にいってしまったのだ。見て置けばもっと面白く
思ったかもしれないのに。ほんと反省。やれやれ。

|

映画「ダンケルク」


*ネタバレ、結末まで触れています。


映画「ダンケルク」


9日、土曜日にIMAXで見てきた。ネタバレっていってもお話としてはダンケルクから
の撤退、その史実の、ほんとにそこだけを描いた作品でした。
説明とかほとんどない。もう当然みんな知ってるでしょ、というところ。
一応私がちょこっとは知ってるのは、コニー・ウィリスの小説読んだことある
のと、「刑事フォイル」見てる、ってくらいかな。

画面本来の大きさは大阪?、日本では一か所でしか見られないとかなんとか。
まーそこまで出かけていくほどの気力はないので、いつも行くところのIMAXで。
それでも画面は小さいのでしょうが、でも私には十分の大きさです。
そして音響。
銃撃爆撃、飛行機、等の戦闘の音はもちろん、ずーーっと緊迫感いっぱいに
追いつめられ急き立てられてる音の響きを体感するのはたまらなかったです。

唯一、ほっと緩むのは、海岸に民間船沢山、ほんとに、小さい漁船やおばちゃん
たちまでが、助けにきてくれた、というシーンね。わずかの間だけ音がやむんだよ。
まんまと泣かされてしまった。

そして時間軸。

海岸での一週間。
小さな船での一日。
スピットファイアの一時間。

だったかな。まだ若い兵士、トミー、かなあ。名前とかほんとあんまわかんない
んだけれども。ダンケルクの海岸へ逃れてきた若い兵士についてく視点。

海軍の要請を受けて遊覧船?でダンケルクへ向かう、ドーソンさん、マーク・
ライランスと息子のピーターと手伝いのジョージ、かな。老人と子どもって感じ
の、船の時間。

そして空軍。スピットファイアっていうらしいね。やっぱり~飛行機乗りは~~
かっこいいいい~~~っ。
出撃して、帰りの燃料残しておけよ、という指令はあったものの、ドイツの
メッサーシュミットと交戦になり、隊長機は沈み、コリンズも海へ不時着。
残ったファリア、トム・ハーディは海辺から去ることはできず、敵機を追って
追撃、そして自分の燃料はつきていて、着陸して自機を燃やすのだった。
って、も~~~っ。かっこいい。トムハ、さすがだよトムハ。ほぼずっと
コックピットの中、マスク姿で、でも戦闘機は空を駆け巡るんだよ。かっこいい。
戦闘機そのものが重要なキャラクタであり、その中で静かに一人決意を固める、
ほんのわずかな呼吸音、小さな仕草しかないのに、そういうのがっつり伝わって
きて、泣かされた。凄い。
最後に機体燃やしてる前での後ろ姿とか。捕まる時の全身のスタイルとか。
最高かっこいいわ。くー。トムハかっこいい;;

セリフがほんとに少なくて、ほんと極限状態。戦争映画とはいえ、怒鳴り合うとか
絶望して泣き叫ぶとかは少ない。逃げろ。生き延びろ。なんとかして生き残る、
ただそれだけに向かう兵士たち。

綺麗ごとの正義だけじゃなくて、英国優先だーってフランス兵は後回しで通して
くれなかったり、同じ部隊の仲間じゃない、って追い出そうとしたりのシーンも
あった。
1Dのハリー・スタイルズが出てるって、どんな役かと思ったら、そういう、
必死でエゴむき出しにしたりするやつやってて、あ~そっかあと思った。
普通ならハンサムで感じよい若者、なんだよね。それでもああいう時にはあんな
酷いやつにもなっちゃう。でも必死だもん。死ぬかもしれないんだもん。つか
死にそうなんだもん。綺麗ごといってられっか、ってなる。
そして、それでも、正しくあろうとしたり、助け合おうとしたり、するんだよ。
うつくしく尊いことで。
でも、こんな美談も英雄譚も、あってはならないことで。

キリアン・マーフィは海で独りぼっちの所をドーソンさんの船に助けられる、
名もなき英国兵。
広い広い海にぽつんと、沈没した船だったっけ、そのわずかに浮かんだものに
ぽつんと取り残されている兵士。
船に助けられても、ショックから立ち直れずに暴れたりして、そのあおりで
ジョージくんは船底に落っこちてしまう。頭を打ってしまって、そして、死亡。
あまりに辛い。助けにきたのに。助けられたのに。
心に受けたダメージを取り戻せないかもな、という兵士も、純粋に善意で
やってきた少年も、どっちにもやりきれないほど辛い。兵士を責めることはなく
それをその時は隠したドーソン親子も、凄い。

も~怯えてるキリアンが~すごい~綺麗で。切ない;;
そりゃもう助けるしかないよな。辛いよな。助かったらそれでオールオッケー
ではないのだ、ということを体現する人物で、それでも少し回復すると、あの子
は大丈夫だったのか、って心配したりもして、もう、ほんと、凄い辛い。
最高素敵だったよキリアン。びしょ濡れキリアン。キリアンもまた兵士たちと
助け合っていたのにね。だからこそ目の前で続々と仲間が死んで一人ぼろぼろに
なってしまって、心こわれそうになるのも、当然で、辛くて。

ドーソンさんの船に、海に不時着したパイロットのコリンズも助けられる。
海から、空をゆくファリアの機体を見上げて、そっと名前を呼ぶ。
他の兵士たちは、わーいスピットファイアだ!やってくれー!ありがとー!って
感じにしか見ないけど、コリンズだけは、燃料は残り少なくなってきてるし
もう帰れないけど覚悟を決めたファリアのことが、わかるんだよなあ。
空軍パイロットってやっぱ花形って感じですごくかっこよくって、でも選ばれた
エリート仲間って感じのライバル心とか絆とか、少数精鋭なだけにいっそう
互いにわかりあってるって感じかなあと思う。
ファリアとコリンズ、届かなくても名前呼び合うの、ほんっとぐっときた。好き。

桟橋に立ち続けた指揮官、ボルトン海軍中佐、か。ケネス・ブラナーね。
も~これもまたかっこよくってたまらん。
船はなく、海岸に兵士はあふれ、あまりにも無力な、でも責任背負わなくちゃ
ならない男。逃げずに、立ちづづけたんだよなあ。そしてまだ残った。凄い。
もーーー。かっこいい。かっこいい。

この映画はとにかくダンケルク撤退のその一場面のみ。そして全員がかっこいい。
辛かったり卑怯だったりしても全員がかっこいい。
小さな漁船でやってきてくれたおっちゃんや、紅茶もってきてくれるおばちゃん。
看護師の女性も、トーストにジャムぬって渡してくれる人も。
みんなが、助ける、生きる、そのために行動した人達で。

やっと英国に帰りついて、俺たちは負けたから、冷たい視線にさらされるだろうって
兵士は思っちゃうんだけど、でも、市民みんながら、歓迎して飲み物や食べ物
差し出してくる。生きて帰ってきたことが英雄である、と。

事故で死亡した少年もまた英雄だと、小さな新聞記事になる。

これは体験だ、みたいな宣伝文句いっぱいだったけど、ほんと、体験だった。
音も、美しい青い海も空も、全部体験みたいに迫ってくる映画。
何度も船は沈み、役者さんたちどばどば海に落ちて沈んで。あれ、めっちゃ
大変すぎるだろう? 現場修羅場だろう?って思ったなあ。凄い。

こういうの、でも、映画、第二次世界大戦の映画ね。
ほんとやっぱり、彼らは辛くて大変な思いをして、っていうのすっごくわかるけど、
そしてでも彼らのこれは輝かしい勝利の中の出来事なんだよなあと、すごく思う。
日本の感覚とは違うんだよなあと思う。
勿論普遍の思いとして、戦争の惨禍っていうのはあって、それでもその先に
見るのが、輝かしい勝利、か、どうか、って、ほんと違うなあと思う。

ともあれ。戦争、絶対厭だ。こんなの嫌だ。
かっこよさもうつくしさも、フィクションの中だけあってくれ。
散々予告で煽られて楽しみにしてったけど、すごくよかった。すごくすごくよかった。

|

映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」


*ネタバレ、結末まで触れています。


映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」


6日水曜日に見に行きました。時間の都合で吹替えで。
私は出演者のこと誰も知らなくて特に何の違和感もなく見て(聞いて)きました。


邦題が決まった時、ダジャレかよみたいなツッコミが盛大になされてた気がする。
なんかすごく面白いらしいという評判をちらほら見かけていて、ゾンビかあ。
ゾンビなら大丈夫かなあ。と、ホラーはちょっと苦手ながらも興味そそられて
見に行きました。

ファンドマネージャーのソグ。だが自分のことしか考えないようなソグは、妻に
愛想をつかされ、一人娘のスアンにもちょっと見放されているような男。
娘に誕生日プレゼントを買ってみるものの、自分じゃわからなくて、子どもが好き
そうなものは何だ、と部下に聞いてみて、Willとか買ってやるものの、それは
すでに子供の日のプレゼントにあげていたものだった。
なんかこう、こういうちょっとした1シーンで、この親子関係をぱんっと見せる
のすごく上手い。
映画ならではっていうのかなあ。
説明とか余計なものなしに、その状況のその1シーンで、登場人物の関係や人柄
まで見せてくるのね。

誕生日、ママに会いたい、という娘を釜山へ列車で送るソグ。
韓国は、デモの暴動騒ぎがニュースになっている。
そして、ホームで一瞬見える、不気味な人間の、人間じゃない、姿。

冒頭、口蹄疫じゃないけど、なんかどっかで感染の恐れがある事故が起きた、
みたいな描写があって。
ゾンビになる生き物、というのは、ゾンビウィルス的なものなのか、パンデミック
な雰囲気。

列車に紛れ込んだゾンビの少女。
倒れていた彼女を乗務員の女性が助けようとした所、噛まれて、感染してしまう。
次々とゾンビ化する乗客。
時速300キロで走る列車の中、ゾンビと、そうでない人間と、いかに戦い、
生き延びることが出来るか。

展開としてはベタ、って感じ。
父親失格だったソグは極限状況の中で、娘を愛してる気持ちを取り戻し、娘も
また父を頼りにする。でも、非情なことに、最後の最期で、ソグは娘たちを
守って自分は感染し、娘たちが乗る列車から身を投げて未来を守る。
最初は反発しあいながらも仲間になっていくちょっとヤクザっぽい男と妊婦とか、
高校生部活男子女子とか、老女、とかね。
生き延びていくほうの人間ドラマが、この状況の勢いのぐわーっとくる中だと
ベタであればあるほどいい!って感じ。
多少粗野でも漢として仲間を守った彼とか。
年老いた姉妹の、醜い人間に嫌気がさしての、行動とか。
その、そう、生き延びた人間にはまた凄い恐怖とエゴがあって、列車の中で
単純に生きてることを喜びあったりできない、感染を疑いあってしまう、という。
これ、あれだ、デビルマンなやつ。恐怖と疑いに囚われた人間は残酷になって
しまうという。

娘ちゃんがふつうにいい子で、両親の離婚で心傷めながらも、ママも、実はパパも
好きで、学芸会ではパパに歌を聞いて欲しかったの。という、その、歌が、
最後の最後、人間だぞーって助けてもらうきっかけになるのね。
ほんと、脚本の丁寧さに感動した。

列車だから、ゾンビと戦うのが基本的に一対一っぽくなる、とか。
ゾンビは見えるもの、聞こえる音に反応するからそーーーっと裏をかくとか、
新幹線のドアを開けるのがゾンビには難しくて無理、とか。
走っておっかけてくるのはめっちゃ速い。
ブラピやってたワールドウォーZのゾンビの感じに近いのかな~と思いながら見た。
細菌とかがキーになってるっぽいのとか。
ゾンビの弱点見つけて、それをうまくついて戦ったり出し抜いたりする感じも、
一般人の戦いとしては最上だろうって感じとかよかったなあ。
いやあ、怖いでしょ無理でしょ、って思うけど、それはそれでアドレナリンとか
出ちゃっていけるのかもしれないけどなー。

でもやっぱヤダ。私は百万が一あんな状況に遭遇したとしたら、真っ先に喰われて
死にたい。ゾンビになって知性ゼロになりたい。サバイバル、無理(^^;

やっぱ主役親子は生き延びるんだろう、大変そうだけど妊婦もきっと、と、
思ってたんですけどね。さすが容赦ない。ソグも生き延びることが出来なかったわ。

それでも、釜山は安全だ、という希望があったり、実際妊婦さんと娘ちゃんは
助かったってことだと思うから、いい、ラストだったと思う。
列車に乗ってゾンビ?ってなるまでがちょっと退屈、と、ちょっと思ったけど、
ほんと、この状況設定キャラ設定の上手さとか、やっぱ映像のインパクトとか、
楽しみました。
妊婦さん、娘ちゃん、強く生き延びていってね。

|

« August 2017 | Main | October 2017 »