« 『弟の夫』1~4巻(田亀源五郎/双葉社 アクションコミックス) | Main | 映画「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」 »

ドラマ「ナイト・マネジャー」

*ネタバレ、結末まで触れています。


ドラマ「ナイト・マネジャー」


トム・ヒドルストン主演のBBCドラマ。アマゾンプライムで先日やっと見た。
ジョン・ル・カレの原作を、ドラマ化の噂を聞いてから読んでたな。

で。
原作小説は20年くらい前なわけですが、このドラマは今ってところ。
スマホが重要なトリックになってる~~。面白かった。

ドラマの始まりはエジプト。あのフェイスブックで呼びかけてデモだとかで
ニュースになってたなあ、アラブの春とかいうんだっけ、2011年のその混乱の時期
から。ホテルのナイト・マネジャーをしている元軍人のジョナサン・パインは
スイートの客の女性にある書類のコピーを頼まれる。
それは武器密輸のリストだった。
使命感にかられたパインは友人の英国軍人に話す。
だが情報漏れによって、武器密輸商人ローパーの愛人であった女性、ソフィーは
狙われてしまう。匿うパイン。
だが、ホテルに戻ったソフィーは殺されてしまう。
パインは復讐を誓った。

って感じかな。
一話を見始めた最初、あれ?? こんな話だっけ? と思ったけど、原作では
時系列が入れ違ってたのを時間通りにしたって感じかな。
そしてやっぱり、なんだか話がどんどんサクサク進む感じ。
そしてやっぱりすっごいわかりやすい感じ。
もう本を読んでた細々としたところはちゃんと覚えてるわけじゃないけれども、
まあ相当アレンジされてるよな? と思いながら見ました。
というかもう原作を気にするとかじゃなくて、面白く見ました。

現代になってる~。派手になってる~。ローパーがまたちゃんとすっごく魅力的で
セクシーだった。パイント見つめ合い探り合う視線の交錯がとってもとっても
セクシーで素敵だった。

ソフィーを殺された恨みをもってスパイをやり遂げる中でもジェドと愛し合って
いくのもセクシーでよかった~。
ジェド、エリザベス・デビッキなのね! どうりで、トムヒと並んでも同じくらい
な背の高さで、素晴らしい美しい身体で、ショートカット素敵な美人で、
すーごい最高よかったよ。
実は子どもがいて、泣く泣く娼婦やってるって感じみたい。
そして、原作と違うラスト!みたいなことは、ジェドとパインはなんかどうやら
別々に生きてくのかな?って感じなことか。
原作では二人ひっそりと暮らし始めるって感じだったと思うんだけど、
なんかドラマ、第二弾作るとかいう話があるらしい。わかんないけど。
まあ、ジェドとは別々にってことだとすると、また別の任務にいくかもというのは
ありなのかなあ。

あ、あと、ローパーが捕まって武器密輸相手に引き渡されて多分私刑でボコられて
多分殺される、んだろうなーって感じかな。
有力政治家にコネがいくらあってももう逃れられないって感じか。

ローパー、かっこよかったなあ。

ローパーの右腕、疑り深いコーキーがゲイっぽいのも楽しくて。
実はローパーのことをずっと思ってるけどローパーはガチヘテロだし叶わぬ想いを
封じて右腕としてがんばってたのに、新たなお気に入りパインのせいで、って
妄想したりして。コーキー可哀想だったな。

英国の、MI6の下っ端組織、ってことらしい、パインをスパイに誘った
アンジェラ・バー。これは原作ではMrバーだった、のね。
しかも妊娠してたわよ。そんな身体で、危ない、ってすっごいハラハラした。
英国内部でどんどん孤立していく中、最後まであきらめないパインをちゃんと
見捨てずにフォローしローパーを追いつめたの、すごいかっこよかった。
素晴らしい。

ほんとにこれテレビドラマですかとびっくりする、壮大なロケだし銃火器どっかん
どっかんするし。沢山の賞とかとってたし評判よかったの納得だった。凄い。
楽しかったなあ。見てよかった。やっぱ英国のスパイもの最高だな~~。

|

« 『弟の夫』1~4巻(田亀源五郎/双葉社 アクションコミックス) | Main | 映画「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事