« 映画「ライフ」 | Main

映画「銀魂」


*ネタバレ、結末まで触れています。


映画「銀魂」


私は原作漫画もアニメもほとんど見たことがなくて、なんか、新撰組っぽいのとか
いるらしい、でも宇宙人とかいるらしい。どういう世界?? って、もうほんと
知らないんだけども、なんか面白そうな期待が高まる……と思って見に行きました。

いやー、面白かった!!!!!
すごい! 知らなくてもすっごく楽しい親切設計!
尊王攘夷じゃなくて、宇宙人排除ーみたいな不思議ワールドみたい。るろ剣的な
感じだな~てことはもちろんベースには幕末物があるんだな~とわかる。

かつて白夜叉と恐れられた志士が今は万事屋をやってる。銀さん。坂田銀時。
桂さんと高杉と銀さんと、松下村塾もどきみたいな所で松陰先生もどきみたいな
人を慕い、学んでいたんだけれども。先生は捕らえられてしまった。

そして維新の動乱があり。今は人間はなんとか宇宙人?と、折り合いつけつつ
暮らしている、江戸。不思議ワールド。

もー、いちいち全部のキャラを褒めたい。みんな目いっぱい本気でふざけて
やりきってるな~~と思う。
橋本環奈、めっちゃ可愛い。けどすげーヘンさも盛り沢山。衣装とか、絶妙に
ダサいダメダメっぽさ。多分もっとすっと綺麗に見せることもできるだろうに、
絶妙のお笑い感で、すごい。
新八くんも可愛い~し~~。
船に乗り込んで行った時、いや、勢いで、一人できちゃった。。。ってだんだん
不安になってぐずぐず言うのめっちゃめちゃ可愛かったっ。

えーと、お話としては、今の表面上の平和に納得いかない、先生を奪われたことに
未だおさまりつかない高杉くんが、反乱起こそうとしてる所、って感じ。
妖刀、紅桜という刀、みたいな生き物みたいなやつが、以蔵っぽいやつを
乗っ取っているかのようにくっつき増殖し、寄生した宿主を弱らせてしまう、と。

反乱を阻止するぞーというのが大きな物語。

小さな物語としては、なんかもうしょうもない、いい意味で、少年誌の
雑な漫画だな~みたいな笑いがガンガン入ってくる。中の人ネタもガンガンくる。
これ原作はどーなんだ、と、漫画読みたくなってしまう。時事ネタとかあるのか。

で。
主役は銀さん。てことで、のっけから胡散臭い小栗旬ガンガンくる銀さん。
でもめっちゃかっこいい~!キメキメなシーンのかっこよさ、ほんとさっすが
小栗旬~~! アホっぽいギャグの間合いも最高なら立ち回りのかっこよさも
最高で、ほんと凄いな。かっこよかったあ。

なんかもう、知らずに行ってもすごいいっぱい笑ったし、劇場内声上げてみんな
面白がって見てる~って感じもまたすごい楽しかったし。

おおもとのネタとしては幕末物で。新撰組も好きで、長州びいきな私としては
いろいろ勝手に思い入れ持って、ぐーっと勝手な深読みもしちゃったりして。
すっごい楽しかった。
高杉の先生への愛が重い。仲間への屈折っぷりも最高。
桂と銀さんが二人凄腕っていうのもめっちゃかっこいい。

新撰組方面もすごかった。柳楽君やっぱすごい色気あるしかっこいいし。
勘九郎くんよ。。。素晴らしい全裸だったよ。。。近藤さん~~~w
沖田くんが、デカいランチャー砲?かついでるのおかしい。沖田くんといえば
剣の使い手、って思うのに。
かっこよかった。

剣を作る兄と妹。という。ちょっと感動ものでありつつ。
なんかほんとすごい何もかもヘンであり、絶妙にうまく組み合わさって一本の
映画として成立させていて、すっごいな~と感心する。
どう決着つけるんだろうと思ったら、高杉は宇宙人たち? と逃げ去ってしまった。
銀さんたちはまた穏やかな日常に戻る、かな。

原作ファンだったらもっと、どうなんだろうね。違いとかイメージとか、気になって
駄目なのかもしれないけど。
でも私は見に行ってめっちゃ楽しめてすごくよかった^^。
この映画を作り上げてくれた皆さんにありがとうを伝えたい^^。笑ったよ~。
かっこよかったよ~!

|

« 映画「ライフ」 | Main

「映画・テレビ」カテゴリの記事