« 『暮れてゆくバッハ』(岡井隆/書肆侃侃房) | Main | 『楽園の世捨て人』(トーマス・リュダール/ハヤカワポケットミステリ) »

映画「ジョン・ウィック チャプター2」


*ネタバレ、結末まで触れています。


映画「ジョン・ウィック チャプター2」


見てきた。昨日が初日。でも今日もなんだかおまけのシール? 貰えた^^


前作の続き。まさに続き。前作の数日後ってところから始まる。
しょっぱなからすっごいぶっとばしてて、もうクライマックスか!? って感じ。
カーチェイス、車でのぶん殴り。
ジョン・ウィックの大事な車。でも、えっらくボッコボコになって、それでも
取り戻して、一息。
車のドアでバイク撃退してとれちゃったりって、凄いし笑っちゃうし、凄い。

前作の終りに連れてきた犬。黒くて一見怖そうなやつだったけど、実にいい子。
とってもしつけが行き届いてる~。可愛い。
ジョンは犬に名前つけないんだよね。切ない。いい子だって感じにぐっどぼーい、
って呼びかけるけど。大事なものにしちゃうのが怖い、みたいな感じかなあと。
切ない。
まあまだ、前作からそんな時間たってないんだった。
そのうち犬に名前つけちゃうかもしれない。犬可愛がっちゃうよなあ。

殺し屋引退する時に、何らかの協力をしてもらったらしいサンティーノ・ダントニオ。
ジョンに姉を殺して欲しいという依頼を持ちかけてきたことから新たな事件と
なる。血の誓いをした証のせいで、頼みを断りきることが出来ないジョン。
殺し屋連盟っつーかなんかわかんないけど、殺し屋たちのルールみたいなのが
厳密にある世界なんだねえ。
あのホテルとか、いろいろ、ジョンに協力してくれる人達をまたたっぷり
見られてとっても楽しい。

イタリアでの仕事になるので、現地でいろいろと調達。スーツを仕立て、特殊な
布地で銃弾を通さない、でも痛いですよ、とか。ソムリエが銃の見立てをして
お勧め教えてくれたり。デザートにはよく研いだナイフ。
ちょっと「キングスマン」連想したよね~^^。ああいう準備シーンも最高に
かっこよくってすっごいときめく。

無事仕事を終え、というか、ターゲットの彼女がかっこよくというか潔くというか
自ら死に、でも念のために頭撃ち抜いてジョンは仕事を終える。
でもそこから脱出にあたって、むしろ依頼してきたサンティーノの手下から
追われ、さらに姉のガードをしてたカシアンからも追われ。
すっごいまたしても撃ちまくりの殺しまくり!!!
銃を構えてとって撃って撃って撃って、弾丸交換とかしつつもさらに撃ってとか、
も~。どんどん敵が出てきてどんどん撃ち殺す。シューティングゲームか~。

合間にガツガツ殴り合ったりもあって、あと柔道? 投げたり締めたりもあって、
それがなんか微妙にもっさりしてたり、いかにも体重あって重そうだったり。
かっこいいよ~。

殺しのプロの掟だ。
とか、殺し屋ネットワークみたいなのとか。
電話が黒電話で受話器がいかにも重そうだったり。電話して交換手の女性が
繋いだり指示をネットワークに流してくれるのがエアシューターつかってとか
コンピューターも液晶パネルとかじゃなくて、ごっつい箱の、レトロっつーか
クラシックなってゆーか。現代でありながらレトロフューチャーみたいな世界が
すごくかっこいい。細部に凝ってる~って感じ。

ローレンス・フィッシュバーンが出る、っていうのは知ってて、なんかギャングの
親玉みたいなのかなと思ってたら。ホームレスネットワークの王みたいな感じ。
鳩使ってたり。なるほどこういうタイプのキングなのかあ。
ちょっとマトリックス連想するよねどうしても。楽しかった。

そんなこんなで賞金首にされて殺し屋連中に追われながらも、ジョンはサンティーノ
を追いつめる。
美術館に襲撃に行くんだけど、鏡と映像の部屋での戦いは舞台が幻想的~で
カラフルで、これまたかっこよかった。
ああでも美術品を壊さないで~ってハラハラした(笑)

サンティーノを、追いつめた、中立の場であるはずのあのホテルのラウンジ(?)
で殺してしまったことで、ジョンは除名処分だかなんだかにされる。
これまで得てきた協力と保護から切り離されることになる、らしい。
ジョンじゃなくてジョナサンって名前らしくて、ことさら丁寧に「ジョナサン」
と呼ばれる時の親しみと不穏さな~。すごい好き。

ジョン・ウィックの世界観って、ほとんど説明はなくて、断片だけ見せられて、
まあ大体わかるでしょ、って、奥行きを感じさせて放置なんだよねえ。
なんか組織っつーかプロの掟の世界から除名された、ってことは。ジョンは
これからひたすらに世界中を逃げて、安心できる場所や協力者はどこにもない、
いない、ってことになるのかなあ。
犬だけが味方。
これ、3が作られるかなあ。だとしたらどうやって挽回するんだろう。
ローレンス・フィッシュバーンを頼れるのかな。どーなんだ~。

今作でもほんっとにたっぷりと銃撃戦堪能したし、格闘も、カーアクションも、
すごいめいっぱいかっこよかった。少年めいた女性殺し屋、口がきけなくて
手話でやりとりとかめっちゃかっこいい。ちらほら出てくる画面の中の英語
字幕もきらーんと凝ってる感じだったりして、も~~~~どこまでも中二病!!
すごいかっこいい。
何よりキアヌがかっこいい~!!!
満喫しました。


|

« 『暮れてゆくバッハ』(岡井隆/書肆侃侃房) | Main | 『楽園の世捨て人』(トーマス・リュダール/ハヤカワポケットミステリ) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事