« 映画「LOGAN ローガン」 | Main | 映画「僕とカミンスキーの旅」 »

「ファッションとアート 麗しき東西交流展」


「ファッションとアート 麗しき東西交流展」


昨日、横浜美術館へ行ってきた。
とても綺麗で印象的なポスターに惹かれて始まる前から気になっていたもの。

19世紀終盤、から20世紀始め頃の、ドレスやガウン。日本からの輸出で、
着物がドレスにアレンジされていたり、ジャポニズムの流行だとかで、和風な
植物柄のテキスタイルが作られてドレスになっていたり。
実際マネキンが着て展示されていて、コーナーめぐるたびに、わ~~ステキ~!と、
パッと目に華やぎが飛び込んできてとても楽しかった。

もちろんドレスだけでなく、大正モダンな着物とか。工芸品のとっても繊細な
模様のある家具やら飾りやら。
アクセサリー、帯留め、指輪とかもほんとステキで、すごい~欲しい~~って
なる。まあもちろん手の届くようなものじゃないわけですが。

ダウントン・アビーの世界だわ。ドレスは一人で着るものじゃないわ。室内着の
場合にはコルセットなしでいけたのねえ。メアリーたちというよりもう少し前、
ヴァイオレット様の若き日々の時代ものかな~。いいなあいいなあ。と、妄想も
楽しかった。

着物が斬新なファッションとして取り入れられたり、大正乙女が着物の中に
チェックシャツみたいなの着てる? という絵があったりで、そっかあ、着物も
こんなに自由にアレンジして楽しく心地よくカジュアルに着ていいんじゃないの、
と思う。今でももっとカジュアルにてきとーに着て許されればいいのにな~。
ガウンとして羽織りものとして着たりしてもいいのでは~。

展示は三章に分かれていた。

 第一章 東西文化の交差点
 第二章 日本 洋装の受容と広がり
 第三章 西洋 ジャポニズムの流行

第二章の最初の方の展示に 昭憲皇太后着用大礼服(マントー・ド・クール)
があった。明治天皇、皇后も洋装して率先して洋服を広めたって感じか。
このマントがねえ、ほんっっっっと~にすっごい綺麗。豪華。緑のベースに
丁寧に華やかに繊細に菊とかいろいろたっぷり刺繍がほどこされ、長く長く
広がって、素晴らしい。まあやっぱ一国の威信をかけての装いは尋常じゃないね。
別格。素晴らしい。

たっぷりじっくり見て満喫満足。
それからコレクション展と写真展も見た。かなり疲れてしまっていて、こっちも
たっぷり見応えあったけどもまあ、ざっくりと。
いくつか気になったものだけはじっくりと。松井冬子さんのでっかいのがあった。
迫力すごい。
そんなこんなの沢山の美しいものを間近に見られてとてもよかった。

|

« 映画「LOGAN ローガン」 | Main | 映画「僕とカミンスキーの旅」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事