« 『いちまいの羊歯』(國森晴野/書肆侃侃房) | Main | 『オワーズから始まった。』(白井健康/書肆侃侃房) »

映画「キング・アーサー」


(*ネタバレ、結末まで触れています)


映画「キング・アーサー」


17日(土)、昨日見てきました。

なんか悪い魔術師に目を付けられた王国。魔術師との戦いに勝利はしたが、
王の弟が野望を抱き、王を追い落とし自らが魔の力を借りて王座につく。
真の王の息子、アーサーは小舟に乗って逃れ、下町、娼館で育った。
やがてたくましく成長したアーサー。聖剣エクスカリバーが水の底から現れ、
それを抜くことができるものが求められる。アーサーはその剣を抜き、手に
することができた。

アーサー王と円卓の騎士、とか、一応名前くらいはちょっとは知ってる。
2004年の「キング・アーサー」は見た。マッツ・ミケルセンとヒュー・ダンシー
出てるよ! ってな感じで。でも何も詳しくなったわけではない。

で、この映画は、アーサーが自らのことを知らぬところから、王になっていく、
という物語。
スラムのガキが王になる! ってな宣伝文句の通り、歴史ものというよりは
現代風味もある壮大なファンタジー。というか、アーサー王伝説、なわけで、
もともとファンタジーな話なのかな。
巨大な象が城に突撃してくる戦いから始まって、映像アクションどかーん!!
と派手でかっこよくってテンション上がる。

ちびっこアーサーくんがちゃちゃっと育っていく感じとか見せ方がさすがー。
しかしエクスカリバーを本当に使いこなす、のは、最後の最後なので、その
目覚めるまでが長い、とも感じた。
でもあれ、エクスカリバーに操られてるのでは。エクスカリバーこそが諸悪の
根源みたいな気がした。めっちゃ強い~。使われるのではなく使うことが
できるようになるのはタイヘンねって思う。
そして円卓の騎士が生まれた、って感じでおしまいか。


で。
悪い叔父さん暴君を演じるのがジュード・ロウってことでめっちゃ楽しみに
待っていました。
かっこいい~!!!
暴君なんだけど、魔物? の力を借りる為には愛する者の血を流せ、って
言われて、最初は妻を、最終的には娘を、自らの手で殺して捧げるの。
その苦悩とか美しい。
そんなにも王座が欲しいのかよ、と、悲しくなる。
衣装とかもさー、かっこよくって。眼福。満足しました!

|

« 『いちまいの羊歯』(國森晴野/書肆侃侃房) | Main | 『オワーズから始まった。』(白井健康/書肆侃侃房) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事