« 映画「スプリット」 | Main | 鎌倉文学館「漱石からの手紙 漱石への手紙」 »

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」

*ネタバレ、結末まで触れています。


映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」

5月13日(土)に、字幕3D、IMAXで見た。

前作を映画館へ見にいった頃はマーベルユニバースみたいなことが全然わからず、
なんか、宇宙で宇宙人と戦ってるなあ? みたいな感じだったのだけれども、
それから結構いろいろとマーベルものを見たり知ったりした。今ではすっかり
クリス・プラットのことも大好きになってる。
前作も勿論面白く見たんだけれども、2が公開されるのはニュース知ってから
すーっごく楽しみにして待ってた。予告も最高って、期待して見にいった。

期待して見にいって、それで思ってた以上にすっごいすっごい最高に好き!!!
ってなったしあわせ映画体験した~!

ちょっと前に前作をDライフがやってくれて見直して行けたのもよかった。
ヨンドゥ~。前はちょっとの出番であんまりどうなんだかよくわかってなかった
んだけども。つまりピーターを育てて父親代わりだったわけだ。
前作でもさー、なんか顔に似合わず、ちっちゃい可愛いもの好きなのか、って
感じだったんだけれども、あの、ああいう、ちっちゃい人形だとかを飾ったり
してたのって、ヨンドゥの心の中で子どもたちを悼む思いがずっとあるから、
だったのかなって、もう。もう、そんなの泣いちゃうだろ。ヨンドゥは確かに
悪人だし酷いことしたんだけれども。ちゃんと心ある男だったんだ。うう。

前作の続き!ってことで、仲間になってるスターロード、ガモーラ、ロケットと
ベビーグルート、ドラックス。一緒になんか凄い燃料電池?? の警護の仕事を
受けていた。まあなんか戦って守って、取引としてガモーラの妹で賞金首に
なってるらしいネビュラをもらいうける。
彼女を連れてって賞金ゲットだぜ、って感じなんだけど。
ロケットがこっそり、守ったはずの電池?をいくつか盗んでたからさあ大変。
黄金の星の人達から返せドロボーって狙われることに。

そりゃ怒られるわww

で、危機一髪の所を、謎の男に助けられる。彼はピーターの父だという。
前作で、なんかすごいやつを手にしたときにピーターは助かって、実はただの
地球人じゃなくて古代の特別な血をひく人間じゃないかみたいなことがあったけど、
おとーさん、天人だかなんだか、星、つーか、なに? 意識もった星が人の形
とって宇宙を見聞してついでにあちこちで子だね巻いていずれ宇宙を支配して
俺様の宇宙にしちゃうぞ、みたいなことらしい。

最初は警戒してたピーターも、え、実はお父さんなの?俺超人なの? って
ついしんみり、憧れの父とのキャッチボールをしたりする。
でも、父親は理想の人なんかじゃなかった。
母を愛した、といっても人間的情愛みたいなのにうとい父ちゃんは、母に癌を
植え付けたらしいこともうっかりバラしちゃうし、子どもは山ほど作ったけど
星を受け継ぐ力を得たのはピーターだだけみたいだ、一緒に宇宙を支配しよう
息子よってなんかトンデモなこと言い出してピーターの怒りを買うことになる。

ピーターにだけ甘いぞ、って仲間の反乱にあったヨンドゥ。ロケットと自分が
似てるっていうヨンドゥ。素直に愛情表現できない。家族になれない。大事な
相手が出来た時にちゃんと愛してるって言えなかった自分と似てる、って。

まーそんなこんなで、彼らは星と戦うことになる。
壮大だね~。
ストレンジのドゥーマムゥをちょっと連想。あまりに巨大な敵じゃないか?
宇宙支配しそうな星だよ???
でも星のコアへ強力爆弾置けばなんとかなる、ってんで、べいびーグルートが
わちゃわちゃ狭いスキマに走っていって無事爆弾仕掛けることができた。

狭いスキマに入れるからピーターを助けたんだ、って言ってたヨンドゥの言葉が
あったんだけど、小枝ちゃんを頼むぞ、みたいにいってるのって、それと
かけたってことなのかとかネットのどっかの感想読んでて納得しちゃった。
これは繋がる親子の物語。
父と子の物語。
ヨンドゥこそが自分の父として助けて守って育ててくれたんだと気づくピーター。
エンドロールの後にはなんか育って反抗期っぽいグルートに手をやく感じの
ピーターの姿があって、ああ今度はピーターが子育てしてるって、繋がっていく。

ロケットはヨンドゥの気持ちを受け継いて、もうちょっとは素直に仲間や家族を
大事にするようになるだろう。つか、ピーターと一緒にグルートを育てるんだろう。
正義のヒーローではなく、問題ありまくりの悪人ですらあるスターロードと
仲間たち。みんな宇宙の孤児だった彼らが、仲間になってるんだなあと。

そんなんベタだけど感動しちゃうだろ。泣いた。

今回もやっぱ音楽ノリノリ最高~にかっこいいし楽しいし、シリアスにぐっと
くるのはありつつ、でも基本的にはよっしゃやるぜー!ってぱっと明るくして
くれる。その緩急の軽やかさはお見事。
んも~~~クリス・プラットめっちゃかっこいいしっ。
ロケットもベビーグルートもかっこいい可愛いしっ。
掴まったベビーグルートがからかわれるの、あああああいけないっ、てやましい
妄想しちゃってほんとごめんよっ。服着せられるのがむしろ嫌がらせってすげー。
キャラみんな大好きだった。
ヨンドゥを見送るみんな、素晴らしかった。

続編も決まってるらしいし、ますます楽しみ。ものすごいエンタテイメント。
ほんっと最近の映画の完成度って凄すぎる。バカバカしさやツッコミすら
クオリティ高める要素にしてるような。
続編ばっかりで、とはいえわりと続編は失敗~なパターンを脱しつつあるのかなあ。
次にも期待して待つよ。

|

« 映画「スプリット」 | Main | 鎌倉文学館「漱石からの手紙 漱石への手紙」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事