« 映画「T2 トレインスポッティング」(2回目) | Main | 映画「フリー・ファイヤー」 »

『鳥類学者無謀にも恐竜を語る』(川上和人/技術評論社)


『鳥類学者無謀にも恐竜を語る』(川上和人/技術評論社)

2013年刊行。
この著者の新刊が今出てるらしく、すごく面白そうな評判。そっちの前にこれを
読んでみようかなと。

生物ミステリーだとかのシリーズ?
著者は鳥類学者。「普段は小笠原諸島にくらす鳥類を中心に研究している」そうです。
鳥類は恐竜の子孫なので、恐竜のことをいろいろ考えちゃいます、って感じ。
まあものすごくざっくり言うと(^^;

ちょいちょいふざけた感じでゆるーく軽~く読み易くて面白い。
けど、まずは恐竜とは、とか、鳥とは、みたいな言葉の認識を共通させていく
ようにしてたり、鳥類はこう、というきちんとしたことと、恐竜に関しては
わからないことがこう、わかってることはこう、と、丁寧に線引きしつつの
妄想語り(笑)で、そういう考え方をするのかあ、というのがわかってとても
面白かった。

恐竜学って、ほんと不思議だし大変すぎるよね。
発掘された化石は、元がなんなのかわからない。それがどの一部なのかも
確実なわけではない。当初は別物と考えられていたものが、後に同じ種のもの
とわかったり、いややっぱり違うとなったり。
絶滅、というドラマチックな出来事。
いやでもその子孫が鳥類なんだったら絶滅ってわけではないのでは。
そんなこんな、ほんと、化石にベースを置くしかない恐竜学って、凄いな。
ロマンの塊と見るか、曖昧すぎて妄想じゃねーか、と見るか。

ものすごく端的に言えば、すべて妄想かもしれない。でも化石という事物から
出来得る限り科学的に妄想を働かせて事実を推察していく、って、ほんと、
タイヘン。。。

恐竜にも羽毛があった、とか、色はそんなカラフルか? とか。
そういう推察を経てそーいうのかあ、という過程を読ませてくれて面白かった。
イラストも可愛かった。

恐竜たちの時代、っていうのはどういうものだったのか。
今とは遙か遠い時代、遠い時間というものをちゃんと認識して考えていくこと。
当たり前だけど、時間、時代って、それもやっぱり今のところからは想像し、
読み取れる事実からできるだけ科学的に推察し、ということしかないわけで。
絶滅、というか、今はいないものを骨格から組たててるって、ほんと凄いなあ。
そういうことを、しばしばなんでやねん、とツッコミたいようなボケをかましつつ
ちゃんと書いてる面白さでした。
新刊のほうもそのうち読みたい。


 はじめに
 序章  恐竜が世界に産声をあげる
 第1章 恐竜はやがて鳥になった
 第2章 鳥は大空の覇者となった
 第3章 無謀にも鳥から恐竜を考える
 第4章 恐竜は無邪気に生態系を構築する
 あとがき


|

« 映画「T2 トレインスポッティング」(2回目) | Main | 映画「フリー・ファイヤー」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事