« 洞田明子歌集『洞田』批評会 | Main | 『ジャッカルの日』(フレデリック・フォーサイス/角川文庫) »

映画「ラ・ラ・ランド」

*ネタバレ、結末まで触れています。


映画「ラ・ラ・ランド」

IMAXで見てきた。

LA。ハリウッド。女優をめざしているミア。ジャズを愛し、自分の店を持つことを
めざしているセブ。
きらめく太陽の光と色鮮やかな衣装、渋滞の高速道路から楽しく踊り歌いあげる
始まりはほんと素晴らしい。
ハリウッドミュージカル映画!という夢物語だった。

ラ・ラ・ランドというタイトルは、ロスのことだったり夢、熱にうかされた
ような、という意味あいらしい。
まさに夢のようで、映画の中で夢のミュージカルシーンが多々あり、というか
もうこの映画そのものが夢の中なんだろーか。
ハリウッドへのラブレターのような映画、というような言葉をどこかで見たけど
ほんとそうだなあ。いろんな所の賞とってアカデミー賞ノミネートも最多タイで
受賞も6部門だっけ。
作品賞は幻というか、封筒ミスとかって、あの騒ぎそのものがドラマチックすぎる
彩としてこの映画の夢っぽさを強化したみたいなもんだ。
そして、作品賞受賞に至らなかった感じもなんかわかる気がする。
エマ・ストーンはほんと素晴らしかったしこの撮影だとか今こそこれを作って
ハリウッドの夢よもう一度、というのも素晴らしいけど、どうにも虚ろなセンチ
メンタルな感触は、キッチュな色鮮やかなかきわりみたい。もちろんあえての
皮肉な空虚でもあるのかなあと思うけど。
多分作品賞とするには、みっしり重みがありそうな「ムーンライト」に負ける
んだろうなあ、と、思う。「ムーンライト」を見てないのに勝手な妄想だけど。
「ムーンライト」も早く見たいよ~~~遅いよ~~。

ライアン・ゴズリングがかっこよくおすましキメてる顔をみて、なんかつい、
ぷぷ、と笑いたくなってしまう。先日見た「ナイスガイズ!」のダメダメで、
でもなんかがんばってかっこよかった、というほうがしっくりくるように思って
しまうんだなー。もちろんセブもかっこいいんだけど。概ねずっとなんだか
こんなのイヤだ、って思い続けてる役だったから、かっこいい、って素直に
見られないというか。いろいろと釈然としないままで、でも人生がんばって
みようか、ってやりたいわけでもない仕事として演奏してばかりだもんな。
ずっと冴えない、って感じになっちゃうの仕方ない。
でもピアノ弾いてるのかっこよかったし、歌ったり踊ったりも楽しませてくれて
ありがとうゴズリング!

そしてエマ・ストーン。女優をめざすミア。
アカデミー賞受賞おめでとう~。映画と同じく成功物語。なんて綺麗な目。
歌ったり踊ったりも最高素敵だった。

二人が出会ってすれ違ってでもまた出会って、でもすれ違って、というとても
王道ラブストーリー。
もうダメ、もう無理、ってなってからの成功へのチャンスが巡ってくるとか。
そして5年後、成功し、でもセブとは別れているとか。
物語はほんとうに王道。
でもねえ、結局別れていて、再会して、素晴らしい「あったかもしれない」世界
をまた夢見るけれども、別れて互いの道を歩んでいくんだよねえ。
大人にならなきゃ、という話だったなあ。
大人にならなきゃ。でも夢を掴め。行動しろ。回り道でも夢を見失うな。
そんな夢の世界の物語、ハリウッドや映画関係者のこの映画への共感は凄いの
だろうなあと思う。私が見るより何百倍も共感し没頭するんだろうなあと。

正直私は、あんまヘテロな王道恋物語に興味が薄いし、夢に向かって一生懸命に
なろう!ってなれる歳でもなくて、楽しく見たけれども夢中にはならなかった。
なんかいろいろ賞総取り!みたいな前評判のよさばかり目にしてしまってて、
そんなにいい映画なのかな、という期待値が上がり過ぎてたかな。

沢山の先行映画へのオマージュたっぷりだったのだろうと思うけど、あんまり
映画詳しくないので何がどうとかあんまりわからず。

それでも、音楽はいいなあと好きになれたし、予告にもほどよく騙されてたと
いうのも面白かった。
最後、あったかもしれないミアとセブ二人でのささやかなしあわせの道の
ドリーム感すごかった。

セブがクラシックな感じのデカい車で、長く大きくクラクションを鳴らす。
あんまり快適な音ではない。むしろ不快、緊張感のあるクラクション。
映画の夢から目を覚ませ、って感じなのかなあ。
それでも、夢物語のままで終わる。
ハリウッド映画。ミュージカル映画。ジャズ。かつての栄光の夢を永遠に、って
いう映画。
別れてもどんな道を歩むとしても、共に見た夢は永遠、って感じか。

とても楽しかったしきゅんとなったり悲しくなったり、素敵な映画だなあと
思ったけれども。
ゴズリングの魅力堪能ならば先日の「ナイスガイズ!」のがいいと思うよ!
まあ個人的好みとして、バディもの事件ものさくさく人が殺されたりする映画
のほうが好きだからな。

ほんとうに鮮やかにうつくしい音楽もいい映画なので、映画館でIMAXで見て
よかったなと満足はした。エマ・ストーンきれいでかわいくて素敵だった~。


|

« 洞田明子歌集『洞田』批評会 | Main | 『ジャッカルの日』(フレデリック・フォーサイス/角川文庫) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事