« 『ジャッカルの日』(フレデリック・フォーサイス/角川文庫) | Main | 映画「お嬢さん」 »

映画「アサシン クリード」

*ネタバレ、結末まで触れています。


映画「アサシン クリード」

吹替、3Dで8日の水曜日に見ました。
あまり吹替を選ぶことはないんだけれども、見に行く映画館でちょうどいい時間が
これしかなくて。そういえば斎藤工だったな、と、エンドロールを見て気づく。
言葉よりは映像重視な感じだし、過去時空になるとスペイン語ってことなのか
字幕になってたしで、あんまり吹替だな~と違和感などはなく見ました。

幼い頃に母が父に殺されたカラム・リンチ。それから闇社会で生き、死刑執行
される。だが、彼は目覚めた。
ソフィア博士によって遺伝子の記憶を追体験する装置につながれることになる。
テンプル騎士団と対立するアサシン教団。伝説の秘宝、アダムの林檎の在処を
過去に戻って探るのだ。

これ、ゲームがもとなので、なんかこう、映画化決まってから日本公開になるまで
大丈夫なのかどんなんなのかとか、ゲームやってないと全然わかんないぞとか、
そういう余計なことをTwitter見て知ってしまってて、うーん、そうなの?
と、余計な身構えがきてしまいそうで、見るのめんどくさいな、みたいな気分に
なってしまっていた。ゲームにファンがいっぱいいて、熱い思いが溢れてる感じ
に、ゲーム全然知らない私が勝手にひいてしまった。なのであんまりしあわせな
見方が出来なかったかもなあと思う。ネット漬けの自分の弊害(^^;

で、ゲームのことも全然知らないし、前情報とかなるべく入れずで見にいった。
ゲームしてないとわからないでは、みたいなことは私は思わなくて、普通の映画
の普通に謎が徐々に、っていう感じだと思ったし、テンプル騎士団がーとか
アサシンがーとか、遺伝子の記憶~とか、そんなんありか?? とは思ったけど、
それはそういうもんなんだな、って飲み込むのは別に普通の映画と同じ。
イーグルダイブ、って、なんか突然必殺技なのか? みたいにあの、すっごい
高さから飛び降りて着地、みたいなのを呼んだのはちょっと笑っちゃった。

物凄いパルクールアクション!!! みたいなのは堪能した!
007のカジノロワイヤルの冒頭とかだよな、パルクールアクションて。くらいの
印象で見たのだけれども。ま~それが古いスペインの街? で、こう、舞台が
まずかっこいいし、そこにいる人々の雰囲気もかっこいいし、騎士とかいるし~
衣装も渋いヒラヒラでかっこいいし~!
動き回る速さやジャンプバンバンくる勢いと、ピタっと止まる時の美しさ、
バシッと決まった見栄えする画面、かっこよかった~!

そんなこんなで、3D堪能してかっこよくて満足はした。
んでも、あんまりキャラに感情移入するってことはなかった。
多分ゲームからのファンだったら、なんかもっとこう背景的な所への思い入れ
とか、ゲームは何作も出てるらしいから、世界の広がりみたいなところがあって
アクションだけじゃなくてキャラにも好きーとかいうのがあるんだろうけれども。

一番乗り切れなかったのは、遺伝子の記憶をさかのぼって、祖先の戦いの追体験、
みたいな所が、な。
いやあ、そんな祖先の因習にのっとって今の自分もさあこれからも戦うぞ、
ってなるのが、なー。
まあ、もちろん、そういう世界観なので、ってことで、そこはそうなんだろうけど。
いや普通に自分の人生を生きることを考えた方が、と思ってしまった。
まー、結局その過去からの因縁つーか現在も続いてるらしいテンプル騎士団と
アサシンの戦いのせいで、とーちゃんは母を殺して闇に生きるしかなくて
自分死刑囚になって処刑されちゃったし。ってことは、まあ、これから
自分の人生を生きましょう、ってことは無理かなー無理っぽいなとは思うんだけど。
なんか、どうも、この、この物語の根本に私が乗り切れなくてなー。

マイケル・ファスベンダーのファンだったらもう当然痺れると思う。
これマッツだったらって思ったらたまんない。
マイケル・ファスベンダーかっこいい、って思うけど、ファンというわけでは
ないので、その辺も普通に見た。

ジェレミー・アイアンズが、いて、ジェレミー・アイアンズは好き、好き好き、
なので、んも~立ってるだけで最高かっこいい!って痺れた。ほんと、もう、
立ってるだけでも佇まいが、素敵すぎるので。素晴らしい。衣装も、普通に
カジュアルなセーター姿だったりも素敵だし~。騎士団で演説とかになると
正装? なんだかすっごいかっこいいし~。堪能した。

|

« 『ジャッカルの日』(フレデリック・フォーサイス/角川文庫) | Main | 映画「お嬢さん」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事