« 映画「たかが世界の終わり」 | Main | 洞田明子歌集『洞田』批評会 »

映画「ナイスガイズ!」

*ネタバレ、結末まで触れています。

映画「ナイスガイズ!」


これも22日(水曜日)に見ました。

ライアン・ゴズリングとラッセル・クロウのバディムービー。かなりコミカルな
感じの予告ですごく楽しみにしてました。

バディになっていくお話。シリーズになるといいのになあ。二人はこうして
相棒になりましたそして、って感じでナイスガイズがダメダメな感じで頑張ったり
だらけたりしていくのをもっと見たい~。

ダメダメパパ私立探偵のゴズリング、しっかり者の13歳の娘ちゃん、パパ最低、
っていったりもするけどやっぱパパのこと大好きな生意気強気ガール。そこに
加わる、なんだろう、揉め事引き受けます屋的なヒーリー、ラッセル・クロウ。
ハードボイルドではないしクールでもない、でもなんかかっこいいコンビで
すごくよかった。
舞台は1977年のロス。
ポルノ女優が事故で死亡。家出娘を探して、という依頼。よくあるささいな
揉め事、それがだんだんきな臭くなり司法省だとか街をゆるがす陰謀を秘めて
いるとわかってきて、チンピラから凄腕の殺し屋も登場。
いろいろコテコテにベタな王道~。絶妙に情けないマーチと、もっさり熊さん
みたいで、かつ渋いヒーリーコンビのあほっぽい軽さとかあいまって、
さくさくテンポもよくて、面白かった。小説読んでるみたいな気分だった。
謎解きがハマってわかっていく感じ。

肝心の家出娘アメリアが、おお、意外といい子、へー、とか思ってたら凄い
さくっと殺されたりしてびっくり。
その殺し屋がション・ボーイをやってるのがマット・ボマーで、かっこいい!!
マットは絵に描いたような素敵ハンサムで、好青年役が多いような気がする
けれども、殺し屋ジョンボーイはかなりサイコ的非情ささくさく人殺しで
かっこよかった~! 出番少ないよもっと見たいよーっと思うけど、でも
すごくかっこよかった~。好き。

自動車産業とお偉いさんたちとの癒着つーか不正があって、というのを、
暴こうとする娘たちと、そんなの暴こうとしたって無駄無駄、って感じと。
巨大な敵に立ち向かう小さな個人、という図なんだけど、それが結局は
解決には至らないやれやれな感じ、よかったなあ。
できるだけがんばっちゃったよ! でもなあ、っていうリアル。
正義は勝つ、みたいな単純な解決はなくてスカッと爽快ってわけにはいなかい
けれども、なんとかそんな中でも駄目だめパパは娘の前でまっとうであろうと
頑張った。ヒーリーは殺して解決、っていう方法をやめた。
ささやかなまっとうさ、というのが素敵だったなあ。
見に行けてよかった。満足^^

|

« 映画「たかが世界の終わり」 | Main | 洞田明子歌集『洞田』批評会 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事